Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« DEATH NOTE | Main | 森永卓郎の庶・民・株 »

世界に格差をバラ撒いたグローバリズムを正す


著者はクリントン政権時代、大統領経済諮問委員に参加したノーベル経済学賞受賞者。
クリントン政権に携わっていた人だけに民主党寄り、共和党政策には批判的。
それを割り引いても本書に書かれている事は大変参考になる。

グローバル化は恩恵をもたらすはずだったのに、今私達の目の前にあるのは一握りの人々がますます富んでいく格差社会。
不公平なルールによって生み出される勝者と敗者。
不公正な貿易システム。外貨準備システムの不合理性。などなど・・・
大変高度な経済システムの話ばかりなので難解な部分も多いのですが、いまやこの不合理をそのままにしておいては地球規模の危機がなんらかの形で訪れると思う。

1953年にゼネラルモーターズの社長が「わが国の為になる事はゼネラルモーターズのためであり、その逆もまた真である」と言ったそうだが、1953年にはその言葉は正しかったかもしれないがグローバル化の時代にはもはや通用しない。
70年代の石油危機でアメリカ人は燃費のよい日本車を買い始めた。デトロイトの自動車業界は燃費のよい車を作るかわりに弁護士やロビイストに頼って政府が燃費のよい車の製造を強制しないように画策した。
石油利権や軍事産業の為にアメリカがイラクに戦争をふっかけて軍事産業やカーライルは儲かったがアメリカ車は瀕死の状態に追い込まれてしまった。
アメリカ資本主義の偉大な砦だったフォードとGMの結束は地に落ちてしまった。
アメリカが今のままのやりたい放題の政策を続けていれば自動車業界に起きたことがそのほかの業界にも起きて多大なしっぺ返しをくらうような気がする。

« DEATH NOTE | Main | 森永卓郎の庶・民・株 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33890/14796389

Listed below are links to weblogs that reference 世界に格差をバラ撒いたグローバリズムを正す:

» アメリカ合衆国の逆輸入車を購入しました [アメリカ 車 専門店【逆輸入車】]
アメリカの逆輸入車やトヨタの「レクサス」やホンダの「アキュラ」日産の「インフィニティー」などについての感想や中古車情報などを紹介したいと思います。 [Read More]

« DEATH NOTE | Main | 森永卓郎の庶・民・株 »

お気に入り











April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資