Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« 一貫して米ペース TPP 事前協議の舞台裏 | Main | 娘が滞在しています »

労働権州

昨日のハートネットTVはシリーズ貧困拡大社会奪われたアメリカンドリーム

アメリカが景気回復して製造業が戻ってきたと言っても雇用環境は悪化しているようです。

労働権という法律にはびっくりしました。
アメリカNOW 第99号 労組組合運動の分水嶺?“牙城”のミシガン州で「組合弱体化法」が成立

労働権を導入した州がカナダから工場を誘致してカナダでは反対運動があったけど、結局工場が移転して労働者は職を失った。
労働権の州は雇用環境が悪く時給は最初は10ドルから徐々に上がるものの何年たっても20ドルを超える事はありません。

一日8時間働くとして20×8×20日で月3200ドル(約32蔓延)月25日で4000ドル。
アメリカの税率や物価はわからないけど、悪名高い医療保険の国では病気になったらたちまち貧困層に逆戻り。

グローバル化で東南アジアの国々と賃金を争わないといけない時代、ある程度賃金が下がるのは受け入れないわけにはいけないとわかるけれど、安心して暮らせる賃金は欲しい。

アベッチが賃上げを経済界に要請して企業が受け入れたのは組合の弱体化が目的なんだろうと思う。

« 一貫して米ペース TPP 事前協議の舞台裏 | Main | 娘が滞在しています »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33890/56989349

Listed below are links to weblogs that reference 労働権州:

« 一貫して米ペース TPP 事前協議の舞台裏 | Main | 娘が滞在しています »

お気に入り











November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資