Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« January 6, 2013 - January 12, 2013 | Main | January 20, 2013 - January 26, 2013 »

ポッポちゃん、中国へおつかい

ポッポちゃんが中国の招待に応じて中国へ訪問しています。
アベちゃんが中国へ招かれていないのに、国会議員をやめたポッポちゃんが招待されました。
中国はポッポちゃんの後ろにいるオザワさんやその後ろにいるジェイコブ ロスチャイルドさんに秋波を送っているのはアベちゃんは心穏やかでないでしょう。

アメリカ様の中にも日中戦争を警戒している層がいるらしい。
日中戦争が起きると製造業が滅茶苦茶でメイドインチャイナに頼っているアメリカは戦争経済で儲けても品物が無くなり国内大混乱が実像らしい。
日本と中国が仲良くして21世紀大東亜共栄圏を作られるのは困るけど、戦争も困るらしい。

ネトウヨの支持で勇ましい事を言っているアベちゃんは右往左往しているのかしら。

アベちゃんの持病は結構重いらしく大量の薬を服用して副作用で顔がむくんでいるという話もある。
持病の薬の副作用ならまだいいけど、これ以上顔色が悪くなるとヤク中なんて噂をたてられるよ。

とんび

TBSドラマ「とんび」を見ました。
重松ワールド全開!!
重松さんの作品は一時すごく読んだんだけど、その職人的うまさが嫌になって少し離れていたんだけど、やっぱりうまいですね。

昨年NHKで放送された堤真一さん版が好評で賞もたくさん取っているのに連続ドラマとしてぶつけてくるTBSも力入ってます。
内野さんはぴったんこカンカンに出てきて役にのめりこみ方がハンパなかった。
「こりゃ役者さんとしてはいいけど奥さんに離婚されるの、わかるわ(実際は女性問題もあったらしいけどね)」と思うヤスさんぶり。
役が変わるたびにコロコロ変わられたら家庭は大変よね。
2週連続ドラマだったNHK版では描ききれなかった昭和の変遷も細かく描くつもりみたいなので、昭和の情景の変化も楽しみにしたいと思いますわ。

しかし何なんでしょ。あの遺影のようなヤスの写真は?
確かNHKでは物流再編で仕事が変わり東京へ誘われたけど広島に残り小泉今日子さん演じる妙子の店を手伝う事を決めるシーンで終わっていたと思うけれど・・・・
生きてるはずなのにあれはないわよね。

実は日本人はデフレが大好き!!

テレビ東京久米宏スペシャル「実は日本人はデフレが大好き!?」

面白かったです。
番組前半に出てきた若い節約ママさんたちの自分の身の丈に合わせた生活を楽しむ姿勢は勇気をもらいました。

「今の若者は・・・」と言われるけれど、彼らは彼らで時代の空気を感じ取って正しい判断をしているような気がしてます。

今の世の中碁盤の目が埋まっている。
秀吉が活躍した家臣に領地を与える方法で勢力を伸ばしたが、与える領地が無くなって朝鮮出兵という暴挙に出て身を滅ぼしたのに何か似ている。

デフレ脱却というけれど、こんなに近くに人件費の安い東南アジアがある以上、バブル時代の人件費に戻る訳がない。
現在中国の人件費が上がり日本の人件費の安い地方とならあまり人件費が違わなくなってきている。
これ以上人件費の安売り競争をしてバングラディシュなどと争うのはいい事とは思わないが、子孫に借金を残してまでバブル時代に戻りたいとも思わない。

ニトリの社長と浜矩子さんの対談は興味深かった。
ニトリの社長は経営者として合理的で正しいけど、それが積み重なると社会として大きな傷を与えてしまう。
ビジネスマンと学者で最後までかみ合わないけれど、それが合成の誤謬というものだと思う。

結局結論は出ない話なのだけどまず自分のアタマで考えるのが大切なのだろう。

戦後史の正体

戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)

新品価格
¥1,575から
(2013/1/16 17:04時点)

