Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

民進党 旗揚げ

旗揚げしたものの期待値は低い民進党
そりゃそうだわな
でも政党も育てないといけないのだと思いますわ。
自民も劣化。野党も劣化どうしましょう?

教科書謝礼問題

教科書の選定を巡って謝礼が支払われていた事がニュースになっています。
何をいまさらって気もしますね。

教科書の選定も問題だけど○○校長会なんて名前の道徳の副読本も疑惑のデパート。
加藤鷹超えの買春校長も校長会なんて天下り組織にいたわね。

義務教育でもお金がかかるのが問題かしているのだから学校の購入品も透明化してほしいものです。

鍵のかかった部屋

鍵のかかった部屋

価格:700円
(2012/6/10 08:35時点)
感想(9件)

大野君のドラマの原作
貴志さんの「ガラスのハンマー」がやっちまったな!な作品だったのでこのシリーズは読んでいなかったのですが、ドラマの原作だという事で読んでみました。
しかしやっぱり貴志さんは人間の心の中の「悪」を書いて映える人だと思ったわ。

殺人にいたるまでの動機がどうも弱いんですよね。
榎本と純子のコンビもいいけど、ドラマで佐藤浩一さんをキャスティングしたスタッフの力量にあらためて感嘆しました。

ドラマの題名になっている「鍵のかかっている部屋」のエピソードはこのままじゃ月曜9時のゴールデンでは厳しいとおもうけど、どう変更するんでしょう。
「密室劇場」も大胆な変更があったようなので脚本家の演出が楽しみです。

いっそ、TPP賛成派と反対派で自民・民主ガラガラポンしたら?

小泉ジュニアがTPP参加について党の方針に従えないからと自民党の委員を差し替えられたそうだ。
自民党の中にもTPP賛成派がいるのね。
これだけの国論を二分する事案ならいっそ自民・民主のTPP賛成派とTPP反対派でガラガラポンして政党を分けたほうがわかりやすいと思うのは私だけではないはず。

断捨離で日々是御機嫌に生きる智恵

断捨離で日々是ごきげんに生きる知恵

新品価格
¥1,260から
(2011/1/23 16:44時点)

断捨離の精神的な本です。 断捨離は掃除のテクニックじゃなくて生き方。 身の回りを整える事で自分の内面を見つめ直す。

似たような本が出すぎてパワーが落ちたのかちょと読みにくかったかな?

リアルタイムランキング

豊後高田市の21世紀塾

昨日のガイアの夜明けは「攻防教育マネー
不景気で進学を諦めなければいけない家庭も多い中、私立中学進学を目指す家庭は増えている。
教育業界は少子化で潤沢な教育費を出せる家庭の囲い込みに必死。

お金をかけないで子供にしっかりとした教育をする事は不可能なのか?
九州豊後高田市の取り組みは注目です。

5歳から中学生を対象に、放課後や土曜日に無料で勉強を教えている。講師は市民がボランティアで務め元教諭、現役の教諭、主婦、老人クラブのメンバーなど、40人が登録している。塾で教えるカリキュラムなどは、市の教育委員会が管理。単なる学校の補修ではなく、進学できる学習にしていく。ちなみに2003年から「21世紀塾」という名でスタートしたが、県の学力調査で下から2番目だった豊後高田市は昨年、なんとトップになったという

学校の授業が基本という姿勢には共感がもてます。
こういう活動がもっと広がって欲しいと思います。

五輪=フィギュア銀のプルシェンコ、採点方法に不満あらわ

五輪=フィギュア銀のプルシェンコ、採点方法に不満あらわ
フィギアはジャンプだけがすべてじゃないと思うし、4回転を跳ばなかったけど他はすべてノーミスのライザチェック選手と4回転を跳んだけど細かなミスがあったプルシェンコ選手の僅差の点差はそれ程おかしいと思わないけど、プルシェンコ選手のショートの芸術点の低さには疑問を感じます。
まあ、プルシェンコ選手の場合最大のライバルはトリノの自分でどうしても「トリノと比べるとやっぱり落ちる」という目で見られてしまうという不利さがあるように感じます。
男子フリーの結果はさておき今のフィギアの採点法は絶対おかしい。
6点法が不透明だと導入された新採点法が6点時代より不透明で疑惑の温床になっている。
特に回転不足と出来栄え点。
現在プロスケーターとして活躍してる元オリンピック選手が見ても肉眼ではわからない回転不足を厳しくとって、4回転の回転不足が3回転の回りすぎなんて絶対おかしい。
ブライアン・ジュベール選手とジェレミー・アボット選手がショートで信じられないほど低い点数になってしまったのは真央ちゃんがロシア大会でトリプルアクセルの回転不足をとられてアクセルジャンプをとんでいないにされたのと同じパターンでしょ。
ひどすぎますよ。

回転不足も厳しくとられる選手とぜんぜんとられない選手がいる。
回転不足でも出来栄え点の加点を貰える選手がいる。

プルシェンコ選手にはぜひ世界選手権にも出場してもらって今の採点法の不備をもっと大きな声で言って欲しいですわ。

シンプル族の反乱

シンプル族の反乱 モノを買わない消費者の登場  /三浦展/著 [本]
相変わらず使用しているデーターの信憑性は????なのですが、時代を読む目というかマーケティングの力というかネーミングの素晴らしさというか本を売る為の技術は素晴らしいです。
ゴージャス族VSシンプル族という典型的は分け方は疑問だけど、シンプル族志向の人が増えているのは感じますね。
私はどちらかというとシンプル族だけどビンボー族・セコロジー族で三浦さんのいうカルチュラル クリエイティブスとは大きく違いますわ。
三浦さんがこの本の中でおおまかに分けているのはアラフォー世代がゴージャス族、団塊ジュニア世代と言われる30代前後がシンプル族なのでしょうか?
でもその下の20代は真性買わない族。
企業を悩ませている買わない族を三浦さんはどう分析するのでしょうか?

ヘルプマン

ヘルプマン!  12  /くさか 里樹 著 [本]
11巻の表紙は暗くて内容も暗くてどうなるかと思ったけれど12巻になって希望が見えてきました。
おなじみの百太郎も登場して認知症への対応なども描かれています。
13巻はどんな介護の問題を提起してくれるのでしょう。

お気に入り











May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資