Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« May 13, 2007 - May 19, 2007 | Main | May 27, 2007 - June 2, 2007 »

うがい薬で洗面所掃除

昨日の金曜日のスマたちへのゲストは沖幸子さん。
突撃となりの汚れで色々なお宅をお掃除。
あるお宅で洗面所の汚れにうがい薬を使って掃除していました。

「え~、うがい薬!!」と思ったものの、あまっているうがい薬があったので早速掃除してみました。
そうしたら綺麗になりました。
薄くついていた膜がとれた感じ。
びっくり、びっくりでした。

そのオモチャ、本当に買ってあげていいの?




原題は「Choking on the silver spoon」副題にもある「シルバースプーン症候群」で窒息させられる・息ができない・枯れるなどの意味になるのでしょうか?
アメリカの中の上から上流社会に生まれた子供達が物に囲まれて豊かな少年時代を過ごして自立できない事に危機を訴える本。

日本でも少子化で子供の数が減るなら一人頭で頑張ってもらうしかないとばかりに企業側は子供の欲望を刺激する商品を開発し、大規模な宣伝をする。
両親・両祖父母の6ポケットどころか、独身貴族の叔父・叔母の財布まで狙った戦略。
常にアメリカの後追いで社会現象が生じている日本でもこの本に書かれている事は対岸の火事ではないと思う。

裁判員制度

裁判員制度、裁判長から死刑選択の可否質問も

2009年に始まる裁判員制度に向け、最高裁の刑事規則制定諮問委員会は23日、裁判員の日当を上限1日1万円とするなど裁判員制度に関する規則案をまとめ、最高裁に答申した。
 また、同委員会は、裁判員の選任手続きで公正な裁判が出来るかどうかを確認するため、重大事件で死刑の選択が出来るかなど、裁判長が候補者に行う質問案もまとめた。裁判員の選任手続きでは、呼び出しを受けて裁判所に来た約30人の候補者の中から、事件を審理する6人の裁判員が選ばれる
仕事等の都合で裁判員を受けたくない場合は「死刑制度に反対します」と言えばいいんですね。
なぜ今裁判員制度を導入するのか未だに不透明。

医療亡国

昨日の「ビートたけしのテレビタックル」は医療亡国。
医師不足は地方では深刻。


やっぱり医療はサービス業じゃないと思う。(一部サービス業的な部分もあるけど)
医療を市場競争にまかせたら東京ミッドタウンメディカルクリニックみたいなセレブサービスが売りのクリニックがある一方、過疎地域は医師不足みたいな医療格差が固定してしまう。

医師にノブレス・オブリージュ(高貴な義務)を求めても今の勤務医の過酷な労働条件じゃ「年収300万円でなんでノブレス・オブリージュだよ!」って気になるのは当たり前。
「ドクハラ」は困るけど「患者様」なんて呼んでもらわなくてもいいわ。
医師には聖職意識があってもいいと思う。それだけの名誉を与えてもいいと思う。やっぱりお医者様がいないと困るわ。

国保と利上げ問題は深刻。
国保の取り上げを決めたのは当時厚生大臣だった小泉さんだったのね。
本当に小泉さんは格差社会の生みの親だったのね。
当初は現在治療中の人、失業などで急に収入が減った人から取り上げない方針だったそうだけど、今は片っ端から取り上げている。
これは大問題。

搾取される若者たち




副題は「バイク便ライダーは見た!」
「家政婦は見た!」みたいだけど、中身はバイク便ライダーの内幕もので労働問題の本だと思って読むとガッカリするかも。

危険な職業であるバイク便ライダーが委託契約という事で労災の対象外という点はもっとクローズアップした方がいいと思う。

バイク便の場合、最初は「趣味と実益を兼ねたアルバイト」感覚で入ってくる時給ライダーが多いようなので、働き口がなくて労働条件が悪いのを承知で委託契約で働いている職場とは少し違うような気もする。

医療法人に特養設置許可…厚労省検討

医療法人に特養設置許可…厚労省検討

 厚生労働省は18日、病院や診療所を運営する医療法人に、現行制度では認められていない特別養護老人ホーム(特養)の設置を認める方向で検討を始めた。
 療養病床から特養に転換してもらい、同省が進める療養病床の削減を促すのが狙い。病床削減で退院を迫られる高齢者が、利用料の安い特養で生活できるという利点もある。
 同日開かれた同省の「介護施設等の在り方に関する委員会」で、今後の検討課題として示された。6月までに一定の結論が出れば、特養の設置主体を規制している老人福祉法の改正手続きに入る。同法によると、特養運営が認められているのは社会福祉法人などで、医療法人には認められていない。大規模病院の場合、社会福祉法人を設立して特養を運営する例も多いが、診療所や小規模病院の場合、資金面などで負担が大きいとされている。療養病床の削減計画では、現在の約35万床を、2011年度末までに約15万床に減らす方針で、廃止される病床の移行先として、国は老人保健施設などを想定している。
一見喜ばしいニュースみたいだけど、なぜ今ある療養型病床を廃止して新たに特別養護老人ホームを建設するなんて無駄な建設を推進するような政策をとるのか理解できない。

療養型病床を廃止して介護老人保健施設に移行するといっても、年をとるとどうしても病気になりやすく医療行為を行う事が禁止されている老健では行き詰る事ははじめからわかっていたのに。

« May 13, 2007 - May 19, 2007 | Main | May 27, 2007 - June 2, 2007 »

お気に入り











October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資