Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« July 15, 2007 - July 21, 2007 | Main | July 29, 2007 - August 4, 2007 »

世界同時株安?株の購入時?

週明け東京どうなる…NY株安、止まらない
NY株が下げて日本の株も下がってます。
来週どうなるんでしょう?
もっとも最近の米国株は上がりすぎのような気がしていたので調整局面ともいえます。
日本経済自体は変わっていないので下がっても一時的という見方もあってだとしたら今が株の買いときなんでしょうね。
はてさて、どうしましょう?

雇用ダンピング


現代の雇用が市場原理にさらされて破壊されている様子をレポートしてある。
派遣という待遇により社会保障からはじき出された人々。
これからの日本はどうあるべきか真剣に考えなくてはいけないと思う。

やっぱり小沢一郎は悪人顔

今日の新聞折込に自民党と民主党の広告が入っていました。
両方とも安倍総裁と小沢代表の顔が大きく載ったデザイン。

麻生外相が「奥さんの趣味でいこう。小沢一郎、安倍晋三の顔、どっちが趣味です? 見る目がある人はみんな、安倍さんと言うんじゃないか。おれはそう思うけどね」と「党首の顔で選ぼう」とアルツハイマー発言が無ければこちらが大問題になった暴言を言ったみたいだけど、顔だけ比べれば小沢一郎はやっぱり悪人顔だよね。

だけど安倍首相も小泉さんの片腕として人気を博していた時と比べると人相悪くなったわよね。
今顔で選ぶとしたら年金問題で金星を挙げた長妻議員よね。
40過ぎの男の顔は自分の責任というけれどやっぱり顔の作りだけの問題じゃないと思うわよ。

宮崎県大チョンボ

宮崎県「支援金は市町村に」 イオン「打診したが県辞退」 行き違い 贈呈取りやめ

イオン九州(福岡市)など九州のイオングループが、九州南部を中心に猛威を振るった台風4号の災害支援金として、宮崎県に100万円を送ろうとしたが、同県側との話の行き違いから、贈呈を取りやめたことが23日、分かった。イオン側が「宮崎県が辞退した」と受け取ったためだが、鹿児島、熊本両県は支援金を受け取っただけに、宮崎県側は「もったいない。残念な結果になった」と悔やんでいる。イオン九州によると、災害支援金は、全国のイオングループでつくる社会貢献団体「イオン1%クラブ」が拠出。17日に宮崎、鹿児島と、今月上旬に豪雨災害のあった熊本の計3県に贈呈を打診したところ、宮崎県だけが「実際に被害のあった市町村に送ってほしい」と回答。イオン側は、県単位で送る意向だったため「辞退した」と受け取り、鹿児島、熊本両県だけに支援金を送った。
 宮崎県内の台風4号の被害総額は、被害がひどかった延岡市や日向市などを含め約105億円(19日時点)に上った。災害支援金の窓口となる同県福祉保健課は「市町村で受け取った方が迅速に対応できると考えた」としている。イオン九州は「当社としても残念だが、あらためて送る予定はない」としている
もったいない事しましたね。
台風4号も被害が大きかったはずなのに直後の中越沖地震に注目がいってしまい、ほとんど関東では報道されていないので心配していました。
新潟沖地震の義捐金はイオンに入れようと思ってます。集まった義捐金と同額をイオンが寄付するそうなので倍になるかなと思っています。

ライフ

フジテレビ深夜の『ライフ」面白いです。
高校生のいじめがテーマ。
今の高校生ってストレスたまりますね。

イジメ役を好演する福田沙紀は夏のラッキーガール

でっちあげ


この事件の事は報道された当初「とんんでもない教師が世の中にはいるものだ」と思ったものです。
その後ショッキングな事件が相次いでこの事件の続報が無い事をとくに気に留めていませんでした。
それが親による事件の捏造とマスコミの誤報による報道被害事件の可能性が高い事件だったとは・・・

この本は教師側の取材に基づいて書かれているので事件の真相はわかりませんが、少なくとも報道されたようなひどい教師による子供へのいじめは無く、子供のPTSDも誤診と思われます。

しかし、マスコミは何故親側の主張を一方的に信用せず周辺取材を徹底しなかったのでしょう?
家庭訪問時の会話は証拠が無いにしろ、これほどひどいイジメが教室で行われていたのなら同級生の口から保護者間に伝わり報道前に噂になっているはずなのに、出てくる話は「そんなに悪い先生じゃない。信じられない。あの母親は昔から大げさ」という噂ばかり。

この教師は親のいいがかりで停職6ヶ月という重い処分を受け、社会的に抹殺寸前までの重大な被害を受けた。
この子供も親の思い込みでPTSDと診断され入院させられ精神薬を処方された。

報道した週刊誌・テレビ側に処分が下されたという話は聞かない。

理不尽な親に苦慮…学校の苦情対応外注
学校に無理難題を持ち込む親が増えているという。
この本を読んで感じたが校長・教頭・教育委員会が事なかれ主義でなく、もう少し調査していればこんな事件は起きなかったのにという事です。
無理難題をふっかける親も親ですが、それほどまでに教師の信用を失墜させてしまった「ダメ教師・無責任教師」年代は定年となり多額の年金を貰って悠々自適生活をしていたり○○委員会や○○室長などの役職について現場から離れている事が多いんですよね。
ここでも後の世代が貧乏くじをひかされている。

« July 15, 2007 - July 21, 2007 | Main | July 29, 2007 - August 4, 2007 »

お気に入り











October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資