Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« December 9, 2012 - December 15, 2012 | Main | December 23, 2012 - December 29, 2012 »

アベノミクスの光と影

いやはや市場は自民政権を歓迎して株は上がるし円は安くなるわ、「これは財務省が消費税を上げたいから名目だけでも景気回復するために仕組んだことで一時的なもの」とわかっていても景気のいい話題が新聞トップにくると気持ちがいいものです。

しかしこれは消費税増税に景気条項があるから形だけ景気回復に見せるように仕組んでいるだけ。
今までアメリカやヨーロッパとの力関係で実力以上に下げられていた日本株だけにしばらくは上がるし、公共事業も絞りすぎていたので公共事業に金を出せばしばらくは土木業者をっ中心に潤うでしょう。
でも10年で200億なんてばら撒き以外何物でもないじゃない。
民主党のコンクリートから人へは全部間違っていたわけじゃないと思うわ。

自民党が政権をとると株が上がる。これがわかっていれば安くなった日本株を仕入れて大儲けした人たちがいるんでしょうね。
そういうファンドが裏から大きな力を使って今回の自民党の圧勝を演出したのでしょう。
次は日本国債ですか?
国民が住んでいる国を使って博打ゲームはやめて欲しいものです。

ゆるく考えよう

ゆるく考えよう 人生を100倍ラクにする思考法

新品価格
¥1,365から
(2012/12/21 06:30時点)

この前読んだ「ゆるく考えよう」よりは面白かったです。

色々な意見はありましょうが、多数派が正しいわけではない。
大事なものはコストで決めない
などなるほどと思う事が多々ありました。

防災グッズは必要?というコラムの

防災グッズの多くは実務的な有用さというより「買っておけば安心」という「お守り効果」を売る商品。

実際に災害が起きた時に役立つのは、体力・精神力・判断力・不便な中で工夫する力・コミュニケーション力などお金で買えないもの。

というのは成る程と思いました。
わが自治会でも自主防災組織なるものをつくり、補助金が出るからと購入したものを見ると「それ、実際使えるの?」というモノばかり。
あげくにそれらを収納するために大きな物置を防災倉庫という名前で購入しました。
以前あったものも整理整頓できず会館をゴミ屋敷にしたのに管理できるんでしょうかね?

思い通りの死に方

思い通りの死に方 (幻冬舎新書)

新品価格
¥777から
(2012/12/20 09:53時点)

大往生いたければ医療とかかわるなが年間ベスト4という大ヒットの中村仁一さんと「廃用身」の久坂部さんの対談集です。

2回計6時間かけて行われた対談という事でダブりも多いのですが、医療の現場の話が面白いです。
サプリメントの大宣伝に対する「詐欺とまでは言わないが・・・」「安心料として払うのならいいが・・・」これはサプリメント広告で成り立っている今のマスコミでは放送不可能な内容ですね。

ノーベル賞前の対談らしく山中教授が「最近は研究より金集めに忙しいらしい」「金を集めないと研究費が出ないのはわかるが、あまりにも夢物語」などちょっとビックリ。
確かに最近はどうなんだろう?と思うものも多いけれど、そういう中から白内障レンズのようにコストと体力負担の割に患者のQOLを飛躍的に上げる手法も確立されている事を考えるとこれは難しい問題ですね。
延命治療を途中でやめる選択肢を確立すべきというのは激しく同意したした。
胃瘻も悲惨な状態になるケースが多いのですが、良いケースもあってこれは胃瘻に否定的な久坂部さんでも「やってみないとわからない」そうです。
本人も死にたがっているような人を死なせないような医療にはNOと言えるようにはなって欲しいと思います。

「持たない」ビジネス儲けのからくり

「持たない」ビジネス 儲けのカラクリ (角川oneテーマ21)

中古価格
¥570から
(2012/12/19 08:29時点)

元々金子さんはテレビ・ラジオなどのメディアではひょうきんなキャラを演じていましたが、著作では真面目な面を出していましたが、この本は以前の著作に比べて非常に重厚な論調になっています。 やはり自分の余命が短い事を知っていて書いた文章の重みなんでしょうかね。

読んでいて「今の時代の選択としては金子さんの言う事が正しいのだろうけど、何でもかんでもレンタル・外注でいいの?」と暗い気持ちになりましたが、あとがきにかえて「持たない経営は私たちを幸せにするのか?」が金子さんが一番伝えたかった事なんだろうと思いました。

金子さんは経済関連の専門誌に経営者向けに「持たない経営」たとえば正社員を雇用するのではなく、パート・アルバイトの戦力化といった美名のもと、人件費を限りなく抑えながら、最大限の売り上げ、」利益を目指す手法について執筆していました。
ところが正社員が減り、パート・アルバイトの戦力化が進んでくると経営者向けの雑誌であるが故に読者離れも顕著となり実売部数が減少。
持たない経営を推奨すればするほど、雑誌が売れなくなり、自分の執筆機械も失うというジレンマを経験し、何が幸せなのかわからなくなったそうです。

