Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

京都バス 運転手暴言の件

報道を見た時「何か変」と思ってたけどこんなツイートが出回ってる

このニュース。何にも知らない人が読んだらサイテーな運転手やけど、この客結構有名で、バスの中では足が曲がっちゃってて歩くのもままならないみたいな感じやのに、バス降りたら普通に歩きだすんですよ、 京都市バス:運転手、転倒の客救護せず

本当はわからないけど、さもありなんだわ


色々な意味で慎重にならないといけないわ

10年後を考える出来事

隣の家のご主人(七〇代が3年前の2月に夜トイレで倒れているのが発見されて救急搬送されて介護施設に入所していました。
先日、息子さんと奥さんが車いすに乗ったご主人とあいさつに見えたので、退所して自宅療養になったのかと思ったら息子さんの住む横浜の施設に転所なさるそうです。
息子さんは近いうちに奥さまも近くに引っ越してほしいと思っているようです。

薄々そうなるかもしれないと思っていたものの、こういう事があると自分達の10年後を考えてしまいます。

「10年後どうなるのかな?」とツレアイと話し、考えると少しへこんでしまいました。

加計学園 認可

もう新聞欄から「認可」の文字
はあ~、だけど認可されてもこれだけ疑惑が報道されたら今治の人たちも補助金に目を光らせてほしいものです。

いうがままにしていたら第二の銚子市になりますよ。

ドラマの中の労働環境

溜まってしまったハードディスクをせっせと消化

見ていて気になったのは喫煙や後部シートベルトには「何もそこまで」という程厳格な今のドラマなのに労働環境に関しては無理して残業して偉い!!な作りになっている事

「コウノドリ」では今の産婦人科が大変な人で不足で大変なのはわかるけど、定時で帰る研修医を「使えない奴」扱い
全く家に帰れない医師とか、それはそれで問題でしょ。

無痛分娩に関して「今の日本の麻酔科医の配置では無理」な事をさりげなく入れるあたり、現場のリアリティを追求しているだけにもうちょっと他の表現はないのかと思ってしまいました。

「陸王」でもサービス残業を美化するような物語に違和感を感じました。
原作ではうろ覚えだけど試作品段階は1年近くあって隙間隙間で作ったような気がするけど、ドラマだと短時間で作る都合でサービス残業になっているならそれも問題だと思う。

ハートフルバンク libing in pease

あつしの聞きたい放題でやっていた
シングルファミリー応援のハートフルバンク

問題の90%以上は経済的に自立できれば解決するんですよね。
やっぱりお金は大事

あん

あん DVD スタンダード・エディション

新品価格
¥2,674から
(2017/10/30 16:30時点)

ツタヤの無料クーポンで借りてきました。
静かに重い作品でした。

目の不自由な方のために解説付き無しの変更の仕方がわからず、解説つきで見ました。
わかりやすいけど、「味気ないといえば味気ない」状態でしたわ。

今日も雨

10月も後半に台風ってどうなってるんでしょ
今日は午前中は曇りの予報だったのに1日中雨
産業文化祭は明日の方が予報が悪いのと明日が選挙のためか雨の中強行してました。
グラウンドがぬかるんでいるので駐車場として使用できないという事で臨時駐車場に車を回すのに警備の人は大変そうでした。

何で文化祭シーズンに選挙なんかするんだ!!

雨だと投票率が下がって自公有利の定石ですが、どうなるんでしょ
自公過半数は決まりだけど、安倍ちゃんの責任論が出る程度に議席を減らしてほしいと思ってます。
間違っても300なんていくなよ!!と願ってます。

やすらぎの郷 最終回

とうとうやすらぎの郷が最終回を迎えました。
菊田の老いらくの恋?はみごとに「とりこみ詐欺」にあったような結果になりました。
清野ななちゃん、みごとに悪いなく男をもてあそぶ女を好演しました。
ななちゃんの彼氏役が神木君とは意外

最後に色紙に書いた「樹木は根がないと立たない。だけど根は見えない」(うろ覚え)
は今のテレビに対するアンチテーゼなんでしょうね。

最後の最後でこのドラマはフィクションですが、お察しくだし。
笑いました。

マネーショート

マネー・ショート 華麗なる大逆転 [DVD]

新品価格
¥880から
(2017/9/26 17:30時点)

ツタヤの無料クーポンで借りました
演出は地味だけど深い作品でした。

こんなマヤカシで世界中が混乱に陥れられて、その責任者たちは巨額の退職金を手に入れている

日本をはじめ世界中がまだこの混乱の尻拭いをさせられている

クレジットデフォルトオブスワップを考えた投資家が今「水」に投資をしているのが恐怖でもあり、注目です。

日本では水葬はできないはずなのに「やすらぎの郷」で水葬シーン

終盤に近付いてきたやすらぎの郷
やすらぎの郷創設者が大往生をとげ、希望のとおりの質素な葬式「遺体は焼かずに海軍式で錨をつけて海に沈めてほしい」との言葉にしたがい棺を乗せたボートが海へ乗り出す
え~、日本は散骨はできるけど、水葬禁止じゃないの?
権力者だから裏で手を回したという設定でしょうか?

安らぎの郷は豊富な資金と有能なスタッフの資産運用で100年大丈夫だそうです。

高齢者にとってはうれしい話です。
ただ、今世界中を苦しめているマネー資本主義が陰謀論の「ユダ金」だけでなく年金資金をはじめ機関投資家と言われる人々の強欲によって何かがおかしくなっているのも事実

顔のない正体不明のものに振り回されているような感覚の正体はこれなのかもしれません。

より以前の記事一覧

お気に入り











November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資