Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

魚はどこに消えた?

魚はどこに消えた?―崖っぷち、日本の水産業を救う

新品価格
¥1,080から
(2017/5/18 17:20時点)

文章自体は読みやすかったのですが、基礎知識がないものでわからない部分も多かったです。

日本の漁業の問題点
まだ何とかなるそうです。
頑張ってほしいです。

成功している人は、なぜ神社に行くのか?

成功している人は、なぜ神社に行くのか?

新品価格
¥1,620から
(2017/5/16 17:38時点)

大変人気のようで随分まって借りられました。

応仁の乱

応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)

新品価格
¥400から
(2017/5/11 07:19時点)

「応仁の乱」という名前は日本史で勉強したけど、よくわからない。 とらえどころのない事件を圧倒的な筆力で描き出すという事でベストセラー かなり待って借りあられました。 でも、日本史の基礎知識がないとやっぱり難しかった。

インベスターZ

インベスターZ(1)

ホントで電子書籍版が99%オフになっていたので購入

面白いけど・・
う~ん、やはり日本人はそこそこ貧乏が幸せと洗脳されているのかしら?
やっぱり投資と投機は違うような気がする

もっとおいしくなる超 冷凍術

もっとおいしくなる超・冷凍術

新品価格
¥1,296から
(2017/4/30 06:43時点)

冷凍のマニュアル
ベテラン主婦には特に目新しさは無かったですわ。

トランプ大統領とアメリカの真実

トランプ大統領とアメリカの真実

新品価格
¥1,490から
(2017/4/29 17:10時点)

多くの人が「なんだかんだ言ってもやっぱりヒラリー氏でしょ」と思っていた頃に、トランプ大統領を断言して一気に株をあげた副島さんの本。
やっと借りられました。

アメリカの庶民が「もう戦争はこりごり」と考えているのは日本人が思っているより強い事がよくわかります。

私は海兵隊と海軍の違いもわかりませんでした。
アメリカは海兵隊自体は海軍に吸収させるか沿岸警備隊と統合するかして廃止したい意向のようです。
なるほど!!

今のアメリカには徴兵制一歩手前の制度「セレクティブサービル」というものがあるそうだ。
18歳の男子は受けさせられる
自分の市のリクルーティングステーションに出頭させられる。
1F2Fは身体障碍者という事で兵役免除

1A2Aは学力があるという事で大学進学などで兵役延期が認められる

B C判定を受けると軍隊に入るしか実質的に職が無い!!

堤未果さんも語らなかった真実!!

日本もこれに近くなっているようで怖い

広岡浅子

広岡浅子 新時代を拓いた夢と情熱 (新人物文庫)

あさが来たのモデル広岡浅子さんの生涯
明治という時代にこんな女傑がいたんですね。

言ってはいけない

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

新品価格
¥842から
(2017/4/18 17:17時点)

「政治的に正しい」の向こうにある多くの人が薄々感じている真実

「ほんまかいな」と思う部分もあるが、やはりこれは正しいのかもしれないと思うものもある。

綺麗事だけでない部分
遺伝的な話はどうなんでしょう?

観光立国の正体

観光立国の正体 (新潮新書)

新品価格
¥886から
(2017/4/10 15:50時点)

賛同できる部分もあるけど、どうなのかな・と思う部分もある。
ハイエンドのお客様に対応した観光というのもわかるけど、ハイエンドのお客様の絶対数は少ないのだから、日本各地にハイエンド向けを作ってもどうなんだろう?とも思うしどうなんでしょうね。

たぶん○○温泉系列やおお○○グループの事なんだろうけど、安売りグループに買収されると地域全体が落ち込むというのはわかるような気がする。

加賀谷が有名でも他に効果が波及していない。それでも有名な旅館が一つあるだけでもマシという地方がごまんとある。思わずうなずいてしまう。

補助金目当てではうまくいかない
旅行代理店のパンフレットにのせるための代理店とは何じゃらほいだわ
ダメな地方の典型ですわ。

キャスターという仕事

キャスターという仕事 (岩波新書)

新品価格
¥905から
(2017/4/9 15:46時点)

「クローズアップ現代」のキャスター国谷さんがキャスター時代を振り返る

「くろーずあぷゲンダイの終わり方は唐突な感じがしたが国谷さんにも驚きだったらしい。

番組を担当した四半世紀近くの間に何が一番変化したのか。
それは経済が最優先になり、
人がコストを減らす対象とされるようになったこと。
そして、一人ひとりが社会の動きに翻弄されやすく、。自分が望む人生を歩めないかもしれないという不安を早くから抱き、自らの存在を弱く小さな存在ととらえるようになってしまったのではないか。

色々と考えさせられる内容でした。

より以前の記事一覧

お気に入り











May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資