Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« April 13, 2014 - April 19, 2014 | Main | April 27, 2014 - May 3, 2014 »

プレミアム商品券

市の商工会でプレミアム商品券が発売になったので購入しました。
1割お得とわかっていても管理するのが面倒なので購入しなかったのですが、長年乗っていた自転車が買い替え時期に来ているので商品券を使って買い換えようと思っています。

結局TPPはどうなったの?

読売新聞の夕刊に「日米 TPP基本合意」と載っていたので、「え~、オバマにそんなお土産あげるの?」と思ったらヤフーニュースでは「大筋合意に至らず」となっていました。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20140425-00000024-ann-bus_all

結局の所どうなったのかよくわからないTPP

アメリカに押し切られたのか?のらりくらりとごまかしてるのか

これからに注目です。

苦しそうだと言ったらモルヒネ増量してくれるかな

3月末に「余命数日」と宣告された母は持ち直し、低カロリーの輸液とモルヒネでまだ生存しています。

生きていると言っても、モルヒネの影響かウツラウツラとしていて、血液が少ないので呼吸するのも苦しそう。

緩和ケアの状態なので看護師さんもほとんど訪れる事のない病室で寝たまま一日を過ごしています。
以前は「お腹がすいた。」と言っていたが、食欲も無くなったらしい。
低カロリーのモルヒネ入り輸液だけなので体はガリガリ

こんな状態で長引いても本人も辛いだろうし、家族も予定が立たなくて困っている。

娘とのメールで「苦しそうだ」と言ったらモルヒネ増量してくれないかな?と連絡しあっている親不孝な子供と孫です。


本当は正しかった日本の戦争

中国・韓国が死んでも隠したい 本当は正しかった日本の戦争 (一般書)

新品価格
¥1,080から
(2014/4/23 19:39時点)

「正しい」とか「正しくない」は相対的なものだけど、当時の国際情勢の在り方ぬきに大東亜戦争を語るのは間違っているという事だけはわかったわ。

春ドラマ

春ドラマもひと通りスタート

極悪ガンボ
面白いけど、恋愛ドラマ枠だった月9がこれでいいのか?
「鍵のかかった部屋」など恋愛要素の薄い作品が多くなっていたけど、闇金ウシジマ君のライト版が月9でいいの?


ボーダー
金城一紀脚本だけあってSPのような雰囲気
犯人を捜すのではなく、ネタがわかっていてどうやって犯罪として立証するのかを楽しむ展開らしいです。
裏のMOZUが評価が高くて視聴率は苦戦しているようですが、こちらも中々の出来。
1話完結なのでMOZUを脱落した層が見る可能性あり

MOZU
豪華な出演者。スタイリッシュが画像。
ダブルフェイスの出演者が多数出演しています。
素晴らしい作品
だけど重い
途中で脱落してしまうかもしれません

韓国フェリー転覆事故 原因は過積載?

ひるおびでフェリー事故の検証をしていた大学教授の解説が大変わかりやすくて、B層主婦でもよくわかるものでした。

そしてB層でもわかるあまりに杜撰な対応。

「経験のある航海主なら朝8時に船がふらついた時点で停止して救援を呼ぶ。そして救援の船に乗客が移動してもらう。うまくすればそれで重心がとれて自力走行ができる。
人間だけで無理ならクレーン船を呼んで荷物を移動させる。
そうすれば人も荷物も無事に帰還できた」

無理な改造で重心が高くなっていた所に過積載。荷物をしっかりホールドしてないので旋回した時に荷物が倒れてより船に負荷がかかった。
出航時から不安定だったが走行していて燃料が減り、ますます重心が不安定になり制御が効かなくなった。
その時に旋回したのでそのままコントロールが全くきかなくなった。

乗客にその場にとどまるように放送したのは一気に人間が上に上がってますます重心が上に傾くとより転覆の危険が増すから。
乗組員は船がどういう状態か理解していたという事だろうか?

最初は座礁という報道だったけど、それにしては何か変だと思ったけど、重心が原因と聞くと素人でもすべてがすっきりと落ち着く。

まだはっきりと検証されている訳ではないけれど、一番有力な仮説だと思う。

だとしらた、あまりにもずさん

医者ムラの真実

医者ムラの真実 (ディスカヴァー携書)

新品価格
¥1,296から
(2014/4/20 06:02時点)

医学部には高校から大学受験をして医学部に入る学生とは別に他学部を卒業後や一回社会人になってから医学部を受け直した学生も一定割合いるそうだ。
「長老」と呼ばれる一回他の世界を見た著者の目から見て医療の世界

医療の世界が色々な意味で注目されている時代になかなか考える事の多い本でした。

医療否定本については「極端すぎる」
今の医療が「過剰すぎる」のには同意していて、一番一般の人が受け入れやすい見解だと思います。

昔のように権威の塊の医師でなく、ふつうの専門職としての医師の立場の確立という意見はこれからの働き方について考える参考になると思いました。

« April 13, 2014 - April 19, 2014 | Main | April 27, 2014 - May 3, 2014 »

お気に入り











July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資