Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« September 4, 2016 - September 10, 2016 | Main | September 18, 2016 - September 24, 2016 »

雪花の虎

雪花の虎 1 (ビッグコミックス) (ビッグコミックススペシャル)

新品価格
¥750から
(2016/9/17 17:30時点)

上杉謙信が女だった?
とんでも本かと思いがちですが、「あるかも」と思わせてしまうのはさすが

ただ戦国時代までは女性の城主はいたというのは本当だと思います。
江戸時代になって禁止されたそうです。

はじめまして、愛してます

今クールのドラマで楽しみに見たのは
はじめまして、愛してます
そして誰もいなくなった

はじまして、愛してます
は突っ込みどころは一杯なのですが、子役がすごい
尾野真知子も演技派なのですが、天才子役が出てくると大人は軒並み食われてしまいます。
最初の不気味なほどの無表情
夫婦の愛で表情を取り戻しゲンキな男の子へ
そこまででもすごい子役だと思ったけど、元天才子役志田未来とのからみは圧巻でした。
志田未来が恐る恐る差し出す手に不安そうに近づく表情
志田未来が自分が産んだ子供の顔におびえるわけが後にわかるのですが、伏線になるような何ともいえない不気味な表情なんですよね。

ネタばれをすると
どうやってアパート借りたの?
病院に保護されたときに出生届やその他もろもろで親に連絡いくだろ
家出したままの状態でどうやって生活してたの?生活保護?親金持ちなのに?
などなど突っ込みどころはあったのですが、題材が題材だけにあれが限界だったのだと思いましょう

百姓貴族

百姓貴族 (4) (ウィングス・コミックス・デラックス)

新品価格
¥734から
(2016/9/15 17:02時点)

ご家族の具合が悪いそうで、なかなか進まない荒川さんの作品
しかし、びっくりするぐらいのタフさ
ユーモアたっぷりですが、農業は大変なんだと思います。

建て替えよりも職員労働環境改善にお金を使った方がいいと思う

46人殺傷、「やまゆり園」建て替えへ…県方針

気持ちはわかるけど、数十億円の費用を使ってその場所に建て替えても凄惨な事件の現場という事実は消えない。
4~5年もほかの施設に仮住まいしたらその施設になれた所でまた環境を変える事になる。
同じお金を使うならコンビニより安いという施設職員の待遇改善にお金を使った方がいいような気がする

地元の地域情報誌にこの事件についての感想コラムがありました。
もし仮に被害者の家族が「大切な家族として」として頻繁に会いにきて楽しそうな時間を過ごしていたのならこのような事件は起こらなかった。
ほっておいたら死んでしまう人間を無理やり生かしているためにたくさんの人々とお金が犠牲になっている現実
知り合いが知的障碍者にいきなり後ろから押され車に轢かれそうになったという経験が書かせたのだと思いますが大手のメディアでは書けない内容

容疑者のやった事は許せる事ではないですが、きれいごとだけではすまない現実は彼の心を壊してしまった面があるような気がします。

建て替えてもあの事件のあった土地で働く人がいるのでしょうか?
綺麗にクリーニングして「給料が高いならそれでもいい」という人を探した方がいいような気がします。

「ゆうちょマネー」はどこへ消えたか

「ゆうちょマネー」はどこへ消えたか: “格差”を生んだ郵政民営化の真実

新品価格
¥1,836から
(2016/9/13 06:50時点)

怒涛のようだった郵政選挙
郵政民営化とは何だったのか?
今は「郵政民営化はアメリカが郵貯の資金でアメリカ国債を買わせるのが目的」と思っている人も増えたが、それでもまだ全容は見えない
郵政民営化は後から見た時にターニングポイントになる事件だったのだと思う
わかりやすくよく書いてあると思う

現在は1%VS99%
あるいはグローバリストVS自然の摂理のようになっている
これからどうなるかはわからないがグローバリズムの限界が見えてきて次の世界はどうなるのだろう

奴隷のしつけ方

奴隷のしつけ方

新品価格
¥1,944から
(2016/9/12 15:31時点)

リクエストしてずいぶんまって借りられました。
完全にマーケッティングの勝利です。
SMAp騒動で注目されたとかいうので現代社会を奴隷制と関した本かと思ったら、本当にローマ時代の奴隷の日常を使用者側から書いた歴史研究書でした。

開放奴隷に儲かるけど当時は卑しい仕事とされた貿易や金融をやらせてパトロンが儲けの分配を貰った。
これが今につながっているのかしら?と思ったり

最後のキリスト教徒の章が興味深かったです。
キリスト教徒は平等と言っているけれど奴隷は認めている

考え出すと奥の深そうな本です。

認知症>徘徊し女性死亡 通所先施設に賠償命令 福岡地裁

認知症>徘徊し女性死亡 通所先施設に賠償命令 福岡地裁

またまたトンデモ判決が出てしまいました。
こんな判決が出るようじゃデイサービスは徘徊傾向がある人は受け入れを断られて、結局家族に負担が回ってくるだけなのに

裁判所は何考えてるんでしょ。
それに金額も76歳の認知症の女性で3000万円近い賠償金額はどういう算定をしてるんでしょ。
働き盛りの人の死亡でも1億ぐらいなのに、遺失利益を考えたら多すぎますわ。

« September 4, 2016 - September 10, 2016 | Main | September 18, 2016 - September 24, 2016 »

お気に入り











June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資