Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« November 13, 2011 - November 19, 2011 | Main | November 27, 2011 - December 3, 2011 »

11人もいる

やっぱり今クール最高は「11人もいる」ですね。
面白かった。
毎週一人ずつ増えていったと思ったら今度は双子の一人が家出で10人しかいないとは思いませんでした。
おまけにおじいちゃんだと思っていたのが、おばあちゃんで今度は再婚するとは想定外の展開。
予告を見ると今度は広末を殺した犯人が出てくるそうです。
ますます楽しみです。

病院ボランティア その後

メンバーが増えたら感謝の心を忘れた病院ボランティア。
その後はまあ、色々ありました。
我慢してストレスをためてもつまらない「やめてもいいや」で少し吐き出しましたが、やっぱりギクシャク。
やめるのはいつでもできるので売り言葉に買い言葉で辞めるのはやめましたが、折を見てやめるかもしれません。

昔は思いやりにあふれて和気あいあいとした会だったのに残念です。
知らない間に人を傷つけている事がある。
他山の石にしないといけません。

ユーロ危機とヘッジファンド

NHKスペシャル「ユーロ危機 その時日本は
裏の「家政婦のミタ」がお子ちゃまに思える恐怖のヘッジファンド!!

ギリシャ危機はヘッジファンドが仕掛けたとう説は「ギリシャが浪費したからでしょ~」と内心思っていたけれど、イタリア・フランスなどの国債の含まれた金融商品CDS(クレジット ディフォルト スワップ)を使ったマネーゲームで国家を翻弄するヘッジファンドにはただただ驚愕。

テレビの前で「怖ーい!!怖ーい!!」と思ってしまいました。

ユーロ危機で日本の年金や企業も危機にさらされる。
巨大なマネーゲームに世界中が振り回される恐怖。

よく日本は国債残高は多いけど日本国民が国債を持っていて、円建てだからギリシャのようにならないという説を聞いたけど、それはこういう訳なのかと思いました。
でも今の借金体質ではいつヘッジファンドに狙われるかわからない。
難しい対応を迫られているのを感じました。

【送料無料】2011年本当の危機が始まる!

【送料無料】2011年本当の危機が始まる!
価格:1,575円(税込、送料別)

大変な時代になってしまったものです。
これからはふつうの主婦でも経済に興味を持たないとヘッジファンドというオオカミに食べられてしまいそうです。

職場流産

ルポ職場流産

ルポ職場流産
著者:小林美希
価格:1,995円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

昨今の若者の過酷な労働環境を見ていると産みたくても産めない人、条件の劣悪さゆえに妊娠しない人や流産をしている人がいるのではないかと思っていたが、実際は考えていたよりも非常事態だった。


を読んだ時に感じた衝撃を感じた。

産みたくても生活の事を考えると妊娠に踏み切れない。
つわりや流産の恐怖から休みたくても休めない。
妊娠した途端に契約解除になる。
などなどなど

無事出産しても保育所不足からあっちに頭を下げ、こっちに頭を下げ、子供にも「ごめんね」と言う生活。

保育所に入れても小学校に上がると学童保育不足というハードル。

次世代を安心して育てられない社会に未来は無い。

政治は声の大きい人に耳を傾けがちだが、大切にしなければいけないのは「生まれてくることさえ出来なかった日本人」なのだと思う。

問題点の多い「こども手当」だが、子育ての重要性をクローズアップした事だけは評価してもいいと思う。
日本は大きな岐路にたっていると思う。
この問題を真剣に考えないといけないと強く思う。

ついに犬をおいて行った南極物語

視聴率ダダすべりで「難曲物語」なんて言われてしまった「南極物語」
ついに越冬隊が犬を基地に取り残す場面になってきました。
吹雪に震えるイヌの映像!
あざとく芦田愛奈ちゃんの映像。(仕事のしすぎかこころなしか疲れてる)

キムタクもこれまでか!なんて酷い事言われたけど、これだけ有名な話なら途中は「まっ、いいか」になっちゃうわよ。
越冬隊隊員一人ひとりを隔週ごとにドラマにしていけば、もっと視聴率上がったと思うわよ。
キムタクより脚本家が悪いんじゃないの?
「11人もいる」だってメインは神木君と加藤君でも毎週他の兄弟のエピソードを出しているじゃない。
群像劇でキムタク一人で越冬物語はきついわよね。

この後の視聴率が正念場だわ。TBS

メンバーが増えると感謝の心を忘れる

参加していた病院ボランティア。
最初は6人で初めて理解されなくて心無い言葉を投げかけられたりしたそうだが、最近は理解されるようになり「ありがとうございます」「助かります」など暖かい言葉をかけていただく事もおおくなり大変うれしく思っていたのだが・・・

理解が深まりメンバーも増えたのだが、増えたら増えたで感謝の心を忘れたというか、メンバー間の亀裂が見えるようになっていた。

私が参加した11人前後の頃にも当初メンバーのリーダー格の3人に微妙な確執が見え隠れしていたのだが、人数が少ないうちは協力しないとやっていけなので大人の対応をとっていたのが、人数が増えてローテーションが楽になったら2対1になり会長を蚊帳の外で二人で話を決めて強引に会議を押し通すような事がたびたびあるようになった。(会長さんも寄る年波に勝てず以前程シャキシャキしなくなったというのもあるのだか・・・)

このままだったら無償のボランティアでストレスためてもつまらないのでやめる事も考えている。

とりあえず当番日を減らして距離をとってみようと考えている。

メンバーが増えると感謝の心を忘れる。
自分の生き方にも反省しなくちゃいけないわ。

ツレアイ 福島へ

単身赴任中のツレアイがまた福島へ帰りました。
会社ではまたリストラが発令されたそうです。
自己都合でなく会社都合で辞められる(失業手当の条件が良くなる)
本給の○か月分加算などいい条件が出たのでやめる人が大分出たそうです。
ツレアイは今のプロジェクトが続くまでは残る事にしました。
しかし来年の6月以降は不透明。
こんな気分じゃ景気がよくなるわけないわ。

市営霊園 管理費徴収回避

単身赴任のツレアイが帰ってきたので義父の家と義父の老人ホームへ行きました。
義父の家の郵便物を整理していたら市営霊園からの案内が来ていました。
財政難のおりから今まで無料だった公園型市営霊園の管理費を徴収する事になったという案内でした。
年額4000円台は民間よりはまだ安いのですが、かの令指定都市も緊縮財政をしているようです。

« November 13, 2011 - November 19, 2011 | Main | November 27, 2011 - December 3, 2011 »

お気に入り











September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資