とっても面白かったです。
「政治ってよくわからない」
「何で派閥争いばっかりしてるの」
と思っていたのが、裏にある宗主国アメリカ様の情勢を合わせて考えると今までの常識と大きく違ってくるのね。
そして「アメリカ様」と言っても中には色々な勢力があり、それぞれの利害が複雑にからみあっているという事。
また世界全体の動向により日本という将棋の駒が飛車になったり歩になったりする事。

歴代の首相の中でも印象が変わったのは岸信介と福田父子。
岸首相というと昭和の妖怪と言われてアメリカ言いなりの印象があったけれど、譲れない部分は譲れないと頑張った部分があったんですね。
パパ福田はエリートで何となくとっつきにくい印象があったけど、全方位外交と銘打ち「同じアジア人同士として心と心のふれあいを大事にして民族の多様性を肯定しつつ対等の立場で協力する」って今一番大切な事じゃないですか!
そしてヤスオちゃん、突然の辞任で記者にプチキレして「タカビーな奴」と思ったけど、あれはアフガニスタンへの自衛隊大規模派遣は不可能を貫いたのと破綻確実なアメリカ金融機関への融資を断るために自分が辞めたんだって。
本当の理由が言えないからあんなおかしな会見だったのね。
そしてヤスオちゃんは国民の2兆円を守ったらしい。

だけど赤字体質の抜けないアメリカ様は今度はアベさんに50兆のカツアゲを決定したらしいわ。
あまりにもケタが大きすぎて何が何だかわかりませんわよ。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MGLHAA6JIJVE01.html

http://www.bloomberg.com/news/2013-01-13/abe-aids-bernanke-as-japan-seen-buying-558-billion-foreign-debt.html

この本が出版されたのが2012年8月。
2011年秋にリーマンショックの影響でD/ロックフェラーが失脚したという情報を流している人がいる。
真実は不明だけど、そういえば2011年から2012年にかけて今まで語られる事のなかった明治から昭和にかけての世界の話が出回るようになった。

確実に世界のパワーが動いているのだと思う。
占領後東西冷戦が進み、アメリカが日本に対する態度を変えた時
東西冷戦が終わりアメリカが日本を経済をおびやかす敵と態度を変えた時。
そして今またアメリカは日本に対する態度を変えようとしている。
新しい世界がどうなるかはわからないけど、時代を見据えないと生活が守れない時代が来ているようです。

マギ!

昨日の大雪で首都圏は大混乱
温暖な気候が売りのわが市でも路面が凍結したのだから山の上の政令指定都市方面ではかなり道路状況が悪いのではないかと思います。
パルシステムの配達が遅延しています。
怒るよりも配達の人が心配ですわ。

録画してあった「マギ」を見ました。
凄い!!これが少年漫画か・

いや^~、はじめの頃は絵がきれいなだけのファンタジーかと思ったんだけど、バルバッド編になったらいきなり現在の世界情勢の問題点など千夜一夜物語をモチーフにした架空の世界の話としてわかりやすく物語としてまとめてある。

これこそアニメの力ですね。
日本の誇りアニメーションですわ。

雪の祝日

いやはやびっくりする大雪になりました。
めったに雪の降らない当地でもみぞれ交じりのベタ雪ながら地面に雪が降り積もっております。
テレビを見ると東京でも雪が降っているようです。
雪に弱い都会の事大混雑が予想されます。
野菜がただでさえ高いのにまた上がるのかしら?

成人式の子たち大変だろうなと思ったらわが市は田舎なので昨日成人式だったようです。
良かったですね~。

天地明察

天地明察 上・下 冲方丁 著/角川書店

価格:1,159円
(2013/1/13 17:36時点)
感想(0件)

娘から借りた文庫本。
「返すのいつでもいいよ」との言葉に甘えてちんたらちんたらと読んでやっと読み終わりました。

物語自体も面白かったのだけど、下剋上の戦国時代から安定の徳川時代に移るための為政者の苦労などの部分が今の時代にも通じるものがあって興味を持ちました。

文章では江戸時代の服装のしきたりなどわかりずらいのでDVDを借りようかしら?
でもその前にハードディスクを消化しないといけないのです。

« January 6, 2013 - January 12, 2013 | Main | January 20, 2013 - January 26, 2013 »

お気に入り











June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資