Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« March 14, 2010 - March 20, 2010 | Main | March 28, 2010 - April 3, 2010 »

名ばかり大学生


ドキッとする題名に大学生の学力低下をなげく本だと思っていたら、「学力低下」「おゆとり様」と現代の若者を批判する大人達に再考を求める内容でした。

途中の管理教育・定数制限を強めた愛知県でいじめが増えたとか、援助交際が増えた時期と女子が短大から四年生大学進学へシフトした時期が重なるなどは、都合のいいようにデーターを使ってるんじゃないの?と眉唾感が否めないのですが、「育てたように子は育つ」という著者の主張は納得します。

1970年と2008年の東大の英語の入試問題を掲載して「問題の量も質も圧倒的に上がっている。どこが学力低下なのか」と問題提起しているが、数学や国語の問題はどうなのだろうと思ってしまった。
1970年と2008年じゃ巷に溢れる英語の量が違う。言葉は聞くチャンスが多いほど理解力が上がる科目。
パソコン初心者の私でも10年前に今の私くらい出来たら「パソコン達人」と言われたと思う。

東大問題はさておき桜陰中学の1982年と2006年の問題の質と量の違いは社会的大問題だと思う。
1982年の問題は普通に小学生には難しい問題だと思うが、2006年の問題は大学入試並み。
2006年の桜陰国語入試に出てきた作者の作品が和歌山大学(国立)でも出題されていて設問の難度・制限時間の制約も桜陰の方が圧倒的に難しい。
18歳の解く問題よりも12歳が解く問題の方が難しい。和歌山大学は偏差値54程度の国立大学。けっしてレベルの低い大学ではないのに桜陰中学の入試問題のほうが難しい。
昔は1年浪人して志望大学を目指すという文化があったが、今は一年浪人したくらいでは追いつかないほどの差が開いてしまっている。

一流大学は難しいと諦めてしまった子供は勉強しないで大学に入って勉強しないで卒業する。
一流大学を目指す子供は親子密着して莫大な費用をかけて受験テクニックだけ磨く。

著者は高校無料化や奨学金の充実は未来への投資だと言う。
まさしくその通りだと思います。

楽天つぶやきポイントキャンペーン

楽天市場のポイントキャンペーン新たなお題が出ました。
ポイントギャラリーで扱って欲しい商品、サービス

例:私がよく買う○○を扱って欲しい!
  あのサービスにポイントがつくならうれしい!

ん~、今回は難しいわ。

http://point-g.rakuten.co.jp/campaign/?id=rakutenspg_point03

地デジ、ビル陰問題

団塊モンスターの特集が読みたくて借りてきた日経ビジネス12月9日号に「地デジ、ビル陰問題」がリポートされていました。
はらほれほれ・・・こんな大問題なのに、地デジカ君はちっとも宣伝してないなじゃない。

総務省は山間部などを中心に助成金を交付するなどして手厚い策を講じてきた(税金で)
その結果こうした地域では大体の世帯が地デジに移行できると見られる(テレビとアンテナの費用負担問題は別にね)
むしろ課題は東京などの都会に潜む。マンションやビルがテレビの電波を遮るこで周辺世帯が難視聴になるとデベロッパーが周辺世帯の合意を得て「共聴施設」を設ける。
マンションの共同アンテナを地デジ対応にする時に周辺の住民の分もマンション側が負担しなければいけないのだけど、これが一筋縄でいかない問題。
アナログは受信できなかったけど地デジは受信できる世帯とアナログと地デジ両方受信できない世帯がある。
せっかく費用をかけて改修してもスカイツリー稼動後には施設が不用になる可能性もある。また角度を変更する費用が発生する。
共聴施設が不用になっても撤去するのに大きな費用がかかる。撤去しなければ電柱を使用する料金が延々とかかる。

こりゃ大変だよ~。マンションの管理組合もめる要素満載。
他人の家の屋根の上なんて見てないから気が付かなかったけど、我が家の周辺に東京電力の高圧線の影響で東電ケーブルネットの家が結構あったらしいのよ。
「地デジになると屋根にアンテナを建てれば視聴できるから2011年までに建てていってください。東京電力は撤退します」という説明があってUHFのアンテナを徐々に建ててるけどまだ建ててない家結構あるのよ。2007年ごろから説明会やってもそんなもんよ。
東京電力でも撤退した方が経費が安いと共聴施設から撤退するのよ。東京電力は電柱使用料バーターのはずなのによ。

地デジカ君が管理組合やオーナーに相談しましょうだけじゃなく、マンションの影で共聴施設の方はマンションの管理組合に相談しましょう。も宣伝しないと間に合わないわよ。

高橋選手 金メダルおめでとう

高橋選手日本男子初の世界選手権優勝おめでとうございます。
回転不足を取られたとはいえ4回転フィリップを着氷してのぶっちぎりの優勝。日本人として誇らしいです。
ブライアンジュベール選手もショート、フリーともオリンピックの悔しさをはね返すような素晴らしい演技で感動しました。

しかし
感動に水をさすような疑惑の採点の2位の人。
得点が発表された時の会場の反応が不自然な採点を証明しています。
まさかヨーロッパでこんなあからさまな不正が行われるとは!
マスコミは高橋優勝を取り上げてジュベールの点数の辛さ。2位の人の疑惑の加点はスルーしてます。
これじゃキムヨナの優勝も決まっているのでしょうね。

こういう八百長があると高橋選手の健闘まで少しだけ曇ってしまいます。
フリーの得点は疑問がないけれど、ショートはジュベールの点数低すぎ。
私の中ではSPジュベール1位、高橋2位。FP高橋1位、ジュベール2位。総合高橋1位、ジュベール2位です。

