Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« February 18, 2007 - February 24, 2007 | Main | March 4, 2007 - March 10, 2007 »

地方自治

東知事ウルウル 師匠たけしと再会
毎日のようにニュースをにぎわせている宮崎県東知事。
政治的手腕は未知数ながら公約のひとつ「宮崎県のセールスマンになる」は120点満点を上げてもいいんじゃないでしょうか?

タレント時代のそのまんま東はそんなに好きじゃなかったし、県知事・東国原英夫にも不安を覚えているのですが、テレビで東知事をやると見ちゃうんですよね。
宮崎県の問題って全国的な問題なんですよね。
しがらみだらけで身動きがとれない。
変わらなくてはいけないのに変われない。
東知事のお手並み拝見です。
知事・副知事・出納長の公用車を売却するようです。
東知事の乗った車だけ高く売れたらまた話題になるんでしょうね。

テポドンしんちゃん不戦勝かと心配していた東京都知事選ですが、やっと元宮城県知事浅野氏が出馬してくれるそうです。
浅野知事が出馬の意向となると、とたんに低所得者の都民税を全額免除を打ち出しました。
都知事選にも注目です。

就職迷子の若者たち


景気が回復したといっても正社員の採用は未だ狭き門。
ハウトゥー本として参考になりました。
今の就職活動ってネットが必需品なのね。

「女は子供を生む機械」とんでも発言のおかげで少子化と就職難がリンクしている事に関心を寄せる人が増えたのはいい事なんでしょう。
自民党の広報誌みたいに保守よりだった読売新聞でさえ「ワーキングプア」という連載を始めました。
非正規雇用が33%に、年収199万円以下が過半数
次世代を食い物にするような政策はやっぱりまずいですよね。

医師不足

ICU医師全員退職へ 国循センター 執刀との分業困難
近所の公立病院でも内科の医師が二人辞めてしまい。3月いっぱい予約以外の受付をしないというチラシが入っていた。
緊急の受付もしないそうだ。
医療過疎は大問題だ。

累犯障害者


人生は塞翁が馬という言葉があるが、この人の場合まさにその通りだと思う。
秘書給与流用で実刑判決を受け刑務所内で見た障害を持つ受刑者達。
その姿に衝撃を受け自分のライフワークにしようと誓った山本氏。
このリポートはまさ余人を持ってかえがたい作品なのでしょう。

先日、知的障害者の名前を勝手に使い携帯電話などの契約をした団体が摘発されたが、ここで取り上げられているのは知的障害者と養子縁組をして障害者年金を着服し、携帯などの契約をして障害者を食い物にする人々。
売春をする知的障害者。

聾教育の現場に「9歳の壁」という言葉があるそうだ。聾唖者は聾学校の高等部を卒業したとしても所詮9歳レベルの学力しか身につかないという意味だそうだ。
「9歳の壁」という言葉は中学受験塾用語かと思った。
具体的思考から抽象的思考へ移るのが9歳ごろというような意味だと思った。
聾者が9歳の壁を越えられない人が多いとしたら、それはやはり聾教育に問題があるのだと思う。

事件が起き大々的に報道されていたのに、犯人が捕まってある日を境にピタリと報道が止まってしまう事がある。
多くが犯人が精神病通院暦があったり障害者であった場合だ。
マスコミは触法障害者の存在をタブー視し触法障害者は「この社会にはいないもの」として扱っている。
日本のマスコミは努力する障害者については美談として頻繁に取り上げるが、法をおかしてしまった障害者は「いないもの」として無視する。
法を犯してしまったといっても多くは微罪で、中には捜査法に疑問を感じるものもある。

触法障害者は大変難しい問題だが山本氏も言っている通り今のままでは大変効率の悪い税金の使い方としか思えない。
政治的に配慮して「いなかったもの」として報道しないのではなくキチンと報道して皆で考えるべきだと思う。

芸能人こそ東大へ行け!!プロジェクト

昨日は、テレビ東京「ド短期ツメコミ教育 豪腕こーちんぐ!」人気コーナー「芸能人こそ東大へ行け!」プロジェクトのセンター合格発表。
最初のうち見てたんだけど、内容の水増しが目に余るようになったので見てなかったのだけど、センター結果発表というから見た見ました。
結果は11人全員センター合格ならず。
全員足きりとはちょっと意外。
シャカの植松俊介は早稲田大学卒業だっていうし、レイザーラモンRGは立命館大学卒業。
30歳前後って一番大学受験が厳しい時期じゃないですか。その時期にブランド大学に合格したんだからそれなりの基礎学力はあると思うんですけど一時突破もならずなんですね。

アカデミー賞

今日は菊池凛子がアカデミー賞受賞なるか一色でしたね。
残念ながら受賞は逃しましたが、今年は「硫黄島からの手紙」「バベル」と日本人が出演している作品が沢山ノミネートされてアカデミー賞が注目されました。
これもハリウッドのネタ切れとビデオの普及などによりアメリカ国内の配給収入より海外からの収入が多くなり、海外を意識した作品を作らないと儲からなくなったハリウッドの事情もあるようです。

http://event.movies.yahoo.co.jp/academy_awards/2007/
レオ様は作品賞受賞はなるも自身の主演男優賞は逃す。
今回はフォレスト・ウィッテカーがアミンが出演しているのかと思ったといわれる程の熱演ですからね。
ともにノミネートされたピーター・オトゥールなんて1962年にノミネートされてからノミネートは数知れずなのに一度も受賞してないそうだから、レオ様はまだまだですよ。

<アカデミー賞>ゴア氏出演の「不都合な真実」も受賞
ゴア氏は威風堂々としてました。
英語も明瞭で聞き取りやすいし、あ~、彼が大統領だったら今頃世界はどう変わっていたんでしょう?
ハリウッド映画が衰退したのにはネタ切れもあるけど、バカブッシュが因縁つけて戦争を仕掛けるような政策を採ったからアメリカが世界の嫌われ者になっちゃったってのもあると思うんですよね。
スターウオーズの悪の帝国がアメリカになっちゃ見てる方もしらけるでしょ。

縦並び社会


一億総中流社会は過去のものとなり、格差社会の足音がヒタヒタと近づいている。
このレポートを見ると実際はもっと状況になっているようです。
特に地方の惨状は早急に手を打たないといけないようです。
最近天災が多いと思っていたが、気候変動の影響だけでなく森林を守る人がいなくなり少し雨が降ると土砂崩れが起こるとは知らなかった。

過疎地域の2641集落が消滅の危機 国交省など調査
補助金をばら撒きいらないハコモノを作る地方活性化でなく、森林や田畑を守る人が真に報われる政策を目指さなければいけないと思う。

« February 18, 2007 - February 24, 2007 | Main | March 4, 2007 - March 10, 2007 »

お気に入り











December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資