Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« 寛大な主人の元で奴隷である事はある意味もっとも楽な生き方 | Main | 羽田圭介 »

レッドクロス 女たちの赤紙

ネットで松島奈々子の劣化が凄いと話題の「レッドクロス 」を見ました。
これで劣化と言われたら女優さんは気の毒
私には設定が20代とはいえ、満州開拓団で苦労しているはずなのに「綺麗なお姉さん」している前半の方が違和感を感じました。
むしろ「綺麗・綺麗」しかやらなかった松島奈々子が20歳近くまで息子が成長したのを表現できる皺のある姿で演じた事を賞賛します。
まあ、演技はあれでしたけど・・・
千振って満嶋ひかりが「開拓者たち」の舞台ですよね。「開拓者たち」でも肥料がいらないぐらい肥えた土地と言っていたけど、当時は夢の大地だったのですね。

「家は兵隊さんを出していないから肩身が狭い」というセリフがあったり、従軍看護婦として赤紙が来て盛大に見送られたり、結構考えさせられる内容でした。

従軍医療従事者が中国共産党から協力を求められたのは知りませんでした。ある程度史実に基づいた話だと思うけど、あまり話題にならなかったので、こちらも興味があります。

中国の養父役の俳優さん、ずいぶんうまいと思ったら大地の子にも出ていた方のようです。

« 寛大な主人の元で奴隷である事はある意味もっとも楽な生き方 | Main | 羽田圭介 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33890/62030845

Listed below are links to weblogs that reference レッドクロス 女たちの赤紙:

« 寛大な主人の元で奴隷である事はある意味もっとも楽な生き方 | Main | 羽田圭介 »

お気に入り











July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資