Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« February 11, 2007 - February 17, 2007 | Main | February 25, 2007 - March 3, 2007 »

ドイツで「産む機械」論争 

ドイツで「産む機械」論争 

日本と同様に少子化に悩むドイツで、カトリック司教の「産む機械」発言をめぐる論争が起きている。政府が検討中の保育所増設計画に対し、司教が「幼児が母親から離され、女性を『産む機械』に格下げする」と批判したのがきっかけだ。カトリックは国内に強い影響力があり、保育所の利用者などが猛反発。メルケル首相も23日、「産む産まないは自由だ」と批判したが、司教に発言を取り消す気配はない。
「生む機械」発言に対し菅代表代行の「生む生産性」発言で言葉狩りはやめようという雰囲気に持っていっておしまいにしようとしていた政府に海の向こうから「生む機械」発言でまた議論が起こりそう。

でもこの司教の発言は柳沢厚生大臣とはだいぶ趣旨が違うようで・・・

子供というのは生んで終わりでなく育てるのも重要な仕事。
子育てをどのように捕らえるかによって司教の発言の意味が違ってくる。
しかし
保育所を増やすと「母親が子育てを手放し労働力として産業に組み込む事を優先している」というのは卵が先か鶏が先か」みたいな議論。
生活の為に働かなくてはいけない母親にとっては保育所が増えるのはいい事だけど、子供の立場からすれば乳児期は母親が主体となって子育てする方が自然な気がする。保育所が増える事により子育てより仕事を選ぶ母親が増える事に警鐘を鳴らそうとする司教の意図も少しだけわかるんだよね。

後からペコペコあやまっても「最近の女は知恵をつけて子供を生まない」って心の中で考えてるのがわかる構成労働大臣よりは自分の信念に基づいて発言した司教の方が好感が持てる。

日銀利上げ 株価6年ぶりに18000円台

日銀が追加利上げを決めて株価は6年9ヶ月ぶりに1万8000円台を記録。
株価が下がらなかった事で、金利が低い日本で資金を借りて金利の高いアメリカで運用する円キャリートレードが加速しているとか?
こういう何も創らずお金を右から左へ動かすだけで利益を得る集団が跋扈するのはいずれ破綻するような気がすると思うんだけど。

5月から三角合併が解禁されるのに日本の株価が高くなると外資が買いにくくなるから日本の株価が上がり過ぎないように金利を上げたなんて説もあるし。

経済は複雑で難しいわ。

ハケンの品格

「ハケンの品格」の視聴率がいいようですね。
やっぱり篠原涼子の人気もさることながら、派遣などの非正規雇用問題が注目されているのも関係しているのでしょうか。
ハケンVS正社員というドラマの構図になっているけれど、嫌な正社員として描かれている大泉洋は仕事に比べて特別高い給料もらっているわけじゃないんですよね。
若者を非正規雇用にして浮いた人件費は松方弘樹演ずるような上部の人間の給料に回されている。
松方弘樹の給料を半分にすれば何人の派遣を正規雇用にできるのか?
まだドラマはそこまで突っ込んでいないようですが、やっぱりそこまでやって欲しいです。

しかし篠原涼子もダウンタウンのごっつええ感じの頃はバカキャラだったのに、いつの間にか大女優になっちゃいましたね。
小室哲也と組んで「いとしさとせつなさといとしさを」で大ヒット。市村正親とつきあうようになって女優として大躍進。
自分を向上させてくれる男を見る目がある人ですね。

介護施設で身体拘束

老人虐待:ペット用のオリに…手錠も 千葉の介護施設
何とも衝撃的な写真。
ワイドショーでは絵になる写真だけに色々報道しているけど、介護保険を使わず入居料(一時金30万円、月額15万円前後)だけで他の施設で断られた入所者を受け入れているのだとしたら、とても人手が足りない。
拘束されている画像を見ると心が痛むが「家族も了解済み」というのはわかるような気がする。
本当、自分がその立場になった時に体を縛らない自信が無い。
この事件は、うわべだけの偽善的な報道になって欲しくないと思う。

