Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« September 5, 2010 - September 11, 2010 | Main | September 19, 2010 - September 25, 2010 »

嫌がらせ放送がひどい

アナログ放送停波まで一年を切ってから嫌がらせ放送がいっそうひどくなった。
レターボックスの黒い部分に終了間際になると工事が立て込む恐れがありますだの何だの警告がひっきりなしに出てくるようになった。
うるさい!!
CM明けには「2011年にこのテレビでは番組は見られません」だと。うっとおしいたらない。

最近製作された番組をレターボックス放送するのはまだわかるけどSD収録の東野英二郎の水戸黄門の再放送をレターボックスにしてアナログの視聴者には小さな画面にするとは何事じゃ!!

こんな事続けたらますますテレビ離れが加速するわよ。

菅内閣 脱オザワ路線鮮明

挙党一致と言ってたけど、やっぱり報復人事の菅内閣。
マスコミは脱オザワと言ってるけど、脱衆院選マニュフェストの右より人事。
円安は介入で一息ついたけど85円ウロウロじゃまだまだ高い。

ドルやユーロだけじゃなく韓国ウォンや中国元にも比べて高いのは異常。

ハイアールが日本に本格参入するっていうし、日本はここが正念場なのに官僚いいなり菅内閣じゃ期待できないわ。

イオン/ネットスーパーにFAX受注導入

イオン/ネットスーパーにFAX受注導入
イオンはファックスで買い物の注文を受け付け翌日に対苦杯するサービスを一部地域で始めた。
想定している顧客はパソコン操作が苦手な高齢者や子育てで忙しい女性など。あえてローテクを取り入れることで、新たな顧客獲得につなげる考えだ。

今年は猛暑でネットスーパーが大躍進。
ヨーカドーのネットスーパーは8のつく日はつながりにくい程大繁盛。
ネットスーパーは便利だけど、取り残される高齢者はますます不便になるのではないかという心配もあった。
ファックスでもハイテクな機械苦手な高齢者もいるけど、ネットよりは手軽。
こういうサービスが充実するとありがたいと思う。

菅首相続投 円一時82円代

民主党代表選挙で菅さんが大差で代表に選ばれた。
今回の代表戦のマスコミの偏向ぶりはひどかった。
マスコミというのは公正がモットーだと思っていたが違うという事が素人目にもはっきりわかる酷さだった。
鈴木宗男氏の最高裁判決もあまりにもタイミングが良すぎる
その他にも不自然な事が多すぎる。
オザワさんが首相になると都合が悪い人が沢山いるという事だろう。
これだけ恥知らずなネガティブキャンペーンを繰り広げた後に挙党一致体制は難しいだろう。
これから一波乱二波乱ありそうだ。

菅続投が決まった途端、円が83円代をつけた。その後買い戻されたがNY市場では82円台をつけたという。
菅首相では円高容認と市場は見ているのだろう。
ドルやユーロに比べて円の方がマシと市場は見ているという事なのだろうが、それにしても高すぎる。
テレビも携帯も韓国勢に負け続けている。
これ以上円高が進むと日本は取り返しがつかないほどの痛手を受けてしまう。
今が踏ん張りどころなのに日本政府には期待できそうにない。

消費税増税・財務省いいなりの菅首相。
大増税時代に備えて節約生活に力を入れないといけないわ。

カッコウの卵は誰のもの

カッコウの卵は誰のもの

新品価格
¥1,680から
(2010/9/14 17:40時点)

リクエストして5ヶ月も待ちました。 サクサクと読めました。 面白かったけど、動機で無理を感じる部分が多かった。 真犯人の動機もこれだけの財力があれば母親に真実を知らせない方法なんていくらでもありそうだし、実行犯も元登山家ならもっと小さな怪我ですむ方法を考えそう。 東野さんの作品としてはあまり好きじゃないほうかな?

脚本家 林宏司さん

天才総合診療医にしてダンサーという設定からして出演者に合わせてドラマの内容を決めた駄目駄目パターン。
セットや屋上のシーンが多く、いかにもお金かかってなさそうなチープな作り。
前クールの「新参者」で予算使いすぎちゃったの?と疑いたくなるマイナス要因ばかりなのに、今クール一番楽しみなドラマになった「踊れドクター」
天海さん主演で予算もかなりついていそうな「GOLD」が空中きりもみ状態なのに反して、出演者のキャラが立ってきて続編もあるんじゃないかという展開になってきた低予算踊れドクター。
脚本がいいとこんなにも違うもんなのかと脚本家をチェックしたら、林宏司さん。
コードブルーやハゲタカやBOSSの脚本家だそうです。
BOSSや離婚弁護士にコミカルなシーンはあったけど、クドカンばりのパロディ効かせたシチュエーションコメディも書ける人なんですね。(仮面ぶどう狩りはハマリました)

秋クールの「医龍3」も林さんの脚本。
同じ医療モノでも遊び心満載の医療コメディから熱血医師の医龍と180度違う脚本を続けて書くとは素晴らしい技量ですわ。

注目したい脚本家です。

住宅街に突然墓地が?

噂の東京マガジンで特集されていた「住宅街に突然墓地計画」は結構人事じゃなく興味を持ってみました。
東京八王子に15年ほど前に分譲された700戸ほどの住宅団地「ホーメストタウン八王子」のスーパー用地として計画されていた区画に墓地計画が持ち上がった。
スーパー用地として計画されたものの700戸では採算がとれないと出店するスーパーがない。
そのうちに殖産住宅が破綻。土地は転売・転売で数年前には店舗用地を縮小して7割を住宅地に転換する計画があったが転換するには住民の3分の2の合意がなければ転換できない。スーパーが欲しい住民の合意が得られず事態は膠着状態。
そして突然墓地計画が持ち上がる。

なつかしいわ。安達裕美ちゃんと竹下景子親子で「ホーム・ホーマー・ホーメスト」のCM.
こんなところで名前を聞くなんて。
業者が撤退。転売・転売で当初の計画はいずこやら・・・
墓地ができる事はないと思うけど、何が建つのかわからないのは同じだわ。

« September 5, 2010 - September 11, 2010 | Main | September 19, 2010 - September 25, 2010 »

お気に入り











June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資