Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« クロネコのメール便3524通、兼職の主婦配達員が隠す | Main | 歌姫 最終回 »

相棒

「ガリレオ」「医龍2」に比べると地味だけど手堅い視聴率の「相棒」
19日に放送された「編集された殺人」は中々の問題作。
殺人事件自体は一番怪しそうな人は犯人でなく途中でちょっとだけ出てきた人の何気ない一言から右京が犯人を追い詰めるというお約束パターンなんですけど(この人が犯人なら遺体を動かして隠蔽工作考えるより先に救急車呼ぶでしょ!と突っ込みました)「栽培員制度」や「取調べの可視化」に問題提起する作品。
検察が自分に都合の良い部分だけ編集された証言映像を放送した為に起こった新たな悲劇という展開。
高知の事件でマスコミが被害者父親を犯人と示唆するような映像を作って問題になったように「映像」って真実を映し出しているようで編集しだいで全く違うものになってしまう。

栽培員制度の本当の目的は報道規制だという噂があるけど、栽培員制度や取調べの可視化はまだまだこれから煮詰めなくてはいけない事が多いと思いました。

« クロネコのメール便3524通、兼職の主婦配達員が隠す | Main | 歌姫 最終回 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33890/17434483

Listed below are links to weblogs that reference 相棒:

« クロネコのメール便3524通、兼職の主婦配達員が隠す | Main | 歌姫 最終回 »

お気に入り











September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資