Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« June 15, 2014 - June 21, 2014 | Main | June 29, 2014 - July 5, 2014 »

昔は良かったと言うけれど

「昔はよかった」と言うけれど: 戦前のマナー・モラルから考える

新品価格
¥2,160から
(2014/6/28 16:05時点)

昔は良かったというけれど

そういわれる時に言われる「昔」は戦前や昭和30年代。
50年前は本当にそんなにいい時代だったのか?

痰を吐いたり、衛生状態は今の方がいいというのは記憶のかなたにありましたが、昔の日本製品が「安かろう悪かろう」だった。
荷物の抜き取りなどが恒常的に行われていただのは今から考えるとビックリでした。

よく最近の若者は電車の中で化粧したりしてなどと非難されますが、公園などでの道徳は今の時代の方が良い事も驚きでした。

生産者も名前を知らない花

P1000913


農協の直売所で売っていた花
名前を聞いたけど直売所の人もわからないと言う。
生産者の方に電話で聞いてくれたけど生産者も名前を知らないそうです。

このゆるさが直売所の魅力でもあります。

デジカメ購入

ケーズデンキのオープン協賛セールでコンパクトデジカメを税抜き5980円で購入しました。

このお値段ならいいかな?と買いました。

地元FM局では「オープンだよ!」と元気なカトちゃんの声がしています。
でもどうしても先日の釣瓶の番組のカトちゃんを思い出してしまいます。

釣瓶が心配しても事務所は大丈夫と答えたそうですが、ケーズはスポンサーとしてイザワオフィスに抗議した方がいいんじゃないかしら?

塩村文夏都議、過去の「金目当て発言」が話題に フィフィ「違和感ある」や「品格問題」指摘する声も

塩村文夏都議、過去の「金目当て発言」が話題に フィフィ「違和感ある」や「品格問題」指摘する声も

セクハラやじ問題で我ながら支離滅裂なツイートを繰り返していて「どこに行こうとしてるんだろう?」と思ってたけど、北斗さんが「なぜ塩村さんは怒らなかったの。自分なら頭に来たら怒る。なぜ笑ったの」と息巻いていて何となく違和感の意味がわかったような気がしましたわ。

偽本田芸人のネタじゃないけど鈴木議員は吉田さおり選手や澤ほまれ選手のような容姿の人に「自分が結婚すれば・・」と野次るでしょうか?絶対にしません!!塩村議員が大変に美しい人だから言ったんです。

そして塩村議員も自分の容姿に自信があるから苦笑いをした。

鈴木議員の発言だけなら世間もここまで怒らなかった。
その後のいじめのような「弱い奴は叩いていい」とばかりの野次の応酬に塩村議員も怒り心頭になり、国民もあきれ果てたのだと思う。

談合の結果のように塩村議員だけで幕引きを図ろうとするのは間違っているし、塩村議員も自分が女性の代表のような顔をするのも何か違うと思う。

式秀部屋

昨日のテレビでどん底家族として紹介されていた式秀部屋

おかみさんの頑張りに応援したくなりました。

モモチファンでももちやウルトラマンなどキラキラしこ名で話題の部屋ね。

一見、ゆるい練習みたいだけど親方は考えがあっての事みたい。

注目したい部屋です。

迫りくる「息子介護の時代」

迫りくる「息子介護」の時代 28人の現場から (光文社新書)

新品価格
¥950から
(2014/6/24 17:35時点)

少子化で主たる介護者が「息子」の家庭が増えている。

老々介護などは問題にされる事が多いが、今まであまりクローズアップされてこなかった息子介護について丁寧にルポされている。

「息子介護」の場合、虐待やパラサイトなどマイナスのイメージが付きまとう事もしっかりとルポされていてほとんどの方が真摯に介護にあたっている事がよくわかる

妻がいるのに息子が主たる介護者になっている場合を大きく4つのパターンにわけてルポ

好感が持てるのは「嫁」が介護しない事に対する世間の目もしっかりと書いてあり、なおかつ直接介護しなくても介護者である夫の日常の家事を受け持ち、場合によっては実家から持ってきた洗濯物を洗ったりゴミを出したりして介護に協力しているのに世間からは「介護をしない嫁」とみられる事への悩みなどもキチンと言及している事。

間違いなく増える息子介護
これから注目したい話題だと思います。

母の四十九日

今日は母の四十九日でした。
神棚の半紙をはがして、写真の飾りを外しました。

以前住んでいた家のご近所の方にも亡くなった報告をしました。
残念がってくださり、母もありがたいと思っていると思います。

日本史の謎は「地形」で解ける 文明 文化編

日本史の謎は「地形」で解ける【文明・文化篇】 (PHP文庫)

新品価格
¥761から
(2014/6/22 18:06時点)

の続編という事ですが、こちらの方が先にリクエストの順番が回ってきました。

読み物としての文章を書きなれた方でないようで読みにくい部分もありましたが、内容は面白かったです。

横浜村と川崎ムラの関係は今から考えると「へー」という感じです。
川崎村は天領で将軍様の田んぼで農民はプライド高かったんですね。「何で横浜村の田舎なんかに水をやらねばならないんだ」とは
それが今では横浜ブランドですからね。わからないものです。

日本人が何でも小さくする志向なのは平野が少なく、川や海で分断されているから馬や車が通りにくく自分が荷物を担いで移動しなければいけなかったらという説はさもありなんと思います。

その他の国民性も日本の地理や気象と合わせると納得できる部分が数多くありました。

« June 15, 2014 - June 21, 2014 | Main | June 29, 2014 - July 5, 2014 »

お気に入り











May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資