Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« 違法ハウス | Main | 選挙の前に極右の本性現しちゃっていいの? »

プーチン最後の聖戦

プーチン 最後の聖戦 ロシア最強リーダーが企むアメリカ崩壊シナリオとは?

新品価格
¥1,680から
(2013/7/18 18:20時点)

陰謀論のカテゴリーに入ると思いますが、滅茶苦茶わかりやすくて面白かったです。
2003年ごろロシア周辺でカラー革命があったというニュースがあったと思うのですが、「ロシアの方の事は関係ないわ」と思っていました。
その騒動が今につながっているんですね。
これだけ世界がつながっている以上、日本だけでは決められない。世界も見渡さないといけないのですね。

「人間やっぱり自由よりメシ」「メシが足りると自由も欲しくなる」は名言。
メシがやっぱり一番。だけどメシが足りるとより贅沢が欲しくなる人や、名誉が欲しくなる人や、いや次世代や治安を守る事が贅沢するより大切だと思う人が出てくる。
複雑なような国際関係も表向きのきれいごとをはがすと、真実が見えてくるのだと思います。

日本はアメリカの天領で政治家はアメリカのいいなりとぼやきながらも世界一治安のいい国で豊かな生活を送れていた。
でもアメリカ様は借金まみれでもう世界の警察はできない。
ソ連が崩壊して周辺国が独立したり経済が混乱した時代が今アメリカの衛星国で起きる可能性が高くなっていると自覚しないといけない。

アメリカ一極時代から新東西冷戦時代、そして米中に極時代に時代はすごいスピードで変化していたのね。

米中二極の勝者予想は著者の予想が近いと思います。
アメリカは財政危機に陥り中国が勝ったように見えるが中国もすぐにトップからすべりおちてはっきりとした勝者はつかない。

多極化を目指したプーチンの「引き分け」狙いの世界の経営者への挑戦状は、最終的にどういう結果になるか見えないものの絶対的な勝者は生まない闘いになりそうですわ。

アメリカはヒスパニックやアジア系の増加により内部から国際金融資本が支配する今のアメリカと変わっていくと思うし、いずれ中国も連邦国家や国家連邦になるような気がする。
一億の人口がいて教育熱心な国民性の日本はトップにはなれなくとも、それなりに存在感を示せる国になる可能性はまだまだいっぱい残されていると思う。

« 違法ハウス | Main | 選挙の前に極右の本性現しちゃっていいの? »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

英語には時制がある。英米人には意思がある。意思は未来時制の文章内容である。文章には意味がある。矛盾があれば、指摘できる。議論の対象になる。議会での意思決定が可能である。
日本語には時制がない。日本人には意思がない。が、恣意がある。恣意は文章にならない。小言、片言、独り言の段階で終わる。意味がないので議論の対象にならないが、談合の題材にはなる。一座の者が首を縦に振れば決着する。以心伝心である。これは、勝手な解釈というべきか。議会には、決められない政治がある。
拙い議会政治の抜け道として、日本人には、阿吽の呼吸・以心伝心が必要である。恣意のぶつかり合いでは、どうにもならないから、とりわけ和をもって尊しとなす。いつも静かに笑っている。このような言語状態では、日本人の主張に外国人から理解を得ることも難しい。

‘今ある姿’ (things-as-they-are) は、現実の姿である。過不足なく成り立っている。
‘あるべき姿’ (things-as-they-should-be) は、非現実の姿である。非現実の話も、過不足なく成り立たせなくてはならない。非現実の内容を過不足なく成り立たせるためには、文章が必要である。日本語には時制がない。遠未来・遠過去などの非現実を表す文章はない。だから、過去は迅速に風化し、未来は一寸先が闇に見える。日本人の未来の話には筋がない。我々は、以後も何処にも移動しない。鎌倉右大臣ではないが、’世の中は、常にもがもな’ (世の中の様子が、こんな風にいつまでも変わらずあってほしいものだ。) である。天下泰平の世の中。現在に関しても場当たり的な発言をする。文章ができていない。歌詠みのようなものか。

現在の地球は英米の世の中。相手は、’我々は何処から来たか。何者であるか。どこに行くか。’ を考えた上での提案をしてくる。ちょうど、インド人が、前世・現世・来世へと考えを移動させてゆくようなものである。日本語脳の脳裏では、過去の内容・現在の内容・未来の内容をそれぞれ独立の世界として展開させることが難しい。これらの命題は、英語の時制 (過去・現在・未来) に対応している。我々日本人にとっての眠りを覚ます上喜撰 (蒸気船) となる。日本人が、何の当てもなく、否定形を駆使して、消去法の一本槍で応戦していたのでは、彼らも取りつく島がない。我々は、彼らと考えを共有する友達にもなれない危険な状態を続けることになる。我が国は、世界の中にあって、世界に属さず。

我々は、いつまでも無哲学・能天気ではいられない。我が国の伝統芸術の保護育成のために日本語に磨きをかける一方、有用な議論を盛んにするために、英語にも磨きをかける教育も必要である。さすれば、日本は、鬼に金棒の国になる。英文和訳の習熟は、この目的には役立たない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

コメントありがとうございます。

何度も読んだのですが、おバカなB層主婦には理解できませんでした。
でもnogaさんのおっしゃっている事は頭の隅にいれておきます。

This design is steller! You obviously know how to keep a reader amused. Between your wit and your videos, I was almost moved to start my own blog (well, almost...HaHa!) Wonderful job. I really enjoyed what you had to say, and more than that, how you presented it. Too cool!

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33890/57816683

Listed below are links to weblogs that reference プーチン最後の聖戦:

« 違法ハウス | Main | 選挙の前に極右の本性現しちゃっていいの? »

お気に入り











June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資