Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« September 30, 2012 - October 6, 2012 | Main | October 14, 2012 - October 20, 2012 »

放射能のタブー

放射能のタブー

新品価格
¥1,680から
(2012/10/13 18:08時点)

福島の事故についてはいろいろな人が色々な事を言うのでだんだんわからなくなってしまった。
この本に書いてあるように本当はチェルノブイリと比べればはるかに少ない放射能なのに、最終処分地を作りたいから住民の立ち入れないようにしているのが真実なのかどうかもわからない。
だけどお金がからむと色々な事がゆがめられているのは理解できる。

自分の頭で考えないといけないとまたまた改めて思いました。

買って復興支援

岩手県宮古出身の方が「富士醤油は岩手県の方にとってはなくてはならない味」だと言っていました。
震災後はなかなか手に入らなかったのが、最近は手に入るようになったとのこと。
被災地はまだま復興にほど遠いそうです。
ぜひ買って復興支援に協力して欲しいとのことでした。

娘がガラケーに戻したそうです。

以前から「通信費高いからガラケーに戻そうかな」と言っていた娘がギャラクシーからガラケーに戻したそうです。(スマホにした時のガラケーをとってあったそうです)
一番安いプランにしてお父さんとお母さんから通話費分けてもらうから無駄な電話しないでね。とちゃっかり言われました。
先日は欲しかったタブレットが発売されるというガセをつかまされてチャリで家電量販店に走ったそうです。
「お母さんに説明するには電話のできないアイフォン」という代物だそうです。
「そんなの必要なの?」と聞くと職場に持っていくにはその方が便利だそうです。
全く最近の機械はわけわかりませんわ。

楽天の陰謀 送料にまで手数料

楽天、「送料込み」に価格統一へ 11月から

楽天は11月から、自社のネット通販サイトの価格を「送料込み」の表示に統一していく方針を固めた。「支払う総額がわかりにくい」といった客の声に応える形だが、加盟店から徴収する「手数料」を増やすねらいもある。

 楽天の通販はモール(商店街)型と呼ばれ、約4万の業者が楽天のサイトに「お店」を出して物を売っている。楽天は各店から商品代金の2~6.5%の手数料を徴収して稼ぐ仕組みだ。

 11月からは店側に「送料込み」の表示を要請する。同時に、これまでは手数料の算定対象にしていなかった送料部分も対象にする。送料は通常、購入者がいったん店側に支払い、そこから宅配業者などに支払われる仕組みだ。

「送料込」って一見得してるようだけどキチンと送料は送料で表示してくれた方が親切よね。 価格コムが送料無しの価格と送料込の価格を並べ替えできるんだから、楽天でできないわけがない。 これは送料まで手数料をかけようという楽天の陰謀以外何物でもないと思うわ。 楽天は手数料収入を上げようという魂胆だろうけど、送料込にすると、 ○○以上で送料無料という言葉につられて小物をついで買いする客も減って楽天は売上下がるような気がするわ。

今でも楽天の手数料はヤフーより高いという話だし、楽天とヤフーやアマゾンに出品している業者は多いからしっかりと比較しないといけないわ。
何より直販している場合は直販が一番安いケースが多いからしっかりしないといけないわ。
ポイントの陰謀につられて無駄なものをかわないようにしないといけないわ。

いただいておいしかったのでチェックしたら直販サイトの方がメッチャ安かったです。
楽天が安いという時代は終わったわね。

山中教授ノーベル賞受賞おめでとうございます!!

山中教授、ノーベル賞受賞といううれしいニュースが飛び込んできました。
このところ明るいニュースがなかったので久しぶりに日本中が明るくなるような話題でとてもうれしいです。

ノーベル賞というとかなり実績をつまないと受賞できない賞というイメージだったので2000年代に入ってからの研究が受賞したのはビックリです。

ノーベル賞受賞でもともとは臨床医を目指していたのが、あまりの不器用さに「ジャマナカ」と言われるほどの劣等生で研究職を目指したというのを知りました。
人間何が幸運になるかわからないものです。

研究費ねん出のために京都マラソン完走を掲げたサイトがまだ閉鎖されてなくてまだ寄付を集めているそうです。
わずかでも寄付しましょうかね。

正麺

昨年発売されたそうですが、遅まきながら食べてみました。
ツレアイが福島で食べておいしかったそうです。
確かにおいしかったです。
特売だと298円なのでこの価格差なら従来のものより正麺の方がいいですわ。

王者日清のラ王より正麺の方が我が家はおいしいと思いました。

電動のこぎり

義父の家の植木を切りました。
園芸に興味のないツレアイは義父が見たら嘆き悲しむだろうというぐらいずたずたに木を切ってしまいました。
こういうのを見ると自分も年をとったら自分の手で身の回りの始末をしないといけないのだと思いましたわ。

« September 30, 2012 - October 6, 2012 | Main | October 14, 2012 - October 20, 2012 »

お気に入り











September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資