Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« 激安食品の落とし穴 | Main | カジノ法案は亡国の法案 »

本当はエロかった昔の日本

本当はエロかった昔の日本:古典文学で知る性愛あふれる日本人

新品価格
¥1,512から
(2016/12/6 07:30時点)

昔の日本は「性」に寛容だった?
寛容といえば寛容
ゆるいといえばゆるい
だけど「子孫繁栄」を是としてコミュニティを維持していく事を考えるとそれもありなのかもしれません。

平安時代の嫁取り婚は授業では聞いていたけれど、イマイチよくわからなかったのですが、少しだけ見えてきました。
最初妻の家に入って子供が生まれたら妻の実家側から土地をわけてもらって独立する。
これって最近のはやりじゃん!!
祖母から母 娘へと女系で財産が映るので「誰が父親か」は問題にならない。
父系社会だと「よその男に財産はやれない」となるので女の貞淑さが求められる。
ありかも

« 激安食品の落とし穴 | Main | カジノ法案は亡国の法案 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33890/64588762

Listed below are links to weblogs that reference 本当はエロかった昔の日本:

« 激安食品の落とし穴 | Main | カジノ法案は亡国の法案 »

お気に入り











June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資