Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« January 29, 2017 - February 4, 2017 | Main | February 12, 2017 - February 18, 2017 »

ガラケー白ロム を子供のおもちゃに

娘が中学時代の友達の二人目出産祝いの為日帰りで孫娘とやってきて帰っていきました。
孫息子はパパとアンパンマンミュージアムへ行ったという。

前日我が家にガラケーの白ロムが余ってないかと電話がありました。
児童館の子供達にはガラケーがおもちゃとして人気でそろそろ壊れそうなので探しているという。
「え~、今の子スマホじゃないの?」と言うと
「パカパカいうのが面白いらしくてタブレットは人気がないんだって。今の子でもあれが電話だと認識できるらしい」
まあ、言われてみれば電源の入ってないスマホの白ロムは面白くないよね。
今の子の親世代はスマホでも祖父母の家には固定電話があるからタッチボタンで「電話」とわかるんだろうね。
ビジネスシーンではガラケーは一定の需要があって使ってる人もいるからあれが電話だというのはわかるんだろう。

というわけでゴソゴソと探して古いガラケーを持たせました。
今は子育て支援が政治家に人気だけど、箱ものだけ建ててもそこで働いてくれる人や応援してくれる地域の人をを育成しなければいけないんだと改めて思いました。

低欲望社会

低欲望社会 「大志なき時代」の新・国富論

新品価格
¥1,620から
(2017/2/10 17:08時点)

若者が低欲望社会になっている。
それはそれで自衛手段として正しいが社会としてみた時にそれでいいのか?

プア充という言葉もあるがそれは長く続かないというのは納得
本当の貧乏になるか、新たなエンジンを手に入れるか、今が分かれ道というのも納得

同意できる部分もあるが、同意できない部分もある。
海外から富裕層を呼び込む政策を・・・というが、世界的に強欲資本主義の行き詰まりが見えている時代に富裕層を呼び込む政策が効をそうすかは疑問
この本が上梓された頃話題の爆買いもすっかり形をかえて今は京都の町屋を中国人が買っていると新聞にのっていた。
気まぐれな爆買いに右往左往するのもどうかと考えてしまう。
東京を規制緩和して高層ビルをたてるのも人が住むには水やその他が必要なのを考えるとこれ以上の一極集中はやはり数年後に問題がでてくるように思う。

現在が超肥満体な政権なのはその通りだと思う。
どこにお金を使い、どこを削るのかを見極めないといけないと思う。

田中偉登 君

今日は冷たい雨の一日
せっせとハードディスク消化の日
相棒前後編に出ていたキーパーソンの男の子の名前が「田中偉登(たけと)」君
あれ、この子家政夫のミタゾノ」に出てた子?
やっぱりそうでした。
13歳のハローワークで松岡の少年時代を演じた子だわ
立派な青年になった。
家政夫のミタゾノでは女装をこなしたし、相棒ではキーパーソンを好演
将来楽しみな若手です。注目しましょう。

JASRACが音楽教室からも使用料を徴収

本当、これもう音楽市場が縮小してシノギが減った天下り連中が取りやすい所からとろうと悪だくみしているようにしか思えません。
これでは音楽を習おうという人を減らし、結局は市場を先細りさせるだけ。
クリス松村がそれなら楽譜にインクルーズさせればいい。
それなら使われた曲がはっきりする。教室に一律何パーセントだとどの曲が使われたかわからない。
と言っていたけど、不透明なのも反感を買う理由の一つだと思う。

JASRACga

天、ともにあり

天、共に在り

新品価格
¥1,728から
(2017/2/7 17:26時点)

何か月か前に録画したNHKの番組を見て感動してリクエスト
アフガニスタンで井戸を掘っているお医者さんがいた事は知っていたけれど、あれからずっと続けていて用水路を引いて、モスクも建設なさっていた事は知りませんでした。

用水路建設の部分はB層主婦にはわからない事が多いのですが、それでも中村さんの言葉jはしみます。

一見便利な日本に住んでいて何かを失っているのではないかと思っている現代人に読むべき本だと思います。

本当は結婚したくないのだ症候群

本当は結婚したくないのだ症候群

新品価格
¥1,404から
(2017/2/6 17:20時点)

30代ぐらいの女性の心には刺さるのだろうなと思うないようですがオバサンにはふ~んという感じでした。

農協改革

淳の言いたい放題で農協改革をわかりやすく解説
農協の事業は1営農 2信用(金融)3共済(保険)
多くの人が農協の本来の仕事と思っている営農は赤字
共済がトントン
金融が全中がバンバン投資してその設けたお金で営農の赤字を補てんしている。
外国でザノーチューと言われる程機関投資家として有名だとか
小泉新次郎の言うように全中が農業に資金を投資したら農協はすぐつぶれる。

農協改革の本当の目的は全中の資金を狙ってると言われたけど設けてたんだ。末端の農協窓口のトロさは農家でも他と取引したいって言われる程だけどね。

TPPが中止になって困っているのは農協
TPP対策費として6000億もらっている
ウルグアイ対策費としては3兆円!!
それで温泉掘ったりしたそうだ。
今回は農業以外使うなと縛りがあるそうだけど、何に使うんでしょう。

ただ、田舎の新興住宅地に住む身としては80年代は農業より工場などに働きに行く方が儲かったけど、工場が海外に言って低賃金で不安定な非正規なら現金収入は少ないようでも食べ物を自給自足できる農業はそこまで悪い産業でなくなってるような気がする。

食料自給は国家の安全保障上も大切なんだから、適正な補助金を出して「農業で食べていける」ようにするのは今が正念場だと思う。

« January 29, 2017 - February 4, 2017 | Main | February 12, 2017 - February 18, 2017 »

お気に入り











April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資