Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« October 15, 2006 - October 21, 2006 | Main | October 29, 2006 - November 4, 2006 »

必修逃れ問題

必修逃れ、文科省は扱いに苦慮…要望相次ぎ

全国各地の高校で必修科目が教えられていない問題で、履修漏れの3年生をどう扱うか、文部科学省が揺れている。
 27日にはPTAの団体が配慮を求める要望書を提出したほか、安倍首相も伊吹文部科学相に負担軽減策の策定を指示した。しかし、必修科目を定めた学習指導要領には法的拘束力があり、授業時間短縮には簡単に踏み切れない。“徳政令”を出すのかどうか――。文科省の対応に注目が集まる。
何の罪もない高校生の事を考えると徳政令を出して欲しいと思う。

でも

何で今更この件がこの時期に大騒ぎになるんだろう?って疑問をぬぐいきれないんですよね~。
もともと何で富山県立高岡南高校の履修漏れが発覚したのかしら?
誰かがチクッたの?

まさかまさか
人気を取りたい首相の自作自演なんて事はないでしょうね。
まさかね

でも危機一髪になると偽メール問題が起きたり、北朝鮮が核ミサイルを発射したり核実験をしたり、与党に都合の良い事が起きてうやむやになる・・・って事があまりに多いから疑心暗鬼になっちゃうんですよね。

むかつくほど早い手続き

10月で二十歳になる息子へ年金のお知らせが届く。
9月中旬にしっかりと届く。
たんて手際がいいんだ。

少しでも節約したいので半年前納にしたいと言うと、「手続きに時間がかかるから間に合うでしょうか?」と煮え切らない返事。「とりあえず前納希望という事で早く手続きをするように言って見ます」との事。

手続きしたのが木曜日。振込用紙が届いたのが土曜日。

あまりの手際の良さにむかついてしまった。
税金の還付申告だ、事務手続きが住民の利益になる事は役所仕事でチンタラしてるくせに、納付するとなると驚くほど手続きが早い。
その気になればできるんじゃないか!!

鈴花ちゃんは嬉しそうだけど・・・・

鈴花ちゃん入園拒否、市の処分取り消す

 息を吸う時に気管がふさがる障害があり、定期的に吸引器で痰(たん)を吸い出すことが必要な東京都東大和市の青木鈴花ちゃん(6)と両親が、保育園への受け入れを拒否した東大和市に入園を認めるよう求めた訴訟の判決が25日、東京地裁であった。杉原則彦裁判長は鈴花ちゃんの身体や精神の状態について、「障害のない児童と同じと見ることができ、保育は可能」と判断。市の処分は裁量権を逸脱し違法として取り消し、入園の承諾を義務づけた。
 鈴花ちゃんは現在、入園の承諾を仮に市に義務づけた1月の東京地裁決定を受け、市内の保育園に通っている。しかし、市が「痰の吸引は医療行為にあたり、対応できない」との方針を改めず、訴訟が継続していた
ワイドショーの画像を見ると鈴花ちゃんはとってもしっかりしていて語彙も豊富。痰の吸引以外は日常生活に問題はなさそう。

でも、痰の吸引は医療行為と位置づけられていて医師・看護師・本人・家族以外の者が行う事は違法行為なんですよね。
痰の吸引をする・しないは介護現場で問題になってるくらいなんです。
養護学校の教員に痰の吸引が認められるようになったのが2004年って公明党が宣伝してる。
それだって看護師の常駐が義務づけられてる。
鈴花ちゃんはひとりで痰の吸引ができるようだけど、万が一の時周囲に痰の吸引ができる人間がひとりのいない状況で大丈夫なのかしら?鈴花ちゃん一人のために保育園や小学校に看護師が常駐するの?その費用は税金でしょ?

東大和市って教育熱心が人が多い地域じゃないのかしら?
周囲の教育熱心なお母様が「だから公立は・・・」ってならないかしら?

高校必修 未履修11県66校
一番最初に未履修が発覚した富山県立高岡南高校も今回名前の上がった盛岡一高や盛岡三高もかなりの進学校。
ゆとり教育の中で私立と同等の大学受験体制を敷こうとすればこういうごまかしをしなければいけないってやっぱり何かおかしい。

崇高な理想はいいけれど、実現が難しければ結局絵に描いた餅になってしまう。

小6女児誘拐で31歳男逮捕 長野、ネットで知り合う

小6女児誘拐で31歳男逮捕 長野、ネットで知り合う

長野県小諸市の小学6年の女児(12)が21日から行方不明になり25日未明、神奈川県警小田原署で保護された事件で、長野県警小諸署は同日午後、未成年者誘拐の疑いで、女児を連れて小田原署に来た東京都町田市真光寺、自称無職、青木宏憲容疑者(31)を逮捕した。
調べによると青木容疑者は21日午前10時ごろ、JR小諸駅で女児を「ドライブに行こう」と誘って自分の車に乗せ、連れ回した疑い。
青木容疑者と女児はインターネットのメール友達募集のサイトで知り合った。メールで連絡を取り、小諸駅前で待ち合わせていた。青木容疑者と女児は初対面だったという。
31歳の男が小学6年生を連れまわしたというニュースを聞いても驚かなくなった今日この頃。
でも二人が知り合ったのが出会い系サイトというのはびっくりです。
小学生が出会い系を利用していると聞いたことはありましたが本当なんですね。

読売新聞の夕刊によると山中博美ちゃん(身長159センチ)は署員に対し「家出してきた」と説明。服装は外出時とは違い、上下ともジャージ姿で男性に買ってもらったという。
だって。

博美ちゃんが男性にいくつだって言ったのか知らないけど高校生ぐらいには見えただろうから、31歳の男が未成年にエッチな事をしようとした罪はある。
でも、この男のほうが被害者なんじゃない?

この私が合格させる!


2004年に中学受験を経験した二人の母親の体験記。
試験を受けるのは子供のはずなのに、素人の母親が「この私が合格させる!」という言葉をタイトルに持ってくる所が中学受験の現状を物語っているような気がする。

中学受験が大変だとは聞いていましたが想像を絶する大変さ。
小学生にこんな生活をさせないとまともな教育を受けられない社会ってやっぱりおかしいと思う。
小学6年生が夜11頃就寝すると言った母親に「はやっっ!!、だからあんなに元気なのか。いつも笑っていられれるんだなあ。マスターの子達は12時過ぎまでがんばっている子が多いですよ」と当たり前のように言う塾講師。
一昔前は小学生が夜11時に寝るのは夜更かしと言われたんですよ。小学生がたっぷり寝て元気で健康で何が悪いの?

頑張った子供とご両親には悪いけど肝心の勉強も本当に身についているのか疑問に感じちゃう内容なんですよね。
たっぷり時間を使って勉強しているけど、お母さんは勉強を教えないでの中で言われているように「やり方だけ覚えて意味を考えない子」を作っているだけのような気もするんです。
問題を見て素早くどの公式を当てはめるかを判断する能力も大事だけど、自分の頭で考える力を育てないと中学高校の勉強についていけないような気がするのは公立しかいかせられなかった人間のひがみかしら?

少しでも子供の睡眠時間を確保したいから小学校へは親が送り迎え。
中学受験に洗脳された子供たちが将来の日本のエリートだとしたら日本の未来は暗い気がしました。

中原の虹


張作霖・袁世凱と歴史の教科書で名前は知っているけど、よく知らない人物が生き生きと描かれている。
英雄たちが満州の広大な土地を駆け巡る姿が見えるような作品。

« October 15, 2006 - October 21, 2006 | Main | October 29, 2006 - November 4, 2006 »

お気に入り











October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資