Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« May 3, 2015 - May 9, 2015 | Main | May 17, 2015 - May 23, 2015 »

怪奇!PTAの仕事はなぜ減らないのか?

怪奇!PTAの仕事はなぜ減らないのか?

いや^~、我が家の子供が小学生の頃は「PTAの役員決めバトル」など主婦の騒動として面白おかしく記事にされていたものですが、東洋経済オンラインというお堅い所に論理的な記事にしてもらえるようになったとは大進歩です。

それでも伏魔殿を崩す道は遠いようです。

>手間暇かけて変えるより、「前年どおり」が無難だから

これはPTAに限らず自治会でも何でもいえる事です。
仕事を減らしたいと考えている人は多いのにいざ実行しようとすると文句を言う人が現れる。
そういう口だけ達者な奴とバトルを繰り広げるより前年通りお茶を濁した方が楽だから、やっつけ仕事でやる。
そういうやっつけ仕事はわかるからますます参加者が少なくなる。

それでもこうういう記事が配信されるだけ大進歩です。

ベルマーク仕分けや通学路の旗振りが現役世代に負担なら、暇をもてあましている地域の高齢者が参加できる方法を模索すれば、いいと思うけど、いざやろうと思うとわがままな高齢者が多いから難しいのだと思います。

県債

ツレアイが県の広報を見ていて何を思ったか「県債」を買うといいだしました。

平日売り出しの為わざわざ年休をとって金融機関へ出向き、色々と説明を聞いて県債を購入いたしました。

しっかりと老後のためにお金も整理しないといけませんね。

世界を操る支配者の正体

世界を操る支配者の正体

新品価格
¥1,512から
(2015/5/14 16:22時点)

世界を操っている支配者「国際金融資本」

よくユダヤ陰謀説と言われるけど、「ロシアにユダヤ人がたくさんいた?」
「why japanys pipol?]
なぜロシアにユダヤ人? 流浪したっていってもイタリアやギリシャならわかるけど、ロシア?

そうなるとハザール汗国説が信憑性を帯びてきます。

便宜的にユダヤ教徒となったハザールの人々が「金」を使い支配しようとしている。

ユダヤ陰謀というけれど、「金」の魔力が人間を狂わせていると考える方が正しいような気がします。

お金は大事。
だけどお金は自分が欲しいものと取り換えるための手段にすぎないという事を忘れないようにすれば一番大事なものを見失わないような気がします。

地方消滅の罠

地方消滅の罠: 「増田レポート」と人口減少社会の正体 (ちくま新書)

新品価格
¥972から
(2015/5/13 17:04時点)

増田レポートの批判本
アマゾンのレビューは滅茶苦茶悪いのでどうなんだろう?と思ったが、増田レポートを感情的になっている部分はあるが、参考になる部分も多かった。

「人が財を生む」ことはあるが、「財が人を生む」事は無い。「財が財を生む」事はある。
まるで禅問答のようだが、グローバル化でばくち打ちが跋扈する時代だからこと改めて見つめ直すべきことだと思う。

今住んでいる人を移住させてのコンパクトシティは失敗する公算が高いが、サブリース契約のアパートの建設規制をするようにある程度コンパクトに都市をするような政策は必要だと思う。

田舎の側でも従来の「慣習」に凝り固まってUターンしてきた人を排除するようでは、地域が亡びる事を考えた方がいいと思う。

賛否はあるが、多くの人がこのままでは地方が亡び、地方が亡びれば日本もなりたたなくなると不安を感じているのだと思う。

サブリース契約のアパート建築問題

昨日のクローズアップ現代は「アパート建築が止まらない」
サブリース契約のアパートの問題点

http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_3648.html

都心から離れたわが市でも「こんな所にアパート建てて儲かるの?」と思うような所に続々とアパートが建っている。

CMでは「30年保証」と謳っているが、最初の家賃が保証されるのは10年だけで、その後は2年後との家賃額の見直し。
それが小さな字で書いてあるという。
通常の売買契約なら重要事項として説明責任義務があるが、サブリース契約だと説明義務がないのだという。

地主さんが多額の借金を背負う被害を受けるだけでなく、乱開発で空き家の増えた自治体の被害もあるという。

旨い言葉にはご用心だわ
http://www.at-douga.com/?p=13704

ドコモ光

最近、「光乗換」の電話がやたらかかってくる。

断っていたのだが、調べてみるとNTTより安くなるようなので、ドコモ光に乗り換えを検討しにドコモショップへ行ってみた。

我が家は光電話も使っていて、テレホンカードを使って料金をプールしているので、その点も確認しようと思った。

どうもガラケーの我が家の場合、プールしてあるテレカの料金を使い切るまではNTTのままの方が得なような気がする。
今度はNTTに電話してみよう。

最貧困女子

最貧困女子 (幻冬舎新書)

新品価格
¥842から
(2015/5/10 18:03時点)

重い重い本でした。
綺麗事だけすまない話のてんこ盛り

言われてみれば子育てには手がかかります。
劣悪な環境に育てば基本的な生活が確立されていない状態で社会に放り出された少女たちがどうなるのか?

「女を生む機会」にたとえたセンスは大問題だけど「男に子供は産めない」んです。
そして産める時期は限りがある。
これは社会が真剣に向き合わないといけない問題だと思います。

« May 3, 2015 - May 9, 2015 | Main | May 17, 2015 - May 23, 2015 »

お気に入り











April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資