Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« December 2, 2012 - December 8, 2012 | Main | December 16, 2012 - December 22, 2012 »

期日前投票に行ってきました

明日はお仕事をしようと思うので期日前投票に行ってきました。
マスゴミは期日前出足不調と言っていましたが、結構混んでましたよ。
リクエストした本が届いた隣の市の市民センターも駐車場がいっぱいだったし、最近のマスゴミさんは危ない方に誘導しているようで怖いわ。
ネットで「鉛筆で書くと消しゴムで消して書き換えられる」という噂があるので持参のボールペンで投票してきましたわ。

既定路線は変えられないだろうけど、少しでも抵抗しないと大政翼賛で戦争まっしぐらになってしまうわ。
これ以上子供たちの生活を目茶目茶にしてはいけないと思うのよ。

アベノミックス

嘘かホントかわからないけどシティバンクが「アベ首相が誕生すると金融緩和が行われて日本の株価があがる」というメールを一斉配信という噂がある。

真実かはわからないけど市場はアベノミックスで株が上がると既定路線で進んでいる。

景気回復は嬉しいけどこれは財務省が消費税を上げるために束の間の景気回復を演出するための金融緩和だから素直に喜べないわ。

ローマ法王に米を食べさせた男

ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?

新品価格
¥1,470から
(2012/12/13 15:52時点)

カンブリア宮殿に高野さんが出演していて興味を持ったのでリクエストして借りました。
公務員や農協の在り方について考えさせられる事がいっぱいあります。
題名になっている「神子原米」のブランド化のエピソードだけでなくそのほかにも色々な手段で地域を活性化しようとしている。
農協や自治体の石頭ぶりだけでなく地域の人たちの理不尽な行動もしっかりと書いてある。
若い人たちが地域を離れるのは経済的理由だけでなく、こういう年寄が多いからなのよね。と思うエピソードもしっかりと書いてあって好感が持てる

この前の釣瓶の家族に乾杯にも出てましたね。
マスコミをうまく利用しています。
CIAの手法だそうです。

自然農法の章は半信半疑
耕作放棄地が宝の山というのは本当かしら?
もしそうなら目からウロコ。

北朝鮮ミサイルと角田容疑者自殺

今日は大きなニュースが立て続けに飛び込みました。
解体したと聞いていた北朝鮮がどこからかミサイルを発射。
あらら、最近の衛星は精度がいいからかなり詳しい事がわかるはずなのに、別の場所でミサイルを準備していたのかしら?
しかも日本の選挙が12日で韓国の選挙が19日のこの時期にミサイル発射なんて裏に何かあるのかと思ってしまうわ。

角田被告が留置場で自殺ですって。

留置場で自殺って管理体制はどうなっていたのかしら?

何だか変な事が続くわ。

リストラ危機

何度も何度もリストラ危機にあいながらかろうじて居残っていましたが、今度の組織改編はヤバそうです。
あと2年足らずの定年まで持てばと期待してましたが、今度は覚悟を決めないといけないかもしれません。
まあ、条件等照らし合わせてじっくりと考えます。
合併後の会社に残れても厳しい雇用条件で仕事をこなせるかも不安ですが、少しばかりの上澄み退職金に飛びついてもすずめの涙。
仕事が厳しかったらその時やめようでとりあえず残るか、応募するか暗い年末年始になりそうですわ。

まあ、先行き暗くなってもう何年。
子供も一人は結婚、もう一人はまだ学生ですがあと1年ちょっとでたぶん卒業(しなくてももう親は金だせないもんね)
数年前に比べれば随分気は楽になったいるのでまだマシなんでしょうね。
これでマシとは日本はひどい国になったものです。

房総のダル 暴走

西武2位指名の“房総のダルビッシュ”が暴走! 無免許運転&スピード違反で入団取り消しも

テレビで見て頑張ってほしいと思っていただけに残念なニュースです。

彼が児童養護施設に入った理由は明かされていないので不明ですが、少年りーぐに入っていた少年が中1から養護施設に入ったのは相当な理由があるはず。
ここで彼から野球をとったらどういう人生になるかを考えると厳しいペナルティと監視の上で野球の夢を追わせてあげて欲しいわ。
そして金銭面で夢をあきらめている若者に夢を与えられる選手に育ってほしいですわ。

西武で無免許とくれば監督役は黒岩さんよね!!

日本で知った、「幸せ」の値段

テレビで活躍のにしゃんたさんが、日本に来てから現在までの軌跡をその時その時の値段にからめて書いていく本。
ボーイスカウトで来日した時にホームステイさせてくれた家を頼って無一文で来日するとは大胆ですね。
それからいろいろな経験をして現在のにしゃんたさんが生まれたそうです。
色々な事を考えさせてくれる本です。

最後の章でにしゃんたさんの愛娘「共笑」ちゃんの名前を付けた由来、講演でも話すそうですが、自分と他者との関連性の話はいいと思いました。

ホワイトボードに十字の線を引いて縦線の上端に変化する。下端に変化しない。横線の右端に受け入れる。左端に受け入れない。
変化しない、受け入れないは「敗訴」
変化する、受け入れない「同化」
屁なkしない、受け入れる「住み分け」
受け入れる、変化する「共楽」「共学」「共育」「共活」「共笑」

同化はにしゃんたさんは「自分は変わらないけれど、他者が変化することによって共に生きていくことができるというスタンス」と解説しています。
にしゃんたさんが日本に来てからの苦労の連続から得た話でしょうなんでしょうけど、日本は自分は変わらないで相手に同化を求めているようで自分も少しだけ変わっていつの間にか同化している文化のような気がします。

日本は島国で閉鎖的だと言われているけど、意外と権力争いに負けた人も皆殺しにしない文化があったんじゃないかという気が最近しています。

« December 2, 2012 - December 8, 2012 | Main | December 16, 2012 - December 22, 2012 »

お気に入り











November 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資