Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« May 12, 2013 - May 18, 2013 | Main | May 26, 2013 - June 1, 2013 »

中国・ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日

中国・ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日―一極主義 vs 多極主義

新品価格
¥1,575から
(2013/5/25 15:50時点)

2007年に上梓された本。この手の本は6年もたっていると意味がない事が多いのだけれど、とっても面白かったです。

陰謀論に分類されるのですかね。
わかりやすくて、ときおりユーモアのある文体で好感持てます。

独裁者でも食わせてくれるプーチンを民衆は支持している。
上層部は政治的理念で動く人物もいるが、庶民はやっぱり「食料」

言いえて妙だと思います。
なぜ日本人は原爆を落とされて空襲で焼け野原にされたのにアメリカ好きが多いのか。
やっぱり「ギブミーチョコレート」ですよね。
そして一般のアメリカ国民は陽気でいい人も多かった。

やっぱり食わしてくれる人が一番。
だけど、食料が無いほどの貧困は困るけど、コンピューター上のお金が増える為だけに売ってはいけないものがあるのも日本人は知っていると信じています。

グローバル恐慌の深層

グローバル恐慌の真相 (集英社新書)

新品価格
¥777から
(2013/5/24 15:46時点)

の中野さんと の柴山さんの対談集

大変参考になりました。
「資本主義」と「市場主義」は似ているようで全く別物。
以前はこれほどまで乖離していなかったと思うのですが、今や共産主義と資本主義並に別物になっているのだと思いました。
その部分が混乱されているから現在の状況がわかりにくくなっているのだと思いました。
資本主義とは数年後の利益を見込んで資本を出すこと。
だから為替や金利が不安定では安心して投資できない。
だけど至上主義は安定していては利益が出ない。短期間で変動する方が大きく儲けられる。

アベノミクスだの掛け声だけで為替が1年もしないで30%も40%も動いては安心して投資なんてできないですよね。
成る程。

需要には将来の供給をつくる投資も含まれている
という説には考えさせられました。
現在だけを考えれば「足るを知る」でもいいのかもしれないが、将来の供給をつくる投資も考えるというは難しい問題だと思いました。

昨日大幅に下げた株価は今日は上がったり下がったりで128円高。
参議院選までは意地でも大幅に下がらないように調整するだろうという見方が大勢ですが、「実態の伴わない。最初からバブルと言われている株価」ですから、参議院選挙の後が恐ろしいですわ。

アベノミクスじゃなくてアベノリスクになってきた

日経が1143円安の大暴落したそうです。
そう聞いても「ずいぶん長くバブルが持ったわね」という気持ちが強いです。
株が上がったと言っても、もともと不当な程安くされていた株価が戻っただけ。
実体経済は何も変わっていない。
投機筋が儲けただけ。

今日の新聞にトラック協会が意見広告を出していました。
燃料費高騰で走れば走るほど赤字で大変だそうです。

山崎パンが値上げを発表。

今は円安で株価が上がっているけれど、好調な車業界も数か月後には原材料費の高騰で利益がかなり減るという見方もある。

それより問題なのは国債金利の上昇。
難しすぎてよくわからないのだけど、これはとっても、とっても日本国にとってヤバい事らしい。

急増する奨学金の滞納

昨日のハートネットTV シリーズ貧困拡大社会納」「急増する奨学金の滞納
大学がレジャーランドと言われた時代はいずこに?
今や大学生の二人に一人が奨学金を受けているという。
(我が家の息子も娘の旦那さんも借金持ちです)

昔は大学を出ればホワイトカラーに就職できる可能性が高くなるエリートコースだったが、今は大学を出ても正社員として就職できる保証はない。

非正規雇用になり、奨学金を払いたくても払えない若者が増加しているという。

さらに若者を追いつめるのが「滞納利息」
サラ金でさえキチンと支払ってくれるなら「滞納利息」については交渉に応じてくれるのに、奨学金は問答無用で10%の滞納利息をつけて返しても返しても元金が減らないというアリジゴクへ若者を落とし入れている。

尾木ママが「資格試験をバイトがあるからと受けなかった学生がいた。普通に考えれば資格よりバイトが大事なのかと怒るけど、よく話を聞くと彼はバイトで親に仕送りをしていてバイトは生活の為に休めないのだという。生活の為に将来の夢が閉ざされるのは間違っている」と言っていたけれど、全くその通りだと思う。

やっと政府も重い腰を上げて滞納金利については見直されるようですが、教育は未来への投資。
教育にお金をかけない国は亡びる。
真の成長戦略は未来の子供たちを育てる事だと思います。

イマドキPTAのつきあいかた

昨日の「アサイチ」は「イマドキPTAのつきあいかた

相変わらずPTAの役員決めは春の主婦の憂鬱の種のようです。
それでも昔に比べると「PTA自体は悪くないが時代に合わなくなっている部分が改善されていない」という論調が主流になっているようでいくらかは進歩(?)しているようです。

まだ数は少ないようですが、改革に成功したPTAもあるらしいです。
番組を見ると「いいな」と思うけど本部役員になると大変そう。
やる気のある本部の方が10人ほどいればこういうやり方はいいと思います。

「イクメン」とブームと言われるように今の若い人は自分の子供の子育てにけっして無関心じゃないんですよ。
通学路の見張りや運動会のお手伝い、校庭の草むしり、学校備品の補修手伝いなど「自分の子供に還元されている」という実感のある仕事ならボランティア募集の形にしてもある程度参加者は集まるんです。
問題は「誰のためにやってるの」と思う仕事が多すぎる事。

番組に寄せられたファックスで「家の学校はPTAを廃止してPTAに似た組織にした近隣の学校もそうしている」という意見があったけれど、そんな手もあるのね。

確かにPTAが出来て60年以上。運営ノウハウは蓄積されている。
PTAを廃止してフランチャイズを抜け自分たちのPTA類似組織を作ればロイヤリティ(連合会からの動員要請等の上納金)を払わなくていいからいいアイディアかもしれないわ。

スペシャリスト

つよぽんのドラマ「スペシャリスト」見ました。
面白かったです。
続編か連ドラがありそうな展開でたのしみです。

つよぽんというと「いい人」や「僕の生きる道のような真摯に生きる真面目な人の役柄のイメージが強いけど、とらえどころのない役もいいですね。

キムタクのように「何をやってもキムタク」のような押し出しの強さはないけれど、どんな役でも「この役は草薙君だから成り立つんだろうな」と思わせる所はある意味名優なんでしょうか。

OUTLOOKのメールが消えた

OUTLOOKの受信トレイから先週分のメールが消えてしまった。
たぶん、何か間違った操作をして消してしまったのだと思うが、原因がわからない。
先日も「あれ、とっておいたはずなのに消えてる」と思った事があったのだけど気にしていなかったけど2回目となると原因がわからないと困るわ。

でもメカ音痴なのでわからないのよね。

« May 12, 2013 - May 18, 2013 | Main | May 26, 2013 - June 1, 2013 »

お気に入り











November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資