Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« March 22, 2009 - March 28, 2009 | Main | April 5, 2009 - April 11, 2009 »

Fit's シトラスミックス


サンプルエキサイトから試供品が届きました。
とても香りが良くて美味しかったです。
キャンディかと思う程柔らかくて味が長持ちするガムです。
くせになる食感です。
日経MJで新商品週間ランキングで1位がミックスベリー、2位がシトラスミントと上位を独占したのも納得の味です。

勝間和代の日本を変えよう


始めは勝間さんが「保育所を増やそう」と主張するのを見て「理想はそうだけどね・・」と今までのフェミニストの人たちと同じような目で見ていた部分もありましたが、さすが人気のある人は違う。理想論ばかりのフェミニストの人とは一味も二味も違う主張でした。
今専業主婦のほうが働くお母さんより閉塞感が強い。働いていると一つの言葉に傷ついていられない、敵も味方もたくさんいるんでどんどん鋼の心になっている。家の中にずーっといる人っていうのはささいな事にも傷つきやすい。
わあ、当たってる。このままじゃいけないと内心思っていたのよね。
かと言って今更バリバリ働けないし・・・
こうグジグジしてたらいけないんですよね。

日本は子供に冷たい国
今の子供は物に溢れて一見豊かでも実は搾取されている。
勝間さんのような人に先頭に立って頑張って欲しいものです。

おばさん未満


負け犬の遠吠えの著者酒井順子さんの2008年のエッセイ。
負け犬の遠吠えの頃は自らを「負け犬」と卑下しているようでも仕事にも交友関係にも恵まれて独身生活を謳歌しているのが感じられたけれど、40歳を過ぎると酒井さんのようにエッセイストとしての地位を確立した方でも年齢による衰えを感じるものなのですね。
皮膚や髪や体型の衰えから、昔着ていた服が似合わない。かと言っておばさんみたいな服も着たくない。
「おばさん未満」の微妙な心理が描かれています。
この本は面白いと思う人とグダグダとしつこいと思う人に分かれそうです。

意外だったのは酒井さんが執筆をワープロ専用機で行っているという事。
文章を打つだけならワープロ専用機の方が使いやすいとワープロ専用機を愛用している方はいるのですが、酒井さんの場合機械の配線ができないらしい。
テレビの配線は「男の方がするもの」と思っているそうで。
え~、私は酒井さんより年上だけどテレビやビデオをAVコードで繋ぐぐらい自分でするわよ。
と、少しばかり優越感にひたりました。

交際8カ月!水嶋ヒロ&絢香が人気絶頂婚

交際8カ月!水嶋ヒロ&絢香が人気絶頂婚
びっくりしました。
水嶋ヒロ君は娘はメイちゃんの執事でファンだったみたい。少しショック受けてるかな?
水嶋ヒロ君は24.絢香は21.
今の20代前半は物心ついたときから不景気で安定志向で結婚願望も強いと聞いていたけれど、やっぱりビックリ。

トイレの蓋をする?しない?


以前はトイレの蓋は開けていたんです。
平日一人の時は風呂の残り湯をバケツで運んでトイレで流したりするのに蓋が開いていたほうが早いし、でもこういう題名を見ると本当かしら?と思ってしまいます。
捨てるほど幸運がやってくる!でもトイレの蓋は閉めなさいと書いてあったしな。
という訳でトイレの蓋をしめるようにしたのですが幸運はまだ実感できません。
我が家にも日本にも幸運が来るといいのですがね。

日本を変えよう


リクエストしてやっと借りられた勝間本。
以前2冊より大分読みやすくなりました。
勝間和代さんが「カツマー」と言われる熱狂的なファンがいるカリスマなのが理解できます。
私はフェミニストでもジェンダー論者でもない「もったいない」論者だと言い、女性を社会で活躍させないのは「もったいない」と言う。日本にもこういう人が出てくるようになったんですね。
西原さんの漫画「勝間、世間ではな。できんフリして男を踏んで上手に階段登るんもおるで」「正面から行って何が悪い」「いえ、別に風が強う当たるかなって。だからこんな上手な体に」「いかついのは生まれつき!」という二人の擬似バトルが笑えました。
勝間さんもここまでブレイクするまではさぞや風当りが強かったでしょうね。
世のカツマーの皆さんも頑張って日本を変えて欲しいものです。

