Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« 図書館 システム変更 | Main | ヘルプマン »

「機械」と「機会」じゃ大違い

柳沢厚労相 女性を「出産する機械」とも例える発言

柳沢伯夫厚生労働相は27日、松江市で開かれた自民党県議の集会で講演した。講演は年金・福祉・医療問題に関するもので、出席者によると、柳沢厚労相は少子化対策に言及する中で「15から50歳の女性の数は決まっている。生む機械、装置の数は決まっているから、機械と言うのは何だけど、あとは一人頭で頑張ってもらうしかないと思う」などと述べたという。少子化対策にかかわる閣僚による、女性を「出産する機械」とも例える発言だけに、今後批判を強く受けそうだ。
今時こんなセンスの人が厚生労働大臣をやっているなんて信じられませんわ。
「機械」でなく「機会」なら、医学が進歩して高齢出産でも昔ほど心配しなくても良くなったと言っても、やはり子供を生み育てるなら体力・気力の充実した年代の方がいいという意味で、何かと理由をつけて出産を先延ばししている現代女性への警鐘になるんですけどね。
オニババ化する女たち 女性の身体性を取り戻すの中で言っているように「ボサボサしていると出産適齢期を逃しちゃいますよ」って言う意味なら「おせっかいなオヤジ」で賛否両論ですむけど、女性を子供を生む機械にたとえるとはとんでもないセンスだよね。

女性を機械や装置にたとえた部分が問題にされているけど、「一人頭で頑張ってもらうしかないと思う」って部分も大問題だと思う。
非難を受けてあわてて「本意ではない」って弁明しているみたいだけど、本音がすけて見えちゃうんだよね。

「一人頭で頑張ってもらうしかないと思う」って言うならまずは、まだ44歳の昭恵夫人に応援演説じゃなく子作りに励んでもらった方がいいんじゃない。
不妊治療をあきらめたって話だけど、それなら育児放棄などが増えて児童養護施設に入所する子供が増えているってからそういうところから養子を貰えば安倍首相の支持率が一気にアップするわよ。

« 図書館 システム変更 | Main | ヘルプマン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33890/13691075

Listed below are links to weblogs that reference 「機械」と「機会」じゃ大違い:

« 図書館 システム変更 | Main | ヘルプマン »

お気に入り











July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資