今の日本で起きている事はまさにこの合成の誤謬だと思います。
自社で工場を持つよりも外注に出す方が短期の経営としては正しいのだろうとおもいます。
日本では研究開発、マーケティングのみ、生産ラインは海外というビジネスモデルはこれからも成立し続けられるのでしょうか?
私には現場を離れた所で新しいアイディアや発見はできないと思います。

大変に難しい問題なので簡単に答えは出ないけれど、日本だけでなく世界全体が突きつけられている問題なのだと思います。

最後に金子さんのご冥福をお祈りいたします。

小選挙区24% 比例代表15% 自民 民意薄い圧勝

小選挙区24% 比例代表15% 自民 民意薄い圧勝

今日になってマスゴミもあまりにも民意と乖離した選挙結果にあわててアリバイ作りのような検証作業をしているようです。

郵政選挙で大勝した時より比例に限っては20議席も少なく野に下った2009年より低い得票率で300近い議席を獲得している。
自民大勝というけれど実はほんの少しの振り子の揺れで大きく結果が違ってくる微妙なバランスの上の大勝だったんだ。
それなのになぜマスコミは事前に300議席と予想できたのか?
開票して間もなくほとんど同じ議席予測ができたのか?

「不正選挙」説を聞いても数年前なら「バカじゃない」と相手にしなかったけど、今回の選挙はあまりにも不自然な点が多く疑問を感じえない。
投票所はそこそこ混んでいたのに戦後最大の低投票率。
投票率が低いのに8時前に投票所を閉めてしまった投票所が多数あるとか。

湯浅さんが「選挙が終わったら終わりでなっく選んだ政治家にこれからもモノを言わなくてはいけない。たとえば自民党に投票したとしても自分は景気回復は支持したけれど国防軍については違う選択をして欲しいのだと言わなくてはいけない」だそうだ。

選挙の結果に凹んで諦めたらいけないのよね。
私は自分の子供が戦場に行くかワーキングプアで過労死する程働くかの2者択一したかないような社会に生きて欲しくない。
とりあえず参議院選挙まではアベさんも「国防軍」は持ち出さないだろうから当面の岐路は日銀総裁らしい。
これが人によって言う事が違うからよくわからないのだけど、もろ刃の剣になりかねない話らしい。
経済の事に興味を持って考えていこう。
諦めずに小さな声でも上げ続けていこう。

自公圧勝325席

まあ、自民党が建設国債バンバン刷るから景気回復で市場は動いていたから自民圧勝は既定路線だけど、あまりの圧勝ぶりにショックで昨日から落ち込んでますよ。

自民、公明、維新、みんなと右寄りの政党が大政翼賛会作ったら日本はどんな国に突き進むんでしょう。
私は自分の子供たちを戦争に行かせたくないし、過労死もさせたくない。
ネットでは不正選挙がささやかれているけれど、投票所はそこそこ混んでいたのに「戦後最低の投票率」といいい、あまりにも少なすぎるリベラル議員の当選数、8時前に投票を切り上げた投票所が多数あるなど不自然な事がいっぱい。

まあ、アベさんも来年夏の参議院選挙まではおとなしくしているでしょうけど、そこまでが正念場。
少しだけの希望は数年前までは女が政治の事を話すと変わった人と思われたけど、ネットではB層おばちゃんでも政治に興味を持つ人が増えてきた事。
わが子を過労死させたり戦争に行かせたくなかったら政治に興味を持たないといけませんわ。

竹中平蔵とコイズミがバックについているという維新が暴走老人シンちゃんと橋の下さんが内紛を起こしてくれないかと期待しているんだけどダメでしょうかね。

今日は選挙

「カルピス」に記憶力改善作用
本当なんでしょうかね?
またスーパーの店頭からカルピスが消えるのかしら?

何はともあれ今日は選挙。
数日前とうって変って今日は温かく一日晴れる模様。
投票率が下がる方がうれしい党はヤキモキしているかもしれません。

既得権益を持っている人たちとアメリカ様の力は大きいけれど、ここで踏ん張らないt若者の未来は暗い。
特に若者の皆さんには選挙に行ってほしいと思います。

選挙特番は池上さんを見るつもり。
前回面白かったもん!!
テレビ東京が民放1位の視聴率とったら話題になるでしょうね。
瞬間でもNHKを視聴率で抜いたら大快挙ですよ。
他局のラインナップ見ると民放1位は十分ありえると思いますよ。

« December 9, 2012 - December 15, 2012 | Main | December 23, 2012 - December 29, 2012 »

お気に入り











November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資