Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« April 13, 2008 - April 19, 2008 | Main | April 27, 2008 - May 3, 2008 »

AROUND 40

今クール一番楽しみなドラマになった「Around40
天海さんや大塚寧々さんの設定や松下由岐さん担当の心理士が天海さんの部下なんていかにもドラマだね~と思うところもあるけど、台詞のひとつひとつが結構リアル。
「結婚も仕事も出産もそれでいて女を捨てないなんて、どれだけ欲張りなんだよ」
「ひょっとしたら結婚しないかもしれないって中途半端」
来週から天海さんの元恋人が登場するそうで、ますます波乱の展開になりそう。

読売新聞の「Y&Y]」で「絶対彼氏」に登場するもこロボが必要なのは緒方聡子(天海祐希)のような女性って書いてあったのがツボにはまって大笑いしてしまいました。
確かにもこロボはサキちゃんのような若くて可愛い女の子より注文の多い女達に必要だと思うわ。

Boogie Back to Tokyo


娘も息子もル・フレールのファン。
今回が息子がBoogie Back to TOKYO LiveのDVDを買いました。
ル・フレールって幼稚園で演奏する事もあるんですね。
ル・フレールの演奏を生で聴けるなんてうらやましいわ。

ホカベン

CM女王だけどドラマでは視聴率がとれないレッテルを貼られてしまった上戸彩ちゃん主演の「ホカベン」。
上戸彩主演の弁護士ドラマという設定を聞いてみないつもりでしたが、原作が中嶋博行さんだと聞いてみてみました。
第一回の印象は「なんか暗くて重いドラマだね~」
上戸彩ちゃんの頑張りも理想論ばかりのような気がして少々しらけ気味。でも一応第二回も見ようかしらと軽い気持ちで見てみたら離婚劇エピソードの完結編にはやられました!!
これだけ重い内容の弁護士ドラマって日本じゃあまり無かったんじゃないでしょうか。
さすが中嶋博行さん。
非公開の裁判を申請するのかと思ったら、戸籍法107条ですか。こういう法律もあったのね。

上戸彩ちゃんの新人弁護士役は青すぎ!!って感じだけど北村一輝さんの先輩弁護士はさすがの貫禄。
有能な弁護士だったらしい北村さん窓際セクションにいる理由もだんだん明らかになりそうです。
離婚を申し立てる母親役は富田靖子さんだったんですね。最後のエンドロールを見るまでわかりませんでした。随分痩せたような?いい女優さんなのでもっと活躍して欲しいものです。

保証人はお姉ちゃん?

息子が専攻する事に決まった研究室のキャンパスが遠くて自宅通学が困難なので秋から下宿する事になる予定になりました。
アパート代+仕送りは家計に重くのしかかりそう。
我が家の家計をおもんばって、息子が日本学生支援機構のパンフレットを貰ってきました。
第一種は選考が厳しいから難しいかもしれないとの事。
でもこの低金利の時代に金利払うのもバカバカしいし第一種だか申し込もうかしら?
保証人をつけられない場合は補償機関を利用して補償料を支払わなければいけないですって。
「連帯保証人は父母でもいいらしいからお父さんにして。保証人はお姉ちゃんだね」と言ったら息子が嫌そうな顔。
お姉ちゃんに保証人になってもらったら一生頭があがらないものね。

普通の家族がいちばん怖い


各年代の主婦にクリスマスとお正月の食事のレポート。
衝撃的なんだけど
モンスターマザー より散漫な印象。
40代から30代の主婦を学歴等バランスよくなるように選んだというけれど、読んでいて違和感を感じてしまう。
モンスターマザーに出てくるアラウンド30(アラサー)世代は傍から見ていても「この先日本は大丈夫なんだろうか」と思ってしまうことも多くて、本を読んでいて「なるほど」と思ったんだけど、この本の中の40代のような人は私の周りにはいないわ。

著者が御節とクリスマスの料理にこだわりすぎるのも、違和感を感じてしまう原因のひとつだと思う。
やっぱりお節料理は時代遅れで「お節を作ることが日本の伝統を守る事」なんていわれたら引いてしまう。

元になるデーターの信憑性が疑わしいという意味では下流社会 もそうだったけど、下流社会は時代の雰囲気の切り取り方がうまかったからヒットしたけど、この本は問題提起の仕方が不足している印象。

愛子さま初等科へ入学

<愛子さま>徒歩で元気に登校 雅子さまと一緒に
学習院初等科へ入学した愛子さまが今日から本格的に授業が始まると言う事でワイドショーは黒いランドセルで登校する愛子様の映像を流していました。

秋篠宮家:眞子さまが単独での初公務
眞子さまが始めての単独公務という事でワイドショーは皇室ネタで盛り上がっていました。
だけどダメだよ。眞子さまの成長の軌跡なんて言って眞子さまの過去の映像流しちゃ。
眞子様はもちろん、佳子さまが一才の時に手を振って取材陣に「バイバイ」って愛嬌を振りまいている映像を愛子さまネタの後に流しちゃまずいでしょ!!

「ROOKIES」VS「ごくせん」

不良高校生達と熱血教師が対峙する学園ドラマが土曜日の8時と9時に放送される事になりました。
今クールのドラマは「ごくせん」VSキムタクドラマという前評判でしたが、「ROOKIES」が案外穴馬になるかもしれません。
初回を見る限りドラマとしての出来は「ROOKIES」の方が数段上。
何と言っても不良高校生役の俳優の迫力が段違い。
市原隼人や城田優や宮崎あおいの旦那高岡蒼甫など「途中でトラブル起こして降板なんて事にならないでしょうね」と本気で心配しちゃう危険な香りのする俳優さん達と佐藤隆太の対決は迫力満点。
「ごくせん」の不良役はジャニーズグループとジュノンボーイグループで「ROOKIES」と比べるとホスト軍団に見えちゃう。
ジュノンボーイグループはイケメンだけどジャニーズグループのヘッド高木雄也君は松潤や赤西君と比べるとそこらへんの兄ちゃんにしかみえない。
「ごくせん」は水戸黄門と同じお約束ドラマだからそこそこの視聴率は出るだろうけど第2シリーズほどの話題にはならなそう。
「ROOKIES」は裏のバラエティが強いからリアルの視聴率は苦戦するかもしれないけど、脚本と演技をしっかりしたドラマを作ればDVDで大逆転が期待できますよ!!


タイトルクレジットを見たら上地雄輔君の名前があるじゃないですか!上地君が先生?と思ったらライバル校のピッチャー役ですって。
え~上地君と佐藤隆太って同い年じゃない!
学年は同じでも上地君が1979年生まれ佐藤隆太が1980年生まれで上地君の方が年上でしょ。
小出恵介の高校生役よりキツそう。

« April 13, 2008 - April 19, 2008 | Main | April 27, 2008 - May 3, 2008 »

お気に入り











April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資