Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« September 1, 2013 - September 7, 2013 | Main | September 15, 2013 - September 21, 2013 »

在宅酸素

明日、明後日、台風が来る予報なので義父の様子を今日見に行きました。
台風予報のせいか道路はどこも混んでいましたわ。

2週間ほど前に施設から電話があり在宅酸素を導入する事になったそうです。
初めは携帯用を使っていたのですが、数日前に電話があり酸素濃縮装置になったようです。
電話ではよく意味がわからなかったのですが、行ってみると大きな装置がおいてあってびっくりしました。
娘に写真メールを送ると
「空気清浄器ぐらいの大きさジャン、かわいいもんよ」の事です。
低空飛行の健康状態の義父ですが、やはり体力が落ちているようです。

http://www.zaitakusansoryoho.com/hot/h08.html
自己負担分7000円に他の医療費も合わせて上限12000円を超えてしまうだろうから、月々12000円の医療費負担らしいです。

消費税 来春8% かすむ社会保障目的 消費税の還元先は特定業者へ

消費税 来春8% かすむ社会保障目的

安倍晋三首相は十二日、二○一四年四月から予定通り消費税率を5%から8%に引き上げる方針を決めた。増税に伴う景気の落ち込みを避けるため、消費税2%分に相当する五兆円規模の経済対策を併せて実施する。増収分は社会保障費に充てるという増税の目的が事実上、変質する。経済対策も公共事業が中心になるとみられ、国民から幅広く集める消費税の還元先が特定業者に偏る「還元格差」が生じることも考えられる

2%分還元するなら最初から1%だけ増税すればいいじゃない。
還元といいながら特定業者に合法的に票を買収してるのと同じじゃないの!!

貧乏人に金を配るとか非課税を増やすとか役人が焼け太りするような利権の話ばかり。

なんだか気持ちが重くなります。

サギノミクス炸裂!!

消費税率、来年4月に8%…首相が意向固める

読売ポダム新聞の1面は消費税増税の記事でした。
こんなインチキ景気回復で消費税を上げたりしたら、せっかく薄明りが見えた経済がまた落ち込むのは明白なのに消費税を増税するなんて正気の沙汰ではありませんわ。
まあ、こうやって8%・8%とあおって、7%にしますと言って「アベッチ素敵」と人気を取る作戦だとにらんでる人もいますけどどうなんでしょ。

数兆円の景気対策をするというけど、今の日本は復興予算・除染対策・国土強靭化計画と田中角栄時代も顔負けの公共事業目白押し。
今でさえ調達コストが上がって復興の落札が不調に終わっているというのに、この上オリンピックで整備するぞ、景気対策で公共事業だ、じゃ建設コストに増税分が消えるだけのような気がするのですが、私間違ってます。

何より、人件費の高い東京で開発が進めば東北の工事に行く人が減って、ますます復興が進まないような気がするのですが、私間違ってます?

よく見に行くブログであいば達也さんが鋭い事を書いています。
http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya

経済対策を打とうとしているようだ。貧乏人に現金を配るとか、投資減税をするとか、賃上げ企業の法人税を減免するとか、出鱈目な政策を考えているようだ。逆に言うなら、そのような“弥縫策”を弄しないと景気な腰折れするのであれば、現在強弁中の好景気が嘘だ、と確実に認識していると云う証左だろう。それで、意味もなく霞が関の役人が焼け太りするような、手間暇を増やすのだから、“棄民政権”と云うよりも、“棄国政権”の冠を提供したいものである。


アベノミクスが本物なら、小手先のあほらしい景気対策なんてする事ないんですよ。
こんな事しなければいけないのはアベノミクスが詐欺ノミクスである証明だと思いますわ。

増税の対策のために財政出動するなら財政健全化は遠くなると思うのは私だけ?

政府、月内に経済対策=消費増税に備え、補正予算も―安倍首相指示

難しい言葉を並べてあるけど、要は消費税を増税すると景気が悪くなる→景気が悪くならないように政府がお金をばらまく
って事でしょ。
お金をばらまく余裕があるなら消費税増税しなければいいじゃん!と思うのは私だけ?

もともとアベッチは「景気が良くなれば税収が増えるから消費税増税しなくていいじゃん」派だったらしいのですが、見事に財務省に取り込まれたようです。

マスゴミは景気のいい話を垂れ流しているけど、実際は物価がじわじわと上がって庶民の生活は苦しくなる一方だわ。

娘と孫がパパのところへ帰りました。

出産のため里帰りした娘と1か月の孫をパパのところへ送り届けてきました。
今年開通した圏央道を通りアクアラインへ。
海ほたるを過ぎると休憩できる場所がわからないので海ほたるで休憩しようと思ったのですが、ぐっすり寝ている。
そのまま走ると海底トンネルのが嫌だったのか、ガン泣き始めました。
休憩したくとも都会はコンビニにも駐車場が無い!!

娘の指をしゃぶらせてごまかしたり、自宅近くの住宅街に入ったらチャイルドシートから降ろしてこっそりと母乳を含ませたりして何とか無事に到着しました。

昼休みにパパが抜け出して顔を見に来たり、義母さんが「おさんどんが大変だろうから」とおかずを持ってきてくれたりしました。

帰りはジジババだけなので静かなドライブですわ。

赤ん坊の泣き声が聞こえなくなった家でちょっと寂しい夜になりました。

革命輸出ビジネス?

2020年東京オリンピックが決まってマスゴミは大騒ぎ。
しかし、やっぱり何か釈然としないものを感じるのは決定のプロセスでのうさん臭さ。

とりためてあったハードディスクを消化していたら未来世紀ジパングでトルコの暴動に革命ビジネスが関係しているのではないかとやっていたわ。
http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/backnumber/20130902/革命ビジネス?
何かうさん臭い。

北京、リオデジャネイロ、ソチと経済成長が期待できる国がオリンピックを開催して、成長の果実を投資家たちが受け取る開催地が続いたのに、東京が選ばれたのはアジアの成長を日本を通して取り込もうと言う思惑なのか?
TPPや増税から国民の目をごまかすためのエサなのかと疑問は膨らみますわ。

日本が選ばれた大きな要因は「安心・安全」だという。
日本が安心・安全な国なのは国民の教育程度が高く、世界的にみると比較的格差が少なく、絶対的貧困層が少ない事が大きいと思う。
そして教育やインフラの維持管理にはお金がかかる。
それを誰が負担するのか?
今安倍政権が推し進めているグローバル化の下で7年後の日本が今のように治安のいい、安心・安全でいられるのかに不安を感じざるを得ない。

本当に大切なものは見かけだけの豪華さではない事を日本が発信できるようなオリンピックにしなくてはいけないと思う。

間違っても幻の東京オリンピックとなった昭和15年のような事にならないようにしなくてはいけない。

東京オリンピック決定 浮かれ気分の後の不景気が恐ろしい

東京とイスタンブールの決戦投票になったと聞いて期待していたのですが、東京オリンピックが決まってしまったそうです。

はあ~、これで一時的な浮かれ景気が来て、そのあとに恐怖の時代が待っているのだと思うと朝から暗い気分です。

まあ、決まってしまったものは仕方がないのでなるべく次世代に負担を残さないように小さな声を上げていきたいと思います。

« September 1, 2013 - September 7, 2013 | Main | September 15, 2013 - September 21, 2013 »

お気に入り











July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資