高橋選手の優勝にケチをつけるつもりは毛頭ないけれど、真央、安藤を下げる分高橋に加点するという密約があったのではないかと勘ぐりたくなりますわ。

yahoo ショッピング おねだりキャンペーン

ヤフーショッピングでおねだりキャンペーンを実施中。
何をおねだりしようかしら?
http://contents.shopping.yahoo.co.jp/points/campaign/onedari/

団塊モンスター

先日テレビで見た「団塊モンスター」が気になって名付け親だという堺屋太一さんのインタビューがのっている日経ビジネス12月7日号を図書館から借りてきた。
いるいる・・・こういうモンスター。
もともとは上から目線でフリーダイヤルのお客様相談室が新種のクレーマー(?)に悩んだところからスポットライトがあたるようになったみたいだけど、地域社会ではもっと前から困ってたのよ。会社の肩書きがなくなったにもかかわらず周囲の人間を部下のように扱って威張り散らす人たち。
地域に企業の論理を押し付けることによるトラブル。地域社会の規模も考えずに自分のいた会社のやり方が絶対だからこれはおかしいと主張してトラブル。

川崎市内のでは地域デビューの注意点を書いた回覧板が回ったんですって。
「受身で参加しない」「上から目線にならない」「改善提案を押し付けない」「企業と違う会議の進め方を理解する」
でも回覧板が回ってきても真性モンスターは「コレはバカな奴の事。オレ様は違う」と思うと思うけどね。

金も暇もあるモンスターを利用しようという企業も現れたみたい。
ジュピターテレコムではボランティア兼アドバイザーに任命して意見を聞いてるんですって。
そりゃ地デジ化が進むとケーブルテレビの魅力が少なくなるものね。月5000円の契約料がもったいないと解約する人が増えるわよ。顧客の団塊の世代を引き止めるには「アドバイザー」は魅力的な肩書きよね。

ライフ購入

P1000486

断捨捨を目指しているはずなのにスーパーの古本市で一冊50円の漫画を買ってしまった。
5巻から15巻まで
1から4巻までどうするつもりよ!と娘にバカにされました。
ドラマ見て面白かったのよ。
結構綺麗なので読み終わったらブックオフに売るつもり。
ダンシャラーの道は険しいわ。


中古住宅ビジネス

昨日のガイアの夜明けは「マイホーム革命 ~“中古”が変えるニッポンの住まい~」
リーマンショック以後の不況で新築市場は歴史的な局面を迎えている。そこで中古市場が注目されている。

シェアハウス「東京コマドリ」を展開する若い女性達にはびっくりした。
一昔前のバリバリキャリアウーマン風でなく、どこにでもいるOL風なのに自分の価値観と目標をもってしなやかにビジネスを展開していく。
シェアハウスに入居している女性達も自分にとって必要・不必要をしっかり考えている女性達ばかり。
「新・ニッポン人」だの「欲しがらない若者」など言われているが、欲しがらないのでなく自分にとって必要なものはしっかり確保して必要でないものは周りが宣伝しても欲しがらない消費スタイルが確立した人たちなのかもしれない。
番組で紹介されていた市川の物件もオープンにこぎつけたようです。
オーナーの家賃収入だけでなく、シェアハウスに住む人はチームワークがいいから高齢化した地域を盛り立てて欲しいという希望がかなえられる物件になるといいと思います。

中古住宅のリノベーション事業も注目してます。
そう遠くない将来義父や母の住んでいる家を処分しなければいけない身としては「子供が独立した後に必要以上に大きな家に老夫婦が住む」事がいいのかという考えが頭をよぎるようになりました。
中古リノベーションが充実すると自分の老後の選択肢が増えてとてもいいと思いますわ。

断捨離


BK1の誕生月クーポンを使って購入。
ダンシャリとは禅の「断行」「捨行」「離行」からとった言葉だそうです。
お掃除本ではなく意識改革の本です。

高級ブランドのカップを「もったいないから」としまっておいて普段は粗品のカップを使う。
それは潜在意識で「自分には高級ブランドのカップはふさわしくない。自分はそんなレベルにない」と思っているから。
使っているモノがその人のセルフイメージを教えてくれる。
高級ブランドを使う事でモノと波長があってくる。そこで視点が変化していく。

ん~、わかっていても道は遠そうですわ。
食卓にのぼるのはパン祭りの白い皿。マイセンとはいかないけどボーンチャイナの皿はしまってあります。
それどころか、義母が溜め込んだ白いお皿が山のように床下収納にあって、いずれ処分しなければいけないのに、あいも変わらずパンのシールを集めています。

まだ「明らかなゴミを捨てる」しかできないレベルですが、少しずつ前に進みたいと思います。

エロイカより愛をこめて


エロイカより愛をこめての新刊。
よくぞここまで細部を調べて社会情勢を織り込んで、それでいてキャラクターを生かしたコメディにするもんだと関心します。
でもストーリーが入り組んで難しくなったわ。
今回も35巻から読み直さないとストーリーを忘れてしまった。
年なのね~。

「聖ヨハネの帰還」という題名の意味はまだわかりません。複雑な伏線があってある模様。
全部完結したら読み直さないといけないのでしょう。

冬ドラマ

「ブラッディマンディ」最終回
二人のイケメンでひっぱったストーリー
若手女優さんがみんなおんなじ顔に見えるのはオバサンだから?
パート1よりつまらなかったのはオバサンだから?

「宿命」
最初は期待してたのだけど、尻つぼみ
北村一輝さんは悪役の方がかっこいいわ。

10月からだけど「不毛地帯」
視聴率は良くなかったみたいだけど、しっかりとした作りのドラマでした。
こういう質の良いドラマをもっと作って欲しいものです。

« March 14, 2010 - March 20, 2010 | Main | March 28, 2010 - April 3, 2010 »

お気に入り











May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資