Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« February 3, 2013 - February 9, 2013 | Main | February 17, 2013 - February 23, 2013 »

ロシア 隕石落下

今日は寒くて風の強い日でした。
ふるえてしまいました。

ロシアに落下した隕石はびっくりしました。
不幸中の幸いというべきか死者はいなかったようですが、衝撃波で窓が割れてロシアの極寒の中辛い思いをしている方がたくさんいるようです。
怪我をした方の一日も早い快癒と壊れたインフラの復旧を祈ります。

おトメさん

黒木瞳主演という事で娘のいじめ事件の影響もあって、初回だけ見てパスを決めた「おトメさん」
相武さきちゃんの悪女ぶりがいいというので見てみました。

やるじゃん、さきちゃん。
黒木さんは派手な服着て空回りしてますが、さきちゃんの得体のしれない嫁ぶりは見事。

「バラの咲く家も優太さんも私のもの」と思わせぶりな独白をしてますが、たぶんオチは幸せな家族が欲しいという大団円なのだろうなと思うモノの引き込まれる不気味さ。

CMいっぱい出てるのに、こんな裏表のある役やって大丈夫なの?と思ってしまう名演でした。

まおゆう 魔王と勇者

独立U局で放送されている「まおゆう」を楽しみにしています。
ネットで広まった物語という事で何と主人公をはじめ登場人物に名前が無い。
ヒロインは「魔王」と「勇者」の物語。
アニメの絵はオタクっぽいけど、中身は経済物。
「魔王」を退治にしにいった勇者に魔王は「戦争がある事で経済が回っているから戦争は止められない」と言う。

結構今の時代を考えさせられるアニメです。

もっともリアルなアメリカ入門

教科書やニュースではわからない 最もリアルなアメリカ入門

新品価格
¥1,575から
(2013/2/13 16:02時点)

元外交官の原田さんの著作
日本人は「アメリカ」というと一枚岩のように思うが、実は複雑に色々な勢力がひしめいているという事だ。

オバマ大統領の演説の一部から読み解くアメリカ奥ノ院の思惑。
オバマ=元CIAエージェント説はありそうな話ですが、それはどうだろうと思うものまであります。
「まさかそれは無いでしょ」と思うものの、911自作自演説が否定しきれない状況では「まさかとは思うけどアメリカならやるかも」という気もするのが怖いですわ。

ブログ・ツイッター・フェイスブックのマスコミの持ち上げ方には不自然なものを感じましたが、やはりアメリカの思惑があったのですね。

スマートフォンの急速な普及には違和感を感じていましたが、アプリのプラットフォームという関係で「情報の帝国主義」というべき事態になっているらしい。

いやはや便利なのがいいとばかりは言えないようです。

どうせ死ぬならガンがいい

どうせ死ぬなら「がん」がいい (宝島社新書)

新品価格
¥770から
(2013/2/12 17:32時点)

「大往生したけりゃ医療とかかわるな」がヒットしてショッキングな題名をつけるのがはやりなのか目をひく題名です。
でも中身はまともな対談集
内容的にダブっている部分も多いのですが、「ホンマかいな」「こんな事言って大丈夫?」のオンパレード。

若返ったと言っているけど近くで見ると年相応、と言われたごぼうセンセ。
もっと過激な事も言ってます。

大学病院はいい人体実験が受けられる病院
予防医学は患者を「呼ぼう」医学
不安をあおってファンを増やす

全部を支持はできませんが、最近の若返り志向には何か変なものを感じていたので目が覚めました。

女子フィギア 表彰台独占

大阪で開催された女子フィギア4大陸選手権で女子が1位2位3位の表彰台を独占するという快挙を成し遂げました。

浅田選手はマイナスポイントは取られたものの、トリプルアクセルと3回転+3回転に挑戦。
最後は他を寄せ付けない圧巻のステップを披露。

鈴木選手は全日本のくやしさを跳ね返すような気迫の演技。
鈴木選手はどんどん、人を引き付ける演技を身に着けていますね。
応援したい選手です。

村上選手も成長して楽しみです。

女子も男子も楽しみです。

お釈迦さまの脳科学

お釈迦さまの脳科学 釈迦の教えを先端脳科学者はどう解くか? (小学館101新書)

新品価格
¥735から
(2013/2/10 16:12時点)

葬式仏教と揶揄される日本の仏教
日本の仏教は中国を経て伝わった過程で道教や儒教の思想が取り込まれているとは聞いたことがありましたが、「位牌」は儒教の影響などなどビックリする事いっぱいでした。

世界的にも有名が般若心境が「偽経」の可能性があるとはまたまたビックリ
ギャーテーギャーテーの有名なフレーズがシュメール語の可能性があるとはまたまた驚き

キリスト教・ユダヤ教VSイスラム経の一神教同士の争いに閉塞感を感じる今日この頃。

他の宗教の信者でも哲学的にアプローチする事もできる仏教を見直してみたいと感じるのです。

« February 3, 2013 - February 9, 2013 | Main | February 17, 2013 - February 23, 2013 »

お気に入り











April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資