Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« May 20, 2012 - May 26, 2012 | Main | June 3, 2012 - June 9, 2012 »

善徳女王の真実

善徳女王の真実

価格:2,100円
(2012/6/2 20:44時点)
感想(0件)

「真実」と書いてありますが、真偽に疑問がもたれている「花廊世紀」を元に推論が組み立てられているので、「真実」かどうかは疑問も多い。
ドラマではダイナスティのアレクシスばりに年をとらない美室ですが、実際は亡くなった時は70代だったとか。
善徳女王も即位したときにすでに40代近かったそうです。
ともかく男女関係がおおらかで親子関係が入り組んでいるので表を見ても理解するのに時間がかかります。

ピダムの乱の真実は作者の推理が真実に近いのではないかと思います。
ドラマがますます楽しめそうです。

値上げ申請の東電社員年収、 来年46万円アップ

値上げ申請している東京電力の社員の年収が46万円もアップするんですって。
ふざけるな!!

なんだか日本はどんどんおかしな方向へ向かっているような気がするわ。
どうにかならないものかしら?

生活保護問題

河本の生活保護問題は河本バッシング派と河本だけが悪くない派になってきたみたい。
伯母や姉も生活保護を受けていたとか妻の母も生活保護を受けていたとか出てくるし。
だけど、そこまで扶養しないといけないの?
これじゃ貧乏な家庭に生まれたらどんなに努力しても這い上がれないじゃない!
本来そういう貧困の連鎖を食い止めるための生活保護制度じゃない。

これは気を付けないと危険な方向へ向かいそう。

私的には子供の買った家に住んでいて兄弟が公務員なのに、生活保護を貰ってきたキングコング梶原の方がビックリ!!だけどね。
3人兄弟で5万円ずつ出せば扶養できるはずじゃん。
公務員だから抜け道知ってたの?と疑いたくなるわ。

全盲の僕が弁護士になった理由

全盲の僕が弁護士になった理由

価格:1,575円
(2012/5/30 20:48時点)
感想(1件)

なんだかつよポンのドラマの題名のような題名ですが、題名の通りの内容です。
視覚障害の題材だけにか老眼にも優しい大きな字( ^ω^ )

いずれは失明するとわかっていても12歳で視力を失ったときに失望から弁護士という職業に希望を見出し、さまざまな困難を乗り越えて弁護士として独り立ちするまでの記録。

単なる「僕はこんなに努力して弁護士になりました!!」モノとは一味違った先天性緑内障で12歳ごろに完全に視力を失った著者と最初から全盲の奥様、同じ先天性緑内障だけど著者より視力が弱く活動範囲が狭かった弟さんとの体験を通して、同じ視覚障害でもそれぞれの生活における苦労などは目からウロコの話がいっぱい。

全盲の方でも点字が読めない人もたくさんいるとは知りませんでした。
点字が読めても生まれた時から全盲の奥様と著者では読むスピードが倍近く違うそうです。
そういわれればそうかも!!

コンピューターの進歩が視覚・聴覚障碍者に革命的な情報格差の是正に役立っている事。
機械を使えば障碍者の職業の範囲が大きく広がるのに一般に知られていないのでまだ雇用拡大に役立っていない事など、勉強になる話がたくさんありました。

キッチンのジョイントマット交換

【8枚セット:約半畳分】カラージョイントマット JTM-32 CLR ピンク/ベージュ・モカ/クリーム[アイリスオーヤマ/子供部屋/ベビー用品/赤ちゃん/プレイマット/騒音/防音/フローリング/床の保護/シンプル]

価格:580円
(2012/5/29 20:21時点)
感想(188件)

痛んでいたキッチンのジョイントマットを交換しました。

疲れた~!!
食器棚の食器を出して棚を動かして測って切って敷いて、冷蔵庫を動かして・・・と半日仕事でした。
大変だけど息子がいるうちにしないと家具を動かせないので頑張りましたわ。

本当に疲れた~!!

村太蔵、河口恭吾ら続々片山さつき議員批判

村太蔵、河口恭吾ら続々片山さつき議員批判

杉村太臓はすっかりチャラいキャラでおバカだとばっかり思ってたけど、今回はまともな事言ってるじゃん!!
河本が正しいとは言わないし、道義的に問題アリアリだけど、一番の問題はシステムと社会保険事務所。
宮台氏が言うように6対4か7対3で悪いのは社会保険事務所だと思う。
それなのに実名を挙げて自分の人気取りのために河本を犯罪者のように追及する姿には嫌悪感を覚えるわ。

働く人と生活保護が逆転したというけど、原因は片山氏が推進した小泉改革じゃないの。
それを正義の味方のような顔をしてシャシャリ出てくる姿は醜いの一言。

今の生活保護に問題が多いのは事実だから、感情的なバッシングは終わりにして冷静に社会保障はどうあるべきか議論して欲しいものです。

志位和夫来たる

母の住む隣の市に行くと何やらものものしい形相の警察官がいっぱいいるじゃないですか。
はじめは取締かと思ったけど、それにしても重々しい。
「銀行強盗でもあったのかしら」と思う程。
帰りも右翼の街宣車やら機動隊の腕章をつけたお巡りさんがいっぱい。
そこで電柱の立て看板を見て気づきました。
「志位さんが来てるから?」
党のトップが移動すると大変なんですね。

« May 20, 2012 - May 26, 2012 | Main | June 3, 2012 - June 9, 2012 »

お気に入り











June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資