Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« 孫の入園式 | Main | 観光立国の正体 »

キャスターという仕事

キャスターという仕事 (岩波新書)

新品価格
¥905から
(2017/4/9 15:46時点)

「クローズアップ現代」のキャスター国谷さんがキャスター時代を振り返る

「くろーずあぷゲンダイの終わり方は唐突な感じがしたが国谷さんにも驚きだったらしい。

番組を担当した四半世紀近くの間に何が一番変化したのか。
それは経済が最優先になり、
人がコストを減らす対象とされるようになったこと。
そして、一人ひとりが社会の動きに翻弄されやすく、。自分が望む人生を歩めないかもしれないという不安を早くから抱き、自らの存在を弱く小さな存在ととらえるようになってしまったのではないか。

色々と考えさせられる内容でした。

« 孫の入園式 | Main | 観光立国の正体 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33890/65128133

Listed below are links to weblogs that reference キャスターという仕事:

« 孫の入園式 | Main | 観光立国の正体 »

お気に入り











November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資