15の提言
一人でも多くの人が投票しましょう
政府の情報公開と数値目標を充実させましょう
終身雇用を考え直し柔軟な雇用体制をもっと検討しましょう
家族対策費の倍増
家族省を創設し縦割りになっている家族施策を統一しましょう
ワークシェアリングの導入
女性にたいする統計的差別の廃止
配偶者控除の引き下げと子供の扶養控除の引き上げ
保育園の待機児童ゼロを目指す
非嫡出子と嫡出子の差別の撤廃
パパ・クオーター制の導入
正規雇用と非正規雇用の差別の均等待遇を実現
最低賃金の引き上げ
もっと予算を使う事で公教育を充実させましょう
個人も収入の5%を寄付。5%以上の時間を社会貢献

須賀川一中柔道部事件

須賀川第一中学・柔道部で起こった部活中のリンチ事件の判決がスパモニで放送されました。
加害者と市・県側に1億5000万円超の賠償命令が出たそうです。
加害者少年の賠償責任の額に色々が意見があるようですが、被害を拡大させたのは中学側の責任という判断は画期的な判決だと思います。
この事件を知ったのは2ちゃんねらーが組織票で須賀川中学事件を検索トップにして全国の注目を集めようとしてみごと検索トップになったという記事を見てから。
何かと評判の悪い2ちゃんねるですが、たまにはいい事もするのよね。
人間ってやっぱり清濁併せ持つ生き物なのだと思うわ。

須賀川一中柔道部事件の裁判にクローバーリボンを身につけて傍聴しにいきませんか

テンプレートを変えました

ここの所自分のブログの表示が遅いとは思っていましたが、おっくうでそのままにしていたのですが、「表示ができないと思っていたら時間がかかるだけでした」というコメントをいただき重い腰をあげてブログの整理を決意しました。
まずはテンプレートを軽そうなものにとシンプルテンプレートに変更したら「あらら、早くなった」
そんなに重そうなテンプレート使ってなかったのになぁ。
見た目より重かったのかしら?

太郎が恋をする頃までには・・・


ドラマ「太郎と次郎 反省ザルとボクの夢」で知り合った女性プロデューサーと村崎太郎さんの結婚までの話を私小説風フィクションとして書いてある本。
う~ん、なぜこういう中途半端なフィクションにしたのでしょう。
周防猿回しの会との確執や栗原さんの実家の寺院などいろいろな事情があってノンフィクションとして書くのが難しかったのは理解できるのですが、今のようなネット社会で調べればすぐ解る事を不自然なフィクションにされると消化不良が残ります。
村崎太郎氏が自らが被差別部落出身者である事をカミングアウトするまでの葛藤など体験した当人でなくては書けない内容が多いだけに「事実を元にして一部フィクション」としてさしさわりのある部分をオブラートに包んだノンフィクションとして書いたほうがいいと思うのですけれどね。

定額小為替

定額小為替が必要で郵便局に買いに行ったら、以前は100円200円300円500円だったのに、150円450円750円と50円単位で購入できるようになっていました。
そりゃそうよね。
以前は手数料が一枚10円だったのに民営化して手数料が1枚100円という10倍の大幅値上げ。
戸籍を取り寄せるのに450円なら手数料を考えると500円の小為替を送って「釣りはいらね~よ」の方が安かったんですもの。
そう言われても役所としては困っちゃいますよね。
そうやって小口の小為替を増やしたために以前は窓口で「●●円の小為替ください」で良かったのに今度は申請用紙を書かなくてはいけなくなりました。これも人件費かかるわよね。
つくづく郵政民営化って誰のためのものなのでしょうかと思いましたわ。

ゆほびか


最近「幸運を呼び込む」というキーワードに弱くなってこういう本を買ってしまいました。
不景気からかCDを流すだけで幸運が訪れるという企画が多いですね。
やっぱり最後は神だのみ。

« March 22, 2009 - March 28, 2009 | Main | April 5, 2009 - April 11, 2009 »

お気に入り











June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資