Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« August 30, 2015 - September 5, 2015 | Main | September 13, 2015 - September 19, 2015 »

地方を食いつぶす「税金フリーライダー」の正体

地方を食いつぶす「税金フリーライダー」の正体 タカリと粉飾の日本病 (講談社 α新書)

新品価格
¥950から
(2015/9/12 17:01時点)

おどろおどろしい題名ですが、内容はいたって真面目な多分日本中どこの自治体も抱えている問題をするどく追及する内容でした。

「ビジョン無し、危機感無し、しがらみあり」
地方行政の現実を言いえて妙だと思いました。

鬼怒川の決壊に影響をソーラーパネル設置が影響を与えているのではないかという疑念がある時期だけに大変興味深かったのは平成25年9月に京都を襲った台風18号の被害。
観光地嵐山が一面の湖になった映像は記憶にある。
あの時「観光資源保全か、水害対策か」という問題は記憶にあるが、実は職員のミスによる人災の疑念は全く知りませんでした。

市内の浸水被害の5分の1という大きな被害が出た伏見区小栗栖。
山科川へ排水する排水ポンプを作動させなかった疑いがあるという。

これ、民間企業なら大問題だよ。と思うようなミスでも公共だと軽い処罰で誰も責任をとらない体質は大問題だと思う。

国も地方も借金まみれ。国は借金しても大丈夫という人もいるけれど、行きつく先はインフレで借金をチャラにしようという政策しかない。
国家がインフレという形で国民から資産を奪い取る。
このままではいけないというのは皆がわかっていてもしがらみから抜け出せない。

村山さんという方は今回初めて知りましたが、頑張って欲しい政治家です。

台風18号 被害

台風18号による豪雨被害は東北へ行って宮城でも被害を出したそうです。

痛ましいです。

埼玉の川越も普通なら大騒ぎになるぐらいの大浸水らしいし。

栃木はあれだけ降ったのだから相当な被害だと思うのだけど、常総市の決壊被害がまだ全容がわからない状態ですからね。

常総市の決壊、ソーラー業者が土手を削ったのが影響しているのではないかとネット住民が騒いでいるみたい。

どうも直接は関係ないし、越水して浸水した土地も多いのでソーラーだけが影響はないと思うけど、全国各地で続々と建っているソーラーと環境面で見直す時期が来ていると思います。

栃木と茨城に大雨特別警報、各地で被害

栃木と茨城に大雨特別警報、各地で被害

栃木と茨城は大変な事になっているみたいです。
お昼すぎからはテレビは常総市の決壊現場の救助の様子にはりついた状態
自衛隊の皆さまが命がけで救助する様子は目が離せませんでした。
犬を連れて屋根の上で救助を待つ夫婦。犬はどうするの?と思ったら白い袋のようなものに入れれれて一緒に救助されていました。
当然犬は嫌がっていました。
避難できたとはいえ、避難所には動物嫌いの方もいらっしゃるので犬にも我慢しないといけない生活が待っていると思います。
ペットを飼うには万が一の事も考えてしっかりしつけもしないといけないのですね。

テレビとしては絵的にインパクトのある常総市ばかりですが栃木もすごい事になってるみたいです。


http://togetter.com/li/871769

被災された方が一日も早く復旧復興する事をお祈りいたします。

多数決を疑う

多数決を疑う――社会的選択理論とは何か (岩波新書)

新品価格
¥778から
(2015/9/9 16:36時点)

ここ数年、国民の多くの気持ちと大きくかけ離れた選挙結果になる事が多く、何か不満に感じていた。

リクエストして借りてみたが、内容は「多数決」というシステムに関する選択論でした。
前半部分はかなり難しくよくわからなかったのですが、システムそのものを疑うという視点は大事だと思いました。
第5章 で紹介された小平市の国道328号線問題の住民投票や著者の近所であった跨線橋の拡幅問題などは身近な問題として色々と考えるものがありました。

システムそのものを疑う事も大事なのですね。

主夫になってはじめてわかった主婦のこと

主夫になってはじめてわかった主婦のこと

新品価格
¥1,404から
(2015/9/8 18:16時点)

日本でただ一人「主夫芸人」をなのる中村シュフさんのエッセイをまとめた本

芸人に行き詰まりを感じコンビ解散を期に就職しようと思っていたところに彼女が言った「結婚して家庭に入ってくれませんか」

こうして主夫になった中村さんを先輩芸人が「お前日本でただ一人の主夫芸人やないか」と面白がり「中村シュフ」という芸名もつけてもらい、パート芸人をする事になる。

内容は女性から見ると「あたりまえじゃん」な内容なのですが、そこを男性が描く事に意味が出てきた時代なのだと思います。

先日の小屋暮らしをする若者たちといい、主夫になる男性といい、これも若者なりの処世術なのでしょう。

新宿で安保法案反対集会 雨の中、歩行者天国埋め尽くす

新宿で安保法案反対集会 雨の中、歩行者天国埋め尽くす

地上波ではあまり大きく報道されていませんが、安保反対デモは週を重ねるごとに参加者が増えているようです。

たけしのテレビタックルで知った「シールズ」
リーダーはいない。自主的にやっているっていうけれど、やはり何か後ろ盾があるのでしょうね。
まあ、世の中はそんなものです。

公明党の元幹部の「目を覚ませ、正気になれ』と言うことができるのは創価学会であり、党員であり、支持者です。勇気を奮い、私情を捨てて立ち上がってください」
これは効きます。
昨日は三色旗が10本だったそうですが、三色旗が週ごとに増えていくとアベさんも強行突破は難しくなるかもしれません。

ハシシタさんの不可解な行動は公明を切ってもハシシタと合わせれば強行採決できると踏んだのなら誤算です。

財務省の唐突な消費税の課税の答申も選挙直前に消費税増税見送りで人気を得ようという算段ならそれも誤算。

小屋暮らしの若者たち

昨日の夕刊に九十九里に自作の小屋を建てて暮らす若者の記事が載っていた。

4月ごろに朝日新聞にも載って、テレビにも紹介された事があるらしい。

生活費は月3万―5万円 自作の小屋で暮らす若者たち
生活費は3万円って、健康保険払えてるの?当然国民年金は減免対象。
その他いろいろと突っ込みどころはあるけれど、若者が「お金」から自由になる生活を見直そうとしているのは評価した方がいいと思う。

だけどテレビでは土地と家で100万円って大げさに言ってるけど、九十九里なら100万で古屋付の土地扱いの中古住宅あると思う。
そういう物件を若者がリフォームして暮らしてくれると空き家問題もよくなるような気がする。

http://myhome.nifty.com/tochi/detail/?url=http%3A%2F%2Fnifty.athome.co.jp%2Fbkdtl%3FBUKKEN%3D6952083063%26ITEM%3Dks%26ART%3D14%26ppPR%3D1&city=sambugunkujukurimachi&pref=chiba&psid=851e37c5f9c5a32a51b5935b842d0cbdeafa58c7a8de1a245c8c96ad50f721e5

« August 30, 2015 - September 5, 2015 | Main | September 13, 2015 - September 19, 2015 »

お気に入り











December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資