Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« 市町村の水道事業を統合へ…人口減などで経営難 | Main | あなたの人生かたづけます »

毒婦

「毒婦」和歌山カレー事件20年目の真実

新品価格
¥1,728から
(2018/11/14 15:57時点)

あの当時の報道をリアルで見ていた者としては「林真澄が冤罪?」と思ってしまうけど、読んでみると「こんなあやふやな情報で犯人扱いの報道をしたの?」と思ってしまった。
夫である健二氏が検察側が真澄に罪をなすりつければ自分は何もしらない被害者にしてくれるというのに「あいつはやっていない」と真澄の無実を訴え続けたのが象徴的だ。

今の横並びで叩くとなったら徹底的に叩く時代だったら、この事件はどういう報道になったのだろう

« 市町村の水道事業を統合へ…人口減などで経営難 | Main | あなたの人生かたづけます »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33890/67380321

Listed below are links to weblogs that reference 毒婦:

« 市町村の水道事業を統合へ…人口減などで経営難 | Main | あなたの人生かたづけます »

お気に入り











December 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資