Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« January 15, 2006 - January 21, 2006 | Main | January 29, 2006 - February 4, 2006 »

センター試験で教科書ミス発覚

センター試験 教科書どおりに答えると不正解

教科書通りに答えると、不正解になる――今年の大学入試センター試験で、英語リスニングテストに続きミスが明らかになった。文部科学省の27日の発表によれば、実教出版(東京都千代田区)の政治・経済の高校教科書に掲載されていたグラフに誤りがあった。類似したグラフが今年の大学入試センター試験で出題され、受験生が同社に問い合わせて判明した。この教科書で学んだ受験生が不利益を被った可能性があるが、センターは「問題と答え自体に誤りはない」などと救済措置は取らない方針だ。
 同省教科書課などによると、グラフは、日米英独仏のGDP(国内総生産)に占める公共投資の割合の推移を示した。実教出版が教科書に使う際、英米両国の国名を誤って逆に記載。検定でも訂正されなかった。
 センター試験では、5カ国のうち日米英3カ国の割合の推移を示したグラフを示し、正しい国名の組み合わせを答えさせる問題が出題された。配点は100点満点中3点。この教科書で学んだ生徒は、教科書通りに解答すると間違いとなる。

去年も教科書に掲載された文章がそのままセンター試験で使われて教科書との重複は前代未聞と言われたけど、今年のミスはそれ以上じゃないでしょうか?
今年はリスニングでのミスが指摘されたし、旧課程と新課程の科目選択が紛らわしいという苦情や、中には間違えて受験してしまし志望する大学が受験できなくなる人もいるとか。
人生を左右してしまう大事な試験だけに万全を期して欲しいです。

大学入試:センター試験 理科「科目選択紛らわしい」−−旧課程受験生から苦情

理科選択で間違い続々、旧課程の浪人生うっかり

オレの手取りよりオヤジの年金が多い!?

オレの手取りよりオヤジの年金が多い!?

23万3000円。実はこの金額、厚生労働省が試算したモデル世帯(夫が会社員で妻が専業主婦)の年金受給額だ。モデル世帯の試算とはいえ、「えっ、オレの手取りと変わらないじゃん」と驚かれる読者も多いのではないだろうか。
社会保険庁の発表によると、実際に年金を受け取っている人の平均受給額は、厚生年金に40年加入した平均的賃金のサラリーマン男性で約19万6000円。もっともこれはあくまで平均。加入期間の長さや定年前の給与所得の額によっては、自分の手取りよりも定年したオヤジの年金の方が多いなんてことも現実に十分あり得るのだ。内閣府発行の2005年版『国民生活白書』には、世帯主が60歳以上の高齢世帯が総資産の4割以上を所有し、40歳未満の若い世帯が所有する資産は全体の1割にも満たないという現状が報告されている。ここに少子化という要素が加わると、図式としては“少数の貧乏人が多数のお金持ちを扶養する”ということになってしまう。もちろんこれはかなり極端な言い方だが、今後、少子化が進めば、この状況にさらに拍車がかかるのは間違いなさそう。若い世代が将来の公的年金制度そのものに不安を持ってしまうのも無理のない話なのだ。

厚生・共済年金の一元化、公務員退職者の受給額削減へ

政府は、厚生・共済両年金の一元化にあたって、年金受給がすでに始まっている公務員退職者の年金額の削減に踏み切る方針を固めた。
 一元化で年金財政が悪化するおそれがあるため、退職者にも一定の負担を求める必要があると判断した。2月上旬にまとめる一元化の骨子案に盛り込む。削減幅や実施時期は今後検討する。
 削減は、共済年金独自に月約2万円(モデル世帯)上乗せ加算している「職域加算」(「3階部分」)と呼ばれる部分を対象にしたい考えだ。「1階部分」の基礎年金と、収入に応じて払われる「2階部分」については、現在の水準の維持を目指している。

退職者からは、「削減は財産権の侵害だ」などと反発が予想されているようですが、若者から見ると「少数の貧乏人が多数のお金持ちを扶養する」年金制度じゃ「払いたくない」って思っちゃいますよね。

R25というフリーペーパーの発行部数が60万部を超えたそうです。
情報誌の発行部数が落ち込む中で、売り上げ収入の落ち込み分を無料配布する事で広告収入を増やしたい出版社の意図からフリーペーパーの発行部数が伸びているそうです。

若者にとっては「情報」は無料が当たり前。
忙しい中わざわざ情報誌を買うって発想がなくなっているそうです。
フリーペーパーが伸びている背景には若者の情報離れも・・・
今の若者はめでたく正社員になれても目一杯こき使われる。
家に帰ったらテレビをつけながらネットで情報収集。
R25ではどの記事も800字以内にまとめて読みやすくしているそうです。

献血をしてラーメンを貰おう?

時間待ちの繁盛店 『旭川ラーメン八海』×12箱(24食入り)
娘が成分献血をしたらご褒美にらーめんを貰ってきました。
楽天で調べたら結構いいお値段してるじゃないですか。(貰ったのは2食入り1箱)
来週はキティちゃんグッズって言ってたような・・・
こんなに配って大丈夫なのかしら?
CMで氷川きよしが「冬は血液が足りなくなる」って言ってたから冬期特別サービスかしら?

