Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« ザ ノンフィクション 人生の失敗を生かすとき | Main | 森永卓郎が解説する“加計学園問題”の本質とは~? »

蓮舫氏 会見

まったく日本はいつからこんな差別主義者が大手を振って跋扈する国になってしまったのでしょう。

蓮舫さんの場合は国籍法の谷間で手続きの上では二重国籍のようになってしまっただけではないですか。
日本政府は正式には台湾を認めてなく、台湾は中国の一部という見解
中華人民共和国は日本国籍を取った時点で中国国籍は消滅する。
つまり蓮舫さんは日本国籍を取った時点で中国国籍は消滅したことになる。
蓮舫さんを二重国籍だという事は日本国政府が台湾を国家として認めた事になる。

もともと国籍法改正が話し合われたときから二重国籍問題、とくに台湾をルーツにする方の二重国籍は問題となっていたらしい。
ただ沖縄の無国籍児などの問題が大きくなり、母親からの国籍取得を認めるを急がなくてはいけなかった事情があるようだ。

沖縄の無国籍児問題が新聞にのったのはいつ頃だったかしら?
1980年を過ぎてまだ日本が父親が日本人の場合のみ日本国籍を認めているとは知らなかったのでびっくりしたのを覚えています。
いわゆる未婚の母の場合は日本国籍を取得できたので沖縄の無国籍児は驚きでした。


「二重国籍が~」と騒いでいたネトウヨは何を言っても騒ぎ続けるでしょうが、一般の方は今回の説明で当時17歳の蓮舫さんに手続きの不備を責める人はいないと思います。
今回のように「あいつ怪しい。戸籍だせ」は今回で最後にしてほしいと思います。

ところでネトウヨが小野田議員が出したのだから蓮舫も出せと錦の御旗にした小野田議員
私の感覚でいうとこの人の方が悪質だと思うのですがね。

2011年に区議会当選 当時28歳。それなのに二重国籍
2015年に岡山県から参議院に出馬するにあたりアメリカ国籍離脱の手続きをしたらしく、それを誇らし気にフェイスブックにさらした。

あれ、22歳で国籍選択しなきゃいけないんじゃないの?
アメリカとの二重国籍の人は多くて芸能人でも池上季実子さんを筆頭に多数の人が「国籍選択の手続きをした」と言っているので一般人でも知ってる人は多い。
それどころか黒田アーサーさんのように両親日本人なのに親が大使館に手続きを忘れてアメリカ国籍だけの中身純粋日本人(ネトウヨみたい)のケースも報道されている。
アメリカとの二重国籍の人は多いから役所も手続きの説明は慣れているはず。
それなのに28まで国籍選択しなかったのは自分の意志で二つの国籍持ってたってことでしょ。

まだ若いから自民党のオヤジにそそのかされて、深く考えずに公開したのかと思ったら片山さつきや稲田に通じる危ない女みたいだわ。
気を付けないといけない。

« ザ ノンフィクション 人生の失敗を生かすとき | Main | 森永卓郎が解説する“加計学園問題”の本質とは~? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33890/65554811

Listed below are links to weblogs that reference 蓮舫氏 会見:

« ザ ノンフィクション 人生の失敗を生かすとき | Main | 森永卓郎が解説する“加計学園問題”の本質とは~? »

お気に入り











October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資