Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« October 5, 2008 - October 11, 2008 | Main | October 19, 2008 - October 25, 2008 »

流星の絆

東野圭吾原作・宮藤官九郎脚本で話題のドラマ「流星の絆」見ました。
東野原作でクドカン脚本?と不安もあったのですが、面白かったです。
原作はリクエストしたものの借りられるのはいつになることやらという状況で未読なのですが、クドカンらしいユーモラスなエピソードを盛り込んだテンポの良いドラマになっていたと思います。
視聴率はまだ未発表ですが、秋ドラマは「風のガーデン」と「流星の絆」の2強対決。そこに「相棒」が絡んでくる展開になりそうです。
倉本聰VSクドカンのタイプの違う脚本家対決はマスコミの話題になりそうです。

錦戸亮君は「ラストフレンズ」では損な役回りでしたが今回の役は合っていそう。関ジャニの中では静かなキャラですが二宮君と競演だとひょうきんでお調子者がしっくりきます。
三浦友和さんっていつの間にかいい俳優さんになってたんですね。
私の年代だと「百恵ちゃんの旦那」ってイメージの方が強かったんだけど、50半ばの疲れた雰囲気と40代前半の仕事盛りを見事に演じ分けてました。だけど相棒の設楽は14年の歳月を感じないわ。

しかしTBSさん。HPの人物相関図を見ると犯人も今後の展開も想像できちゃうってミステリィとしては問題あるんじゃないの?

特価1200円のバラ

P1000466

名前はわからないのですが、特価1200円で買った黄色のバラが咲きました。
この株で1200円はかなりお買い得だと思います。

大切にして毎年咲かせたいと思います。

貴乃花ダイエット

ブームのバナナダイエットも一時の大ブームは一息ついた雰囲気ですが、今だにバナナは高止まり。
ブームの火付け役森久美子さんがレッドカーペットに出演していましたが、「ダイエット効果あったの?」という体型。
ダイエット始めた当初の食生活がカロリーとり過ぎていたから、劇的な効果が表れたけどその後からが大変なんですよね。

ワイドショーは北の湖が法廷出廷の話題で持ちきり。インタビューを受けている貴乃花親方の映像にびっくり。
双子山親方が亡くなって兄弟バトルを繰り広げていた頃より顔色は良くなったようだけどまた一段と痩せたような気がします。
相撲に精進してストイックな方だと聞いてはいたけれど「痩せなければ」と思うと鉄の意志でダイエットしているんでしょうね。
現役引退したとはいえ、弟子に稽古をつけなきゃいけない部屋持ち親方なのに痩せすぎじゃないですか?

高速バス予約

楽天トラベルで高速バス予約

証券会社でとりあえず預金

世界的不況で株式市場が冷え込んでいますが、株を買わなくても証券会社にとりあえず資金を入れているだけで普通預金よりいい利子がつくんです。
只今楽天証券では最大7000ポイントプレゼント

ホットライン作っても繋がらなきゃ意味ないわよ

年金改竄調査でホットライン

厚生年金の標準報酬月額や加入期間の記録改竄(かいざん)問題で、舛添要一厚生労働相直属の調査委員会で委員長を務める野村修也中央大法科大学院教授が14日、改竄についての情報提供を受けるため、調査員の弁護士に直接つながるホットラインを開設したと発表した。
 ホットラインは、いずれも携帯電話080・2073・3498、080・2073・3499。FAX03・3595・2178。メールnenkinkiroku@mhmjapan.com
年金とくべつ便ににも専用ダイヤルあるけど繋がらないし、社会保険庁に電話かけても繋がらない。
義母の年金停止の手続きでは無駄足は嫌だからと電話したけど繋がらなくて、しぶしぶ混んでいる社会保険庁へ2度も足を運ぶ大迷惑でしたわ。
3年前に父の手続きをした時には電話は一回でかかったんですよ。それでも「この手続き高齢者一人じゃ大変だろうな」と思ったんです。
今の電話は繋がらない。行けば行ったで大混雑の状況じゃ、遺族年金貰いたくても手続きできない人もいるんじゃないでしょうかね。
案外それも狙いだったりして・・・

やりすぎコージー

題名どおり「やりすぎ」な演出で話題の「やりすぎコージー」が何と月曜9時に進出!!
しかしテレビ東京も大胆な決断。
一度はあまりの下ネタオンパレードに社長が激怒して「次の特番で視聴率9%とれなければ打ち切り」という高いハードルをだして事実上打ち切り宣言された番組がゴールデンですって。

2時間はちょっときついけれど裏番組とはまったく違う番組だけにテレビ東京ゴールデンの合格点はクリアするかもしれません。
ロンドンハーツから「見せたくない番組ナンバー1」の座を奪えるように頑張って(?)ください。

教育格差絶望社会


多く出ている「教育格差」の本ですが、各種データーや参考文献を引用して内容は濃い。
「一億中流社会」と言われていたが、実は段階の世代の頃から裕福な家の子が上級の学校へ行きやすいという状況は続いていた。
最近になってより状況が目に見えるようになっただけだというのは、2世3世議員の学歴を見ると納得できる部分もあります。
しかし小泉ジュニアが外国の有名大学で学歴ロンダリングしたように一昔前なら有力者の指定なら早稲田・慶応ぐらいに押し込めたのに最近は政治家の子供でも簡単には入れなくなったという事でしょう。

実際は思っていたほど平等でなかったにしろ、「一億総中流社会」と言われた時代は頑張れば親が豊かでなくとも上昇する希望が持てた。
今や早いうちからレースから降りてやさぐれてしまう子供が増えた。
これは日本という国にとって危機だと思います。

大学全入時代になって今や大学院までが必要にな時代に突入しようとしている。
そうなると教育費はますます莫大になる。
どうせ無理だからと早々と競争から降りる家庭が増えていくと思うと大きな問題だと感じます。

バイオ燃料で、パンが消える


バイオ燃料って話題になったけど、あっという間に「バイオ燃料はかえって環境に負荷をかける」って説の方が主流になっちゃってような気がします。
「カーボン・ニュートラル」という言葉も今ではあまり聞かれなくなったような気もします。
流行おくれなのかリクエストしてすぐ借りられました。
内容は意外と盛りだくさん。
特に日本は島国で海洋資源に恵まれているのでもっと海を生かす方法を考えないといけないという意見は目からウロコ。
原油高騰で日本の漁業は瀕死の状態ですが、一度漁業従事者を失ってしまうと再び育成するのは困難を極めるのですから漁業についてもっと考えないといけないと思いました。

「環境問題」が簡単でないのが実によくわかります。
しっかりと自分の目で見て自分の頭で考えないと「政治的環境問題」に踊らされてしまうと改めて感じました。

« October 5, 2008 - October 11, 2008 | Main | October 19, 2008 - October 25, 2008 »

お気に入り











August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資