Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« July 29, 2007 - August 4, 2007 | Main | August 12, 2007 - August 18, 2007 »

「改革」にダマされるな!


参議院選挙前まで、日本は改革しなければならない、改革しなかったら日本はおしまいだ」と声高に叫ぶ人の威勢がよく「改革」に少しでも疑問を示すと有無を言わさず「抵抗勢力」「既得権受益者」などのレッテルを貼られて黙らされてしまい冷静な議論ができない風潮になっていました。

奪われる日本などの著者関岡英之氏と精神科医の和田秀樹氏の共著。
医療・安全・教育にスポットを当てて「改革」という名の日本のアメリカ化が何をもたらしたかを分析する。
かつての日本は「老人の社交場」と揶揄されながら国民皆保険の下、も安心して医療機関にかかれた。それが早期発見・早期治療につながり結果的に日本の医療費はアメリカより割安になっていた。
今は医療不安が広がりテレビをつければ「よ~く考えよう」という外資の保険のCMばかり。
有力なスポンサーに遠慮してかマスコミは此の事を報道しない。
ちょっと前はで消費者金融のCMばかりだったのに状況が似ている。

教育についても塾や予備校・通信教育・家庭教師のCMばかり。
これでいいのか日本。

かつて「奥様は魔女」などに登場するアメリカの中流家庭は憧れだった。
でも最近のアメリカドラマを見ているとアメリカに憧れをもてない。「アリー・マイ・ラブ」で優雅な弁護士ライフを見せても何でも裁判の国にはなりたくないし、「CSI」の何でもありの犯罪国家にもなって欲しくない。「ER」は年々世知辛くアメリカの暗の部分を映し出す。
「プリズン・ブレイク」ではⅡになって大統領の陰謀を暴く展開になっているようだし、アメリカ自身も今のブッシュの方針に疑問を持ち出しているような気がする。

小泉政権時代は政府に都合の悪い事が起きると北朝鮮で何かが起こったり民主党がポカをやらかしたりと国民の目をそらせる事件が都合よく起こったものだが最近は少ないのはブッシュの力が弱まったからだろうかと思ったりする。

暑い!暑い!暑い!!

いや~、今日の暑さは殺人的です。
今月いっぱい猛暑だそうです。
体が持つでしょうか?
でもやせないのよね。

社保庁、年金漏れ後始末に巨費…新システム導入に疑問の声

社保庁、年金漏れ後始末に巨費…新システム導入に疑問の声

年金記録漏れ問題で、社会保険庁が該当者不明で宙に浮いた年金記録約5000万件を分析するため、新たなコンピューターシステムの導入に向け準備を進めていることがわかった。
 社保庁は現在も、年金記録のコンピューターシステムをリース契約し、その経費として年間約1000億円を支出している。今回、記録漏れの後始末のために新システムを導入すると、さらに億単位の支出が必要となり、社保庁の業務を監視する総務省の「年金業務・社会保険庁監視等委員会」の委員からも疑問視する声が出ている。
社会保険庁はどこまで無駄遣いをすれば気が済むのだろう。

日本国籍選択は北京五輪のためじゃなく結婚が理由だったのかしら?

ダル&サエコ“でき婚”今秋にも
いや~、日本ハムのダルビッシュ選手とサエコの交際発覚にもびっくりしたけどでき婚にはもっとビックリ!!
サエコって小出恵介と付き合っていたと思ったらいつの間にか乗り換えててんですね。
「早慶カップル」ってちょっと話題になったけど、意外と盛り上がらなかったからもっと有名人を狙ったのかしら?
5月に交際スタートで8月に妊娠3ヶ月ででき婚って「大丈夫かよ」って心配になっちゃいます。

日本ハム・ダルビッシュが日本国籍選択へ
日本国籍選択も北京五輪のためじゃなく結婚が本当の理由なんじゃないかと思っちゃいます。

本当にうつで悩んでいる人に迷惑がかからなければいいけれど

朝青龍「急性ストレス障害」帰国必要
相撲診療所の医師の診断でも帰国がベストと出たそうだけど、やっぱり信用できないわよね。
モンゴルの事業が心配で心配で病気になったんじゃないかしらと思っちゃう。

今回の騒動で本当に欝で悩んでいる人が周囲から誤解されなければいいのだけれど・・・

内君カムバックおめでとう!!

関ジャニ8 内に復活ラブコール

ジャニーズの研修生として少年隊の舞台「PLAY ZONE」で仕事復帰した内博貴(20)が5日、東京ドームで行われた、関ジャニ8のコンサートのステージに立った。会場内が騒然となる中、内はファンに謝罪とお礼を述べるにとどまったが、古巣のメンバーは、5万5000人のファンに「これが関ジャニ8です!」とアピール。内に関ジャニ8復帰のラブコールを送った
内君完全復帰して関ジャニに戻ってきてね。

世代間最終戦争


高齢者は本当に弱者なのか?
若者こそ高齢者に搾り取られている被害者なのではないか?

バブルの責任者のくせにバブルの後始末を次の世代に押し付け、高額な退職金・満額年金・資産価値のある不動産・豊かな預貯金。
今の高齢者の中には「年金食い逃げ」といわれても仕方ない人が沢山います。
一律に高齢者だからと優遇する事に限界が来ているのは間違いないと思います。

高齢者にとっては目に痛い本。虐げられた若者にとっては痛快な本。4・50代にとっては微妙な本でしょうか?
年金食い逃げ世代を親に持ち、ひょっとしたら逃げ切れる可能性のある団塊の世代の行動がこれからの日本の将来が変わってくると思います。

高齢者の延命のために医療費を使うなら、不妊治療の保険適用や儲からないからと小児科や産婦人科が減っている対策費に回すべきという意見には非常に同意。

« July 29, 2007 - August 4, 2007 | Main | August 12, 2007 - August 18, 2007 »

お気に入り











August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資