Twiteer


google



お気に入りのサイト

blog互助会

東北大震災

« July 30, 2006 - August 5, 2006 | Main | August 13, 2006 - August 19, 2006 »

黒い太陽


元ナンバー1キャバクラ嬢井上和歌がキャバ嬢を演じるのが話題のドラマが面白いので借りてみました。
原作では千鶴は最初からナンバー1なんですね。
立花は原作ではずっと若いんです。
業界の裏話が興味深いです。
キャバ嬢のことをキャストって言うんですね。
ディズニーランドみたい。キャバクラはキャストと客が擬似恋愛を楽しむ所。キャストは女優という事らしいです。
風俗用語なども興味深かったです。

裏金でなくプール資金?

今日のスーパーモーニングで岐阜県の裏金問題についてやっていました。
開いた口がふさがらないとはまさにこのことで・・
岐阜県庁の人間はどういう神経をしているのでしょう?
岐阜県では裏金と言わず「プール資金」って言っているそうです。
裏金とか不適正支出なんて甘いですよね。
「公金横領」とか「公金詐欺」って言うべきです。

これは絶対岐阜県だけの問題じゃないと思います。
全国的に行なわれているんだと思います。
「燃やした500万円で何人の人に生活保護を出せると思っているんだ。」って言っていたコメンテーターがいましたけど、作った裏金で他にもっと有意義な使い方ができるはずです。

パイレーツ オブ カリビアン デッドマンチェスト

地元ミニコミ紙の英語クロスワードパズルの懸賞でシネコンの招待券が当たったので、娘と一緒に「パイレーツ オブ カリビアン デッドマンチェスト」を見に行きました。
ストーリーは前作の方が良かったけど、おもちゃ箱をひっくり返したようなサービス満点の仕上がり。2時間半楽しめました。
水車が転がっていく上で決闘するシーンを実写で見事に映像化。
その他にも「ギャグ漫画みたい」と突っ込みを入れたくなるような遊園地みたいな映画です。
早くも3の前売り券を売り出しているようにさまざまな謎が残されたエンディングとなってます。

この映画の売りはストーリーがどうのこうのというより二人のイケメンぶり。
オーラーンド・ブルームは最初のシーンでは前作や「ロード・オブ・リング」の方がカッコよかったわ。と、思ったけど、次第に野性味の増したオーランド様も素敵!!と思えてきました。
ジョニー ディップは相変わらず胡散臭そうな役を胡散臭そうに演じてます。
海の怪物に飲み込まれてしまったジャックスパロウ。
3では怪物の胃の中からどうやって脱出するんでしょう?

岐阜裏金問題

<岐阜県裏金>存在推測も関与は否定 梶原前知事
裏金で貸付制度、梶原前知事も利用…未返済700万円
岐阜の裏金問題。「おカネを燃やした」なんて報告を平気で出来るだけあって、信じられない話が続々出てくる、出てくる。
裏金つくりは岐阜県に限らず全国的に行なわれていたようですね。
民間企業だと税務署の監査が入るのでここまでひどい事は不可能なようです。
徹底的に調査して膿を出し切って欲しいものです。

「教えない」英語教育

「教えない」英語教育
話題になった英語を子どもに教えるなの続編的内容。
劇団ひとりが番組でアラスカにいた時代、英語も日本語もペラペラだったけど読み書きは英語も日本語も苦手だった。
帰国して英語を使わなくなったら話せなくなった。(ヒアリング能力はそれほど落ちていなかったが、日本語で考えて英語に変換するのが上手くできなくなった。)
などなど
市川力さんの言っている事と符合する事が多かったのでびっくりした。

子供英語・大人英語という分類をしているが、劇団ひとりが小学生時代英語で考えて友達と話していた言葉と受験用英語やビジネスとして外国人と英語で話すのに必要な英語の微妙な違いは英語教育を考えるうえで大切な事なんだと思う。

早期英語教育がブームに警鐘を鳴らす市川さんだが、英語の童謡を無邪気に歌って楽しめる時代に英語に触れさせる事のメリットは認めている。
問題はその後、大人英語にどう上手く移行するかなのだろう。

金亀印のしつけ糸

ソーイングと和裁に金亀印絹手しつけ糸(ぞべ)4号80mカード

亀田親父、番組のガチンコ舌戦で「オモテでるか?」
変なコレクションや軟弱な態度で弱気キャラだと思っていた漫画家のやくみつるがやってくれました!!
亀田チンピラ親父に「金亀印のしつけ糸。これであんたの息子をしばっときや」
と東京山の手生まれなのに慣れない大阪弁で亀田父を挑発。
亀田父はチンピラのようなしゃべり方と態度で大激戦。
「OK牧場」など迷言で有名なガッツ石松もさすがチャンプの貫禄でボクシングについては堂々たる対応。
見直しちゃいました。
http://www.youtube.com/watch?v=ly2-qjCWLZ0

http://www.youtube.com/watch?v=6C_Z4I2YnqI&NR

日曜日に亀田興毅がTBSの番組に出演してヨイショしまくり。
でもこころなしか興毅は元気なさそう。バッシングがこたえたんでしょうか?
考えてみれば彼はまだ19歳。
チヤホヤされれば天狗になっても当たり前。
アンチ亀田の人も彼の才能と将来性は認めており、興毅を含めた3兄弟はカメラが回っていない所では敬語で話していて性格のいい兄弟だと誉めている。
やくみつるが「興毅は親父さんしか見ていない。その親父さんがミスリードしちゃいけない」と苦言を呈していたが、この番組を見て問題が多いのは興毅よりチンピラ親父だと改めて確認。

才能のある若い人材を丁寧に育てるのでなく、手っ取り早く促成栽培でおカネを儲けようという昨今の風潮を反省しなければいけないと思った。

長野県知事選は田中3選ならず、長野県の実情はよくわからないのですが、新知事が旧来の利権政治に戻らないことを希望します。

いつかパラソルの下で