Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« マギ! | Main | 実は日本人はデフレが大好き!! »

戦後史の正体

戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)

新品価格
¥1,575から
(2013/1/16 17:04時点)

とっても面白かったです。
「政治ってよくわからない」
「何で派閥争いばっかりしてるの」
と思っていたのが、裏にある宗主国アメリカ様の情勢を合わせて考えると今までの常識と大きく違ってくるのね。
そして「アメリカ様」と言っても中には色々な勢力があり、それぞれの利害が複雑にからみあっているという事。
また世界全体の動向により日本という将棋の駒が飛車になったり歩になったりする事。

歴代の首相の中でも印象が変わったのは岸信介と福田父子。
岸首相というと昭和の妖怪と言われてアメリカ言いなりの印象があったけれど、譲れない部分は譲れないと頑張った部分があったんですね。
パパ福田はエリートで何となくとっつきにくい印象があったけど、全方位外交と銘打ち「同じアジア人同士として心と心のふれあいを大事にして民族の多様性を肯定しつつ対等の立場で協力する」って今一番大切な事じゃないですか!
そしてヤスオちゃん、突然の辞任で記者にプチキレして「タカビーな奴」と思ったけど、あれはアフガニスタンへの自衛隊大規模派遣は不可能を貫いたのと破綻確実なアメリカ金融機関への融資を断るために自分が辞めたんだって。
本当の理由が言えないからあんなおかしな会見だったのね。
そしてヤスオちゃんは国民の2兆円を守ったらしい。

だけど赤字体質の抜けないアメリカ様は今度はアベさんに50兆のカツアゲを決定したらしいわ。
あまりにもケタが大きすぎて何が何だかわかりませんわよ。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MGLHAA6JIJVE01.html

http://www.bloomberg.com/news/2013-01-13/abe-aids-bernanke-as-japan-seen-buying-558-billion-foreign-debt.html

この本が出版されたのが2012年8月。
2011年秋にリーマンショックの影響でD/ロックフェラーが失脚したという情報を流している人がいる。
真実は不明だけど、そういえば2011年から2012年にかけて今まで語られる事のなかった明治から昭和にかけての世界の話が出回るようになった。

確実に世界のパワーが動いているのだと思う。
占領後東西冷戦が進み、アメリカが日本に対する態度を変えた時
東西冷戦が終わりアメリカが日本を経済をおびやかす敵と態度を変えた時。
そして今またアメリカは日本に対する態度を変えようとしている。
新しい世界がどうなるかはわからないけど、時代を見据えないと生活が守れない時代が来ているようです。

« マギ! | Main | 実は日本人はデフレが大好き!! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33890/56554913

Listed below are links to weblogs that reference 戦後史の正体:

« マギ! | Main | 実は日本人はデフレが大好き!! »

お気に入り











April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資