Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« December 23, 2007 - December 29, 2007 | Main | January 6, 2008 - January 12, 2008 »

就職活動


息子の就職活動のためにコートを購入しました。
本人がカルバン・クラインが気に入ってしまい。
「無収入の学生のくせに」と思いながらも買ってしまいました。
就職活動には無地のスーツの方が無難という情報を息子が聞いてきたのでスーツも買わなくてはいけません。
あと靴にカバンに・・・
結構出費がかさみそうです。
がんばって就職してもらわなくては!

医師不足

近所の公立病院の外来医師担当表が新聞に折り込まれてきました。
泌尿器科の常勤医師が昨年辞めてしまい、週1回非常勤医師が回ってくるだけになりました。
亡くなった父はこの公立病院の泌尿器科に長くお世話になっていました。
あと数年父が生きていたら今頃どうなっていたかと思うと自分の父の事ながら「じいさん、いい時に死んでくれた。ありがとよ~。」と思ってしまいます。
冗談じゃなくそれほど現在の医療崩壊は深刻なんです。

死亡男性、5病院「処置中」「満床」 東大阪
こういうニュースがこれから増えるのでしょうか?
「僕ちゃんお腹射たい」と言えば一日数万円の特別室に何日でも入院できる身分の議員さんには庶民の痛みはわからないのでしょうか?

探偵ガリレオ




ドラマ「ガリレオ」効果で図書館ではかなり待たされそうだったけど娘が文庫版を買ったのを読みました。
「容疑者Xの献身」もブックオフで購入したのを持ってきてくれたので後ほど読み直してみます。
元々ガリレオは佐野史郎さんのイメージで書かれていたのですね。
小説を読むと福山より佐野さんの方が近そう。
でも佐野さん主演ならあれほどヒットしなかったでしょうね。
草薙の役を柴崎コウさんにしたのはどうなんでしょう?
福山&北村コンビの物語を見てみたい気がします。
トリックの部分では10年間の科学の進歩を感じる部分が多かったです。
6話で携帯を投げて救助を呼んだのは携帯電話を新型に変えるため?原作四でも必然性が感じられませんわ。

楽園


やっと読み終わりました。
模倣犯の続編のような宣伝だったけれど、模倣犯とは別物。
前畑滋子が主人公ではあるけれど、事件の導入部のネタが結局超能力とはちょとガッカリ。
模倣犯とのつながりが見え隠れしていたけれど、少年が偶然模倣犯事件関係者と会っていたと推察されるでしりすぼみな感じ。
少年と親がわが子を殺して自宅の床下に埋めていた事件とのつながりが解き明かされていく過程は面白いのでもっとコンパクトに話をまとめたほうが良かったと思う。

テレビ東京大穴になるか

新年あけましておめでとうございます。

大晦日の紅白歌合戦はどうしても司会の仲居君の髪の毛に目がいってしまう。
「仲居君、おでこ広くなったな」
「おでこもそうだけど、テッペン薄くなってるよ!」
「あの前髪不自然。エクステンションで増毛してるんじゃない?」
と我が家では仲居増毛疑惑で盛り上がりました。
TOKIOの城島ちゃんの髪の毛をいじってたけど、メンバーがズラ疑惑などで突っ込まない分仲居君の方が痛々しい。
キンキの光一君みたいに自分でネタにしちゃった方がいいと思うんですけどね。

豪華衣装で話題の小林幸子に挑戦状をつきつけたインリン様。
同時間帯放送を希望したそうだけど小林幸子の時間帯は和泉元やでした。
インリン様は期待を裏切らない露出度の衣装で盛り上げてました。
インリンちゃんはすごい!!ピンヒールで背筋を伸ばしてリングの中を歩くだけでも凄いのに、台本があるとはいえプロレス技まで見せちゃう。あのセクシーボディのどこに筋肉が隠れているんでしょう?
ハッスル祭り面白かったから高視聴率じゃないでしょうか?
その前の「年忘れにっぽんの歌」も紅白より紅白らしい番組として固定ファンを持っているので今年の年末視聴率競争はテレビ東京が大穴になる予感。

と思ったらハッスルは4.0%で惨敗だったそうです。
最近私の気に入った番組は低視聴率ですわ。空気読めないのかな~。
K-1は14・8% ハッスルは惨敗
そういう私も台本のあるハッスルはリアルチラ見でDVD観賞組なんですけどね。
ドラマよりバラエティの方が視聴率がいいのはドラマはDVDでバラエティはリアルでながら見という説もあるくらい録画視聴率もとらないと正確なことがわからないじだいになっていると思います。

Taking Chances

セリーヌのTaking Chances を聴いていたら旦那が「この歌聴いた事あるな。マラリア・キャリー」と聞いてくるではありませんか。
「マラリアは病気。マライア・キャリー。この歌を歌っているのはセリーヌ・ディオン。聴いた事あるのはWISHのCMで流れているから」
「ディオン?紅白にでるって話題のリア・ディオン?」
「リア・ディゾンは音痴!!セリーヌ・ディオンはタイタニック歌った人」
漫才のような会話でした。

年の瀬の日記がこんな内容でよいのだろうか?
この一年拙いブログを読んで下さっってありがとうございます。
2008年も皆様がご健勝である事をお祈りいたします。

ごくせん

4月から第3シリーズがはじまるのを記念して「ごくせん」第1シリーズを再放送してます。
今をときめく小栗旬君が出てたんですね。
今やエロ男爵・エロ神様で有名になった沢村一樹さんがヤンクミがあこがれるイケメン刑事役。
おバカタレントとして有名になった上地祐輔君や演技派・松山ケンイチ君も出ているらしい。
上地君はそれらしい生徒がいるのですが、松山ケンイチ君は全くわかりません
松山君は役によって全く変わってしまうカメレオン役者なので今回はどのような雰囲気で演じているのでしょう?

« December 23, 2007 - December 29, 2007 | Main | January 6, 2008 - January 12, 2008 »

お気に入り











August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資