電車トラブル

我が家の沿線のJRが架線トラブルで朝から運休!!
ひぇ〜!!
電車が動かないとお手上げなのよ。
娘は実習中じゃないので、交通機関トラブルなら遅刻にならないから暢気にしてたけど、息子は10時からテストなんですって。
公共交通機関のトラブルでも再テストだと75%(100点とっても75点になる)だそうで、イライラしてました。
なんて鬼のような学校なんだ!!
8時過ぎに復旧したけど、田舎から学校までだと10時過ぎちゃうかしら?

娘の国家試験の時にこんな事になると困るわ。
雪が降りそうなら都内のホテルに泊まる。って言ってたけど、JRトラブルって事もあるのね。

ICプレーヤー実は“受験生買い取り”

ICプレーヤー実は“受験生買い取り”

大学入試センター試験で初めて実施され、トラブルが続出した英語・リスニングで使用されたICプレーヤーの費用は、受験生が負担する形になっていたことが分かった。プレーヤーは自由に持ち帰れるが、検定料も前年度より2000円アップ。受験生の経済的負担が増すと同時に不公平感も拡大した現行方式に、批判は一層高まりそうだ。
今回の検定料は3教科以上が1万8000円、2教科以内は1万2000円。前年度に比べ、それぞれ2000円値上げされた。入試センターは「リスニング導入や試験科目の増加、志願者減が要因」と説明し、プレーヤーの単価は明らかにしていない。
 ある大手予備校は対策用に、ほぼ同じ構造のプレーヤーを3000円で販売したが、「サービスの側面があり、人件費と合わせるとほとんど利益はない」と担当者。仙台市内の大手家電販売店も「センター試験のプレーヤーの原価は3000円程度ではないか」とみる
大学受験って、1万円が千円。10万円が1万円に感じるぐらい福沢さんに羽が生えたように飛んでいく時期だから2000円なんて「はした金じゃん」って気分になるけど、やっぱりあんなセコイプレーヤーを2000円で買わされるなんてバカバカしいですよね。
それでも推定1000円センター持ち出しなんて・・・
もっと他の方法もあると思うんですけどね。

ホリエモン逮捕

ホリエモンが逮捕されました。
強制捜査から早かったですね。
ついこの間まで「ホリエモン」「ホリエモン」と持ち上げていたマスコミも手のひら返しです。

雪かき

クリスタルメリットスコップ

首都圏でこれだけ雪がふったのは久しぶりじゃないかしら?
大きな道は車が走っているので雪はほとんど無くなったのだけど、歩道が雪だらけなもので歩行者が車道を歩いていたりして怖くてしょうがない。
という訳で今日は座敷豚状態。

お昼頃には家の前をセッセと雪かき。
関東の人間は雪かきスコップどころか鉄のスコップも持ってない人も多いからチリトリで雪かきしてて大変なのよ。
我が家の雪かきスコップを貸してあげたら喜ばれましたわ。

こう雪が降るとママさんダンプ英SAS採用 軽量2WAY雪かきスコップなんていう雪国仕様の商品まで欲しくなってしまいますわ。

この雪の中センター試験を受験された受験生の皆さんはご苦労様です。
気の抜けない日々が続きますが、お体に留意して頑張ってください。

「性善説に立っている」 センター部長、謝罪なし
やっぱり・・・というか英語のリスニングでトラブルが多発したようです。

森永さんがICプレーヤーをマニアが買うんじゃないかと言ってたけど、やっぱり売る奴がいるようです。

http://search3.auctions.yahoo.co.jp/jp/search/auc?p=%A5%BB%A5%F3%A5%BF%A1%BC%BB%EE%B8%B3&auccat=23848&alocale=0jp&acc=jp

笑顔で生きんしゃい!

がばいばあちゃんの笑顔で生きんしゃい!

佐賀のがばいばあちゃんの第2弾。
内容的には前作とかぶる部分が多いのだが、今回登場したのは、3歳の時に事故で知的障害者になってしまった叔父さん・アラタちゃんとのエピソード。
アラタちゃんは洋七さんより7歳ぐらい年上だったから洋七さんが引き取られた時に14歳ぐらい。
当時は皆貧しくて子供同士は遠慮がないから、アラタちゃんはいじめの標的になっていたらしい。
しかし、アラタちゃんの事をわかってかばってくれる大人も沢山いた。
はじめはわからなかった洋七さんもだんだん物事がわかるようになり、アラタちゃんについて考えるようになる。

40代でご主人に先立たれ女手一つで七人の子供を育て上げ、6人の子供の手が離れて後は知的障害の末っ子一人と思った所に小学生の孫を引き取るなんて本当に「がばいばあちゃん」
前作でば「家は代々の貧乏」と言っていたが元々は裕福だったらしいと書いてあったが、今回の本でばあちゃんは裕福から貧乏へと苦労をしたからああいう人柄になったのではないかと書いてあった。
そういうばあちゃんだから漫才ブームが去って人気が下火になった洋七さんに「芸を磨け。芸があれば人気はついてくる」と後押ししたんだろうね。


がばいばあちゃんを漫才のネタにするのはいいけれど、第3弾のがばいばあちゃんの幸せのトランクを出すのはやりすぎじゃないかな?
駆け落ち・貧乏漫才修行・栄光と挫折と洋七さんと奥さんのエピソードが中心みたい。
インディ・ジョーンズも3で終わってる。3作ぐらいで終わらせるのが花だと思うよ。

« January 15, 2006 - January 21, 2006 | Main | January 29, 2006 - February 4, 2006 »

お気に入り











October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資