人事じゃない大型バス事故

<スキーバス事故>分離帯に激突、アルバイト添乗員が死亡

18日午前5時25分ごろ、大阪府吹田市津雲台7の府道大阪中央環状線で、スキー客を乗せて長野県から大阪市内に向かっていた「あずみ野観光バス」(本社・長野県松川村)の大型観光バス=小池勇輝運転手(21)、乗員乗客計27人=が、道路脇のコンクリート柱(幅約2メートル)に衝突。小池運転手の弟でアルバイト添乗員の雅史さん(16)が胸などを強く打って死亡、小池運転手と乗客2人の計3人が重傷、23人が軽傷を負った。
最初この事故のニュースを聞いたときは「バス事故か」としか思わなかったが、だんだん詳細がわかってくると小泉規制緩和政策のひずみが引き起こした事故だと思うようになって背筋が寒くなった。
大阪バス事故、運転手は連続徹夜「最近は毎日運転」
小池勇輝運転手(21)が、事故当日までの少なくとも2夜にわたり、1人で連続乗務していたことが府警交通捜査課と吹田署の調べでわかった。
片道約500キロを1人で運転しており、府警の調べに、「スキーシーズン中で多忙なため、ここしばらくは毎日運転していた」と供述しているという。 いずれの乗務でも途中交代なしに徹夜で運転していたという。府警などによると、小池運転手は昨年7月に大型2種免許を取得したばかり。バスには、出発時、交代要員として下総社長の妻で同免許を持つ専務(44)が乗務していたが、途中の休憩場所で別のバスに乗り換えたという。
 同社は、貸し切りバス事業が免許制から許可制に規制緩和された後の2000年7月設立された。大型10台、中型2台のバスを所有し、従業員は約10人。小池運転手は下総社長の長男、死亡したアルバイト添乗員で定時制高校1年の小池雅史さん(16)は三男。昨年1~2月、運転手1人にスキーツアーなどで4時間以上連続運転させながら、定められた30分間の休憩をとらせていなかったとして、同6月、大町労働基準監督署から是正勧告を受けている。
規制緩和によって新規参入が増えて競争が増えたのはいいことだと思う。
しかし、それが価格競争に走りしわ寄せが運転手や整備部門に及び安全性が損なわれるとしたら大問題だと思う。

あずみ野観光は、00年設立で、従業員6人。小池運転手は社長の長男、死亡した雅史さんは三男。18歳未満の雅史さんの深夜勤務は、労働基準法に違反する可能性が高い。

料金は高いより安いほうがいいに決まっている。でもそれが労働者の搾取によってなりたっているのだとしたら、まるで時代が戦前に逆戻りしているようなものじゃないか!!

JR福知山線脱線事故の時も感じたが、事故の責任を運転手一人にかぶせていいのかと思ってします。
この大型バス事故は運転手と会社だけの責任じゃないと思う。
バスだけじゃない。トラックもタクシーも過当競争にさらされて働く人は疲弊しきっている。
安ければいい。便利な方がいいというのは考え直さなくてはいけないと思う。

え~、来年もやるの?

慎太郎ご満悦「多くの人にありがとうと言われ…
石原都知事は自画自賛のご満悦のようだけど、地球温暖化が問題になっている時代にこんなに大金かけてゴミ出して大々的な交通規制をしてまで東京でマラソンやる意義があるのかしら?
本当大迷惑。

ハゲタカ


NHKの土曜ドラマ「ハゲタカ」迫力ある。
サッポロビールの外資買収とか大丸と松坂の経営統合とかのニュースが毎日新聞紙面を飾るようになった。
今年5月から外国企業でも日本企業の株を5%あれば日本企業に三角合併を仕掛けられるようになる。
そうなると日本企業はどうなるんだろう?
今日本の株式が好調だけど外資が日本企業を買収する為に日本株を買っているのだとしたら先行き不安だ。

« February 11, 2007 - February 17, 2007 | Main | February 25, 2007 - March 3, 2007 »

お気に入り











June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資