Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« アリアナ グランデのコンサートでテロ | Main | 昭和時代の「痴漢事情」 »

喫煙者は「働くな」というのか?喫煙者は犯罪者と言わんばかりの風潮に危機を感じる

大西議員も脇が甘いと思うけど、揚げ足取りのように大騒ぎする「禁煙信者」「禁煙ファシスト」たちの騒ぎ方はもっとぞっとするわ。
「タバコが嫌いならあっちへ行け」という方も問題だけど、「タバコの煙が嫌いだからタバコを吸う人には近づいてほしくない」という禁煙ファシストたちも困ったものだ。
なぜお互いが歩み寄って妥協点を図ろうとしないのか?
喫煙者達はここ数年で随分と譲っていると思う。
禁煙ファシストたちに洗脳されている善良なタバコ嫌いな人たちは立ち止まってナチスのジェノサイドのような喫煙者根絶やし政策に疑問を感じる時期にきていると思う。

昭和の時代のオフィスの中煙モクモクならガン患者の健康の事を考えるべきだけど、今は大手なら喫煙所が完備されているはずだし、分煙が不完全な中小で「タバコを吸わないでほしい」と言いにくいというなら、それは別の問題。
法で規制するのはおかしいと思う。
第一、「受動喫煙被害」という言葉が独り歩きしているけど、喫煙率がこんなに下がっているのに肺がん患者は増えている。増えているのは寿命が延びたからだと思うけど少なくても劇的に下がっていない。
まず、この点を科学的にはっきりしないで法で規制しようとするのは喫煙者と非喫煙者を分断するアパルトヘイトのような悪法だと思う。

大の煙草嫌いの松原仁代議士 屋内禁煙規制に反対する理由

>はじめから規制ありきの締め付けではかえって混乱を招くばかりです。「全面禁煙」というのであれば、たばこを商品として流通させなければいいわけですしね

その通り!!本当に受動喫煙が害があるのなら「禁止薬物」にして売らないようにすればいいだけ!!

>たばこ問題に限らず、行き過ぎた“ファシズム”を是正し、もっと現実社会を直視してダイバーシティを認める社会にならなければ、日本人はますます萎縮してしまいます


禁煙ファシストの猛烈な勢いに「自分は何かおかしいのかな」と不安に思っていたが、自分自身はたばこは嫌いだけど今の喫煙者を根絶やしにしようとするナチスのような今のやり方は絶対おかしいと思う。

« アリアナ グランデのコンサートでテロ | Main | 昭和時代の「痴漢事情」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33890/65322920

Listed below are links to weblogs that reference 喫煙者は「働くな」というのか?喫煙者は犯罪者と言わんばかりの風潮に危機を感じる:

« アリアナ グランデのコンサートでテロ | Main | 昭和時代の「痴漢事情」 »

お気に入り











October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資