Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« January 10, 2010 - January 16, 2010 | Main | January 24, 2010 - January 30, 2010 »

感謝の木

P1000501

「持たない生活」「買わない生活」を目指しているのに、「値引き」の文字に弱くて買ってしまいました。感謝の木
何が感謝の木なんでしょう?
最近幸運という言葉に弱くて・・・
感謝の言葉を言うと運が向いてくるんですって。

だけどホームセンターではそれ程でもなかったけど家に帰ってきたら大きいわ。
1980円の50%オフで990円だけど安物買いの銭失いだわ。

買うときは本当に必要か何度も考えないといけないのですね。

一生懸命「ありがとう」と言いながら育てて幸運が来るように祈りましょう。


足利事件

足利事件の再審公判が始まりました。
免罪がなぜ起きたのか?
菅谷さんが検察に謝罪を求めててものらりくらりとした答弁をくりかえす様子が報道されています。
当時の警察・検察も問題ですが、なぜこんなに長く菅谷さんが免罪に苦しめられなければいけなかったのかも報道して欲しいと思いました。
日本は3審制度なのに高裁・最高裁は何をやっていたのでしょう?
高知白バイ事件をはじめ、「なぜ?」と思う地裁の判決をそのままにしている日本の高裁・最高裁はもっと見直されるべきだと思います。

エンゼルバンク

長谷川京子の復帰作なのに低視聴率ばかりが話題になっている「転職バンク
でも結構好きですよ。
原作が2007年からの連載で当時は新卒も第二新卒も就職難が改善されていた時代で、今は超氷河期というのがまずいんでしょうかね。
これで「長谷川京子もこれまで」というのは作り手の芸がないわよね。
主役の人気だけで視聴率をとろうというのが問題だと思うわよ。

特大!がっちりマンデー

日曜の朝放送されている「がっちりマンデー」がポイントスペシャルとしてゴールデンに特番登場。
森永センセの独壇場の番組でした。
昨日着ていたトレーナーは首に白いラインのあるデザインらしいけど、森永センセが着るとシャツがはみ出しているようにしか見えないのよね。
実際朝の番組では首がダルダルでシャツが見えてテレビに出ていた事もたびたびあったし・・・。スタッフ注意しないのかよ!と突っ込んでましたわ。
最初のうちは東大卒の経済評論家として尊敬されていたけど、だんだん「ポイントの神様」から「ポイント妖怪」はては「セコイおやじ」まで転落。
首都高カード」を自分で作ったとまで芸人達にいじられてましたわ。

番組の内容は参考になるものが多かったけど、ポイント目当てで買い物したら意味無いのよね~。
買わない生活を目指さないと!
と言いながら楽天の期間限定ポイントを消化するために使っちゃうのよね。
楽天の思う壺だわ。

木更津キャッツアイ

今日から木更津キャッツアイが再放送。
以前見た時はついていけなかったのですが、クドカンワールドにもなじんできたのか、今回は面白く見られそうです。
なぜ今木更津キャッツアイ?という気もしますが、桜井君のニュース番組がCMに流れているのでその宣伝でしょうかね?

新撰組 PEACE MAEKER


TBSで深夜にはじまったドラマ「新撰組 PEACE MAKER」(MBSでは金曜深夜放送)
15歳になった須賀健太君が15歳の役で主演を張ってます。
脇に新進のイケメン軍団を揃えて若い女性の人気も狙っているのでしょうか?
イケメン軍団はオバサンには皆同じような顔に見えるのですが、この中から将来のスターが出るのでしょうか?
その他どこかで見た事のある名前だなと思ったら金八の息子・幸作役の佐野泰臣。女王の教室の眞鍋君役の名演技が印象的だった松川尚瑠輝君など元名子役がいっぱい。
イケメンだけで勝負しようとすると名子役に食われてしまいそう。
将来のスターを探してみたいと思います。

ライアー ゲーム

ライアー ゲーム最終回と言っても最近恒例続きは映画で・・・なんですけどね。
この番組の場合最初からファイナルは映画で・・・と宣伝していたので潔いといえば潔いですけど、やっぱりこの風潮は問題だと思いますよ。
続きは映画で・・・も頭くるけどスピンオフドラマが携帯サイトや有料配信でやるんですって。
なんだか地上波CMじゃなくても番組もすべて宣伝まみれです。
広告収入が減って営業外収益をあげることが至上命題とはいえ、こんな事を続けていたらますます視聴者が離れると思います。
かくいう私も最近リアルで見る番組減ってます。
ハードディスクに録画して早送りで見るほうが楽になってます。
おいおい、テレビ局よ。そろそろ学習しておくれ。

のだめカンタービレ

娘が「のだめのコミックもういらないから売る」というので貰ってきました。
1~16巻までなぜか14巻が抜けてます。
まあ、ブックオフでそろえたのだからしょうがないですよね。
アニメ・ヨーロッパ編あたりまで分でしょうか。
面白かったです。

オザーさんと金

はっきり言って小沢一郎はあまり好きじゃない。
やっぱり一番の原因はあの悪人顔だと思う。
あの悪代官役がピッタリな顔で「やましい事は何もしていない」と言われても信用できない。

でも今回の小沢追及は何か変だと思う。
マスゴミは天下の大悪人のように報道しているが、容疑は「虚偽申告」
収支報告書に違う記載をしたという通常なら逮捕しない容疑。
色々疑惑はあるが、「それを言うなら自民党は?」というのが国民の気持ちじゃないかと思う。

一番不愉快なのはこの追求のせいで景気対策が遅れている事。
日本の景気は大変な状況で、二番底も懸念されている。
海外ではいつの間にか日本はおいてけぼりくらっているし、こんなことしている状況じゃないと思う。

特上!カバチ


今飛ぶ鳥落とす勢いの旬な嵐の桜井翔君主演で話題のドラマ「特上!カバチ」見ました。
これって2001年にフジテレビでドラマ化した「カバチタレ」と同じ原作なんですよね。
カバチタレも主人公を女性に変えたり原作を変えたけど、特上カバチも主人公の年齢等相当な変更があるみたい。

ドラマ自体は桜井君は普段のキャラのままだけど堀北真希ちゃんはイメージ違う役柄にいどんでます。
それより気になるのは過剰な演出。
せっかく「JIN」で視聴率が良かったのにTBSは学習しないのかい!
一番大切なのは脚本・演技・演出なんだよ!

まあ、原作の法律部分はしっかりやるみたいなの来週も見ると思います。

日本の「医療」を治療する!


著者は日本の医学部を卒業して、長年アメリカで医療に従事していたハイブリット医療関係者。
日本とアメリカの違いはあるが傍目八目という言葉もあるとおり、外にいるからこそ見える日本の医療問題もあると参考になる。
医師不足の対策に奨学金の充実は大切だと思う。
新研修制度の問題点もなるほどと思う部分が多かった。
無給の研修医というのも問題だが、医師免許をとっても数年間は前線に出るのは危なっかしい幕下のような存在なのだから給料は医師を育てる奨学金という意味でとらえた方がいいのかもしれません。

異論もある本だと思いますが、色々な提言をしてくれる人がいる事は日本の医療の再生のためには必要だと思います。

« January 10, 2010 - January 16, 2010 | Main | January 24, 2010 - January 30, 2010 »

お気に入り











April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資