Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« December 17, 2006 - December 23, 2006 | Main | December 31, 2006 - January 6, 2007 »

破裂


医者の診断ミスで妻を傷つけられた元新聞記者の松野は、“医療過誤”をテーマにしたノンフィクション執筆を思いつく。大学病院の医局に勤務する若き麻酔科医・江崎の協力を得て、医師たちの過去の失敗“痛恨の症例”や被害患者の取材を開始した。その過程で、「父は手術の失敗で死んだのではないか」と疑念を抱く美貌の人妻・枝利子が、医学部のエリート助教授・香村を相手に裁判を起こす。が、病院内外の圧力により裁判は難航。その裏で医療を国で統制しようと目論む“厚生労働省のマキャベリ”佐久間が香村に接触を始める…。枝利子の裁判の行方は?権力に翻弄される江崎と松野の運命は?そして佐久間の企図する「プロジェクト天寿」とは?大学病院の実態を克明に描き、来る日本老人社会の究極の解決法まで提示する、医療ミステリーの傑作。

未熟な医者による「医療事故」
医療裁判の難しさ
大学病院の内幕
危機的な状況の高齢化問題

意欲的に現代の医療問題を詰め込みすぎてテンポが悪くなった気もするが、これだけの内容を読ませてしまう筆力はさすが。
やはり介護が身近な問題の身としては「プロジェクト天寿」が気になる。
「プロジェクト天寿」は大げさにしても政府が「高齢者減らし」に政策の舵を切り始めたのは間違いないだろう。
佐久間がマスコミを利用して「安楽死は是」と世論を動かそうとするのは、やや背筋の寒い思いがした。
自分の意見だと思っている事が実は政府が巧妙に仕掛けた罠だったとしたら・・・

高齢者医療の定額化検討 厚労省、年度内に方針
今までのように寿命を延ばす事にばかり重点を置いた医療では日本が立ち行かなくなる事は理解できるけど、受け皿もないのに予算を削る事で「プチ・プロジェクト天寿」を目指そうとしても医療難民・介護難民が増えて国が荒廃するだけのような気がする。

アメリカ横断ダイエット

激闘 アメリカ横断スーパーダイエット見ちゃいました。
参考になるダイエット法が紹介されるかと思ったけど、あまりに過激な内容で真似するのはちょっと無理。
おまけに紹介されたのはアメリカを横断して軍隊式や長距離ウオーキングなどの旅の様子で、その後はVTR無しで見違えるようにスリムになったメンバーが最後に出てきたけど、脂肪吸引や皮膚切除の手術をしてるっていうじゃないですか!!
何かだまされた気分。
途中でリタイアした悦子さんが最後に登場してスリムになった4人と感動の再会って演出だったけど、悦子さんは太ったまま。
途中までとはいえあれだけ過酷なダイエットに挑戦したのだから、日本に帰ってもダイエットに挑戦しつづければもう少しスリムになっているはずなのに。
結局あのダイエット旅行は何だったのでしょう?

過労死促進法

労政審 労働時間規制除外へ報告書 年収基準明記せず

労働政策審議会(厚生労働相の諮問機関)労働条件分科会は27日、一定の要件を満たす事務系社員を「1日8時間・週40時間」の労働時間規制から除外する制度(日本版ホワイトカラー・エグゼンプション)の導入を柱とした報告書をまとめた。除外制度のほか、一定時間を超えた残業の割増賃金率引き上げや、裁量労働制の適用要件の緩和も盛り込んだ。審議会から同日、答申を受けた厚労省は、労働基準法改正案など法案づくりに着手、次期通常国会に提出したい考え。
何がホワイトカラー・エグゼンプションでしょ。カタカナ英語にすればカッコ良くなるとでも思っているんでしょうか?
本物のホワイトカラーは管理職。元々残業代は無しでしょ。残業代踏み倒し法案。過労死促進法でしょ。

ブルーカラーは派遣・パート・業務委託などに振り返る事でコストカットに励んできた企業だが、それも限界。
社員が非正規雇用を管理しきれなくなってきて、今度は正社員を奴隷のように働かせようとしている。

こんな法案が通ったら日本はどうなるんでしょう?

国民年金加入、22―61歳に…厚労省が引き上げ検討

国民年金加入、22―61歳に…厚労省が引き上げ検討

厚生労働省は26日、自営業者や学生らの国民年金の加入年齢について、現行の20歳から段階的に引き上げる方向で検討に入った。現在20~59歳の加入期間を22~61歳に移行する方針だ。
何んじゃこりゃ。
今年迷いに迷って息子の国民年金を払った身としては何か損したような気分。
元々収入の無い学生や収入の少ない若者に一律の金額を払わせる現行制度に無理がある。
小手先をいじって未納率を下げても国民の年金に対する不信感はぬぐえないと思う。

安倍昭恵のスマイルトーク

安倍昭恵首相夫人、ブログ「安倍昭恵のスマイルトーク」を開設

安倍昭恵首相夫人が25日、ブログ「安倍昭恵のスマイルトーク」を開設した。プロフィル欄にも「現総理大臣『安倍晋三』の妻。」と記され、2人が知り合ったきっかけも掲載されている。ブログを開設したきっかけについて、昭恵夫人は「もうちょっと自分の言葉で、皆さんにいろんなことを語りかける場がほしいなと思って。あと、わたししか知らない主人の一面みたいなものを皆さんに知っていただけたらなと思ったんですが」と話した。
女性週刊誌では「アッキー」なんて持ち上げてるけど、この人のファンなんて本当にいるのかしら?
何かミーハーなおバカさんって印象しかないんですよね。
ボンボン首相の方も小泉さんみたいに囲み取材させると失言しちゃいそうだから、周囲はなるべく話させないようにしてるみたい。
この人もブログなんか開設したら失言をアップしちゃいそう。

「塾は禁止」 教育再生会議で野依座長が強調

「塾は禁止」 教育再生会議で野依座長が強調

政府の教育再生会議の野依良治座長(ノーベル化学賞受賞者)が8日に開かれた「規範意識・家族・地域教育再生分科会」(第2分科会)で、「塾の禁止」を繰り返し主張していることが、同会議のホームページに掲載された議事要旨でわかった。議事要旨によると、野依氏は「塾はできない子が行くためには必要だが、普通以上の子供は塾禁止にすべきだ。公教育を再生させる代わりに塾禁止とする」と再三にわたって強調。「昔できたことがなぜ今できないのか。我々は塾に行かずにやってきた。塾の商業政策に乗っているのではないか」と訴えた。
発言の主がノーベル賞受賞者ではやや説得力に欠けるものの(笑)「われわれは塾に行かずにやってきた。塾の商業政策に乗っているのではないか」はまさしくその通り。
昨今の私立中学ブームで加熱する塾の商業政策には疑問に感じる部分が多い。
肝心の勉強についても「やり方や裏技を教えて目先の点数を上げているだけ」と思ってしまう塾も多い。

「塾禁止」にするとお金のある人は家庭教師をつけてますます格差拡大する危険もあるけど、野依発言は真摯に受け止めるべき。

携帯購入

携帯電話を購入しました。
FOMAだとFOMAカードを取り替えると電話機が移せるので、私が新規契約して息子の携帯とFOMAカードを交換。
息子は新しい携帯が無料で手に入ってホクホク。私は携帯の使い方を息子におんぶにだっこしようと思ったのですが・・・
息子は新しい携帯が手に入ったら知らんぷり。
ああ、子供って大きくなるとどうしてこうなんでしょう。

« December 17, 2006 - December 23, 2006 | Main | December 31, 2006 - January 6, 2007 »

お気に入り











July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資