Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« 儲かる農業 | Main | マスゴミの議席予想発表は公職選挙法違反ではないのか? »

全盲の僕が弁護士になった理由

全盲の僕が弁護士になった理由

新品価格
¥1,620から
(2014/12/11 18:15時点)

小雨の降る寒い日。
年末年始の録画に備えてセッセとハードディスクを消化中

全盲の僕が弁護士になった理由
松坂とうり君ってあんまり好きなタイプではなかったのですが、今回の演技にはビックリしました。
目をあけて全盲の演技をするって物凄く難しいと思うのですが、松坂君はどこか焦点のあっていない目の演技を見事にこなしていました。
物を手探りで探す仕草も自然で著者と何日か一緒に暮らして役作りしたそうですが、見事しか言いようのない名演でした。
軍師官兵衛でもすっかり貫禄のある黒田家の当主役。
これからが楽しみな俳優さんです。

松坂君の名演と「僕は広告塔」という裏話までしっかり入れてあるなど見どころがあるだけに無理にサスペンスにした筋立てはいただけませんでした。

あと昼ドラマで恋人を演じている星野さんと真島さんが別れたがっている夫婦役というのは、事務所も放送日を確認しなかったのでしょうか?
ちょっと疑問に感じました。

« 儲かる農業 | Main | マスゴミの議席予想発表は公職選挙法違反ではないのか? »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33890/60794668

Listed below are links to weblogs that reference 全盲の僕が弁護士になった理由:

« 儲かる農業 | Main | マスゴミの議席予想発表は公職選挙法違反ではないのか? »

お気に入り











August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資