Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« 有効求人倍率 正社員は0・65倍 相変わらず「狭き門」 | Main | トイレの水漏れ »

柳沢伯夫

今日のテレビ朝日スーパーモーニングで話題の柳沢伯夫厚生労働大臣の経歴を放送していて見入ってしまいました。
静岡県袋井市の小さな旅籠に生まれるが地震ではたごが倒壊。破産した事から家計は困窮を極める。
名門静岡高校へ進学するも生活の為に無理を重ねた母親が他界し定時制に移るが2年の時に掛川西高校へ転校。高校の勉強と家計の為の労働を両立して東京大学法学部へ入学。
池田内閣の所得倍増論に傾倒し大蔵省入省。
政界進出後は経済通として数々の役職を歴任。

すご~い!!
2世議員ばかりの政界で自分の能力でステップアップしてきた努力の人だったんですね。

でも
やっぱりこの人に厚生労働大臣や少子化担当大臣はやって欲しくない。
「女性は子供を生む機械」という言葉にエキセントリックに反応しているフェミニストもいるようだけど、多くの国民が怒っているのは失言じゃなくてその裏にあるものなんだよね。
2030年に30歳になる女性は今7・8歳。もう生まれている。これから増やす事はできない。
子宮の数はもう決まっているのだから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない。
数学としては間違っていないと思うけど、やっぱり何かおかしい。

少子化なのに中学受験をする子供の数はうなぎ登り。
「子供の数が減るなら一人頭の支出額を増やせば利益を確保できる」
玩具メーカーや教育産業は色々な誘惑的なCMを流したり、不安をあおったり・・・
でも一時的に収入が増えても「子供を育てるにはお金がかかる」と出産をためらう人が増えたら結局は自分で自分の首を絞めているようなもの。

女性は機械じゃないけどフェミニストが声高に叫ぶように「生む生まないを決めるのは女性」というのも何だかなな~って思う。
人間だって動物なんだから自分のDNAを残したいってのは本能だと思う。
男でも女でも「自分の子供が欲しい」って殆どの人が漠然とでも思っていると思う。
でも生活やら何やらの事を考えたら子供はおろか結婚にも簡単に踏み切れないってのが問題なんだよね。

功労人事優先で経済畑を歩いてきた人を厚生労働大臣に指名したボンボン総理の責任は重いと思う。

« 有効求人倍率 正社員は0・65倍 相変わらず「狭き門」 | Main | トイレの水漏れ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33890/13757875

Listed below are links to weblogs that reference 柳沢伯夫:

« 有効求人倍率 正社員は0・65倍 相変わらず「狭き門」 | Main | トイレの水漏れ »

お気に入り











June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資