Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« April 15, 2012 - April 21, 2012 | Main | April 29, 2012 - May 5, 2012 »

フリルヤーンのプチマフラー

P1000738


いつもお邪魔している甲斐小泉さんのブログで紹介されていたダイソーのフリルヤーンを使ったプチマフラーでございます。

と言っても私がやったのはアイロンをかけただけ(笑)
努力はしたのですが、途中で行き詰っていた所、旦那さんが当直なので遊びに来ていた娘が作成いたしました。
親に似ず手先が器用な娘なのです。
親の欲目を抜きにしてよくできていると思いますわ。

最初はユーチューブにある画像を見て棒針でやっていたのですが、「これかぎ針の方ら楽なんじゃない?」と「フリルヤーン かぎ針で出てきたサイトなどを参考に試行錯誤の末、棒針とかぎ針のW使いが一番楽だとの結論になりました。

これはブラウン。濃いブラウン・淡いブラウン・薄いグレーとなっている濃い糸をすくって淡い色を前面に出して作成した作品です。(グレー側をすくうとブラウンが全面に出た作品になります)

カーキも買ってきていますので出来上がったらまた写真をアップします。

華僑流おカネと人生の管理術

華僑流おカネと人生の管理術

新品価格
¥1,575から
(2012/4/27 06:18時点)

耳の痛い話が多かったですわ。
耳が痛いと言っても「華僑はこんなにバイタリティがある。内向き志向の日本人はダメだ」という話ではなく、日本と華僑の考え方の違いをどちらがいい・悪いでなくそれぞれのいい面と悪い面をさりげなく指摘してくれる。
長年日本にすんでいる方らしい愛情の感じられる本でした。

これからの時代「生き抜く力」のある人が残っていくんですよね。

郷に入れば郷に従え。
その土地の風土や風習に合わせ、その土地の人に嫌われないようにする。
でもどうしても合わせられない部分は「そういうもの」とわりきる。
これは外国に出る場合だけでなく身近でも言える事だと改めて思いました。

確定拠出年金残高のおしらせ

確定拠出年金の残高のお知らせなるものを届きました。
今までツレアイまかせで見なかったのですが、AIJ事件以来ボヤボヤしていられないという気持ちが出てきたので見てみました。

やはりというか元本割れ。
まあ、悲惨な数字になっていないだけマシというべきでしょうか?

ボランティアしているメンバーでも「年金の先行きがわからないから繰り上げ受給する事にした」と言っている人がいました。
そういう人が多いらしく窓口が大変混んでいて2時間以上待たされたという事です。

我が家はじたばたしてもどうせ払い損世代なのでとりあえず日々の生活を一生懸命生きていくしかありませんわ。

疑惑の報道

大マスコミ 疑惑の報道

新品価格
¥1,300から
(2012/4/25 16:23時点)

三橋さんは自民党から立候補した人だし、チャンネル桜は右寄りの報道で有名なメディアなので差し引いて読まなければいけない部分が多々あるが、大変参考になる内容でした。

特に第二章のNHKの実態にはビックリ!!
いやはやそういうカラクリだったのか!!
受信料を払いたくなくなったわ。
それはさておき、スカパーと比べるとNHKは高いと思っていたけど、色々と各方面に配るおカネがあったのね。
報道・教育・採算は厳しいけれど大切なドキュメンタリーに特化して、バラエティなどは民放にまかせるなり有料化すべき。
そうすれば受信料は2・300円にできるはず。
大賛成です。

地デジ化してB-CASカードを使えば受信料を払わない世帯は映らないようにするのは簡単なんだからすぐに実施すべきです。
番組表を見ると111とか1112とあると思っていたけど、デジタル化して周波数帯に余裕ができてハイビジョンでなければ今までの2・3倍の番組が放送できるのに既得権を守りたいからハイビジョンにして周波数を解放しない。
そういえばMXが都議会の時にマルチ編成をしているわ。
「MXごときがマルチ編成する余裕があるの?」なんて悪態つかれてたけど、テレビショッピングなんてハイビジョンじゃなくていいじゃない。

マスコミに人間の心はあるのか
霊安室の前では待ってません!!とマスコミ側は抗議したようだけど、このブログを読んだ人の多くが「日本のマスコミならさもありなん」と思ったって事にマスコミは危機感を持ってほしいわ。
祇園の時のヘリコプターの過剰取材といい、もうテレビ・新聞が世論を作る時代は終わったことをマスコミは自覚すべきです。

TPP開国論のウソ

「TPP開国論」のウソ

価格:1,470円
(2012/4/24 04:59時点)
感想(1件)

東谷暁さん、三橋貴明さん、中野剛志さん共著による「TPP開国論」がいかに危険なものかの本。

この本が出た2011年5月ごろは{TPPって何?」とってもちんぷんかんぷん状態だったけど、TPPのウソがどんどん暴かれて「TPP開国論のウソ」はすっかり定着したみたい。

東谷さんが農業について詳しく書かれていて「農協」を悪者にしてアメリカのアグリビジネスが乗り替わろうとしているという説には目からうろこでしたわ。
アメリカの「医療」が保険会社・製薬会社のロビー活動によって大変な状態なのは有名になりましたが、農業も巨大なアグリビジネスによって大変な状態になっているらしいです。
アメリカという国はもともと「大草原の小さな家」で描かれたように自分の土地を耕して自分の土地で自給自足する自立した生活を大切にしていた国だったような気がするが、いつのまにか小規模農家が激減しているそうだ。

確かに農協はひどすぎる面は多いが、安易に農協叩きするのは危険だと思った。
アメリカの農業の現実。メキシコやカナダなどアメリカに隣接している国がアメリカのアグリビジネスによってどうなっていったかは注目しないといけないと思いました。

厚生年金基金の上乗せ部分の給付水準引き下げ

久しぶりに義父の家の見回りに行くと郵便受けの中はチラシでいっぱい。
その中に厚生年金基金から「重要なお知らせ」と赤で大きく書いてある封筒がありました。

基金の財政が非常に苦しい状況にあり、将来にわたって基金からの年金を受け取っていただくために上乗せ部分の給付水準を引き下げるそうです。

同意のはがきが同封されていました。
3分の2以上の同意が必要だそうです。
でも中には義父のように自宅から離れてしまっている人もたくさんいそうです。
このままだとどうなるのでしょうね。

のんきな事言ってられないんですけどね。

AIJの事件も厚生年金基金の減額に同意を得やすくするためにマスコミがアドバルーンを打ち上げたのではないかと疑いたくなってしまいました。

婚活したらすごかった

【送料無料】 婚活したらすごかった 新潮新書 / 石神賢介 【新書】

価格:735円
(2012/4/22 19:36時点)
感想(0件)

突然結婚したくなった40代バツイチの著者の婚活レポート

ネット婚活やお見合いパーティ、紹介所のシステムや長所短所を体験からレポート

海外婚活もレポート

大変な人気のようでリクエストしてずいぶん待ちました。
婚活を考えている人が読むのでしょうかね。

面白かったです。

« April 15, 2012 - April 21, 2012 | Main | April 29, 2012 - May 5, 2012 »

お気に入り











October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資