Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« December 28, 2014 - January 3, 2015 | Main | January 11, 2015 - January 17, 2015 »

高嶋政伸、役作りで19キロ減量 『DOCTORS』怪演に拍車

高嶋政伸、役作りで19キロ減量 『DOCTORS』怪演に拍車

忙しくて中々見られなかった「DOCTERS」をスペシャルと1話を連続視聴

マサノブ最高!!
年始の格付けも笑いの神がついてるような疫病神マサノブだったけど、本編も超パワーアップ!ドクターフープ、もうテレビの前でげらげら笑っちゃいましたよ。

フラフープで痩せたは設定で実際は食事制限と週5日のジム通いで痩せたそうです。
(ドラマではフラフープで痩せたもウソで本当は相良先生が大学病院の講師になったのがショックで痩せたそうです。
http://www.asagei.com/30462
臨場などシリアスなドラマで太りすぎてまずいと思って痩せたのに合わせて脚本を作ったのかと思ったら、ドクターズの為に痩せたんですね。

視聴率はセカンドシーズンに及ばなかったようですが、この調子で高嶋さんがパワーアップしてくれれば視聴率は上がっていくと思いますわ。

いや~、テレビの前でこれだけ笑ったの久しぶりですわ。

2011年に沢村さん主演で二面性のある医師のドラマと聞いたときはダメだこりゃ、と思ったのにすっかり看板シリーズになってしまいました。
テレビ朝日もこんなに化けるとは思ってなかったんじゃないでしょうか。
これも一重に高嶋さんの怪演のたまものですわ

マスコミは「騒ぎすぎ」では? 「異物混入」報道ラッシュに消費者から冷めた声も

マスコミは「騒ぎすぎ」では? 「異物混入」報道ラッシュに消費者から冷めた声も

やっぱり同じように考えていた人もいたんだと少し安心しましたわ。

そりゃ、食べようとした食品から異物が出てきたら嫌だけど、だからって完全に異物混入を防ぐためにはどれだけのコストやその他失うものがあるかも考えないといけないと思う。

深夜のドキュメンタリーで男木島に大阪から移住した親子や島の産業を復活させようと、海老を昔ながらの方法で干した「干しエビ」を復活させて売る様子を見た。

小学生の女の子も計量係
手袋・マスクをしていたけれど、3人の家内工業というか内職仕事
完全に異物混入を防ぐ事はできるわけない。

だけど、異物混入・異物混入って騒いでこういう昔ながらの方法で作った食品の火を消してしまっていいのかって思うよ!!

http://www4.nhk.or.jp/chihouhatsu/x/2015-01-05/21/10451/

異物混入事件

何なんでしょうね。
次から次へと異物混入報道が出てきます。

以前からあったけど、ネットが発達していなかったので、報道されなかっただけなのか?それとも何なのか?

よくわかりませんわ。

異物混入も困るけど、異常なほど監視体制が厳しい食品工場もどうかと思いますわ。

テレビで食品工場へ潜入という番組を見たけれど、衛生管理が厳しいというけれど、生野菜をあんなに洗ったり、グルグル巻きの厳しい作業服。食品の風味や作業する方の労働環境を考えるともっとゆったりとしてもいいんじゃないかとも思うけれど、ひとたび何かあるとこんな風に報道されるとなるとやっぱり厳しくするしかないのでしょう。

でもこれじゃあ、食品の風味が機械的なものになるし、回収保険などもかけないといけない。
それは製品単価に上乗せ。
やっぱり何か違うような気がする

若返り片づけ術

若返り片付け術

新品価格
¥1,296から
(2015/1/7 17:38時点)

元引っ越し会社のスタッフだった方のようです。

物を少なくしないといけないんですよね。わかってるんだけどこれが中々難しい

布団の収納の仕方は参考になりました。

親の家を片づけるならプロ整理業者に任せなさい

親の家を片づけるなら「プロ整理業者」に任せなさい (ゆうゆうBOOKS)

新品価格
¥1,404から
(2015/1/6 18:07時点)

著者はキーパーズの代表取締役という事なので、「業者にまかせた方がお得ですよ~」モードなので全部が役にたつわけではないと思う。

遠距離の方は業者にまかせた方がいいと思うが、比較的近くならやはりできる事は自分の手で片づけた方が有意義になると思う。

しかし次から次へと親の家を片づける本が出版されますね。

まあ、思っていたより大変度はかなり高いので、こういう本が出版されて「親の家を片づける」のは大変と認知してくれる人が増えるのはいい事だと思う。

東アジアの「漢字」DB化…角川財団が計画

東アジアの「漢字」DB化…角川財団が計画

地域や年代によって様々な字形がある、漢字の情報をインターネットで一括して調べられる「東アジア漢字データベース」計画を、角川文化振興財団が進めている。

 KADOKAWAの漢和辞典「新字源」の一部をデジタル化し、漢字圏の研究者に呼び掛けてデータを共有、研究に役立てる構想だ。2017年をめどに、基本となる約1万4000字の漢字の索引を作る。

 漢字は、日本の常用漢字、中国の簡体字、台湾などで使う繁体字など、地域により字体が違う。さらに古代の甲骨文字や書道の楷書、人名の異体字など、様々な字形があり、漢字をコンピューターで扱う上での課題となってきた。時代や地域を超えて、異なる字体や字形を網羅したネット上のデータベースがあれば、各地での文献調査や、人名、地名などの固有名詞を知りたいときにも便利だ。

東アジアは元々漢字文化圏なので、これはいい事だと思いますよ。

やはりこれからの時代アジア人同士争わずに、交流を深めていくべきだと思いますわ。

放送禁止

放送禁止

中古価格
¥4,990から
(2015/1/4 06:06時点)

出版禁止の長江さんの本
元は深夜番組で話題になった番組のノベライズです。
やはり文だけだとわかりにくいですわ。

ネタバレサイトを見て「そういう事」と理解しました。

« December 28, 2014 - January 3, 2015 | Main | January 11, 2015 - January 17, 2015 »

お気に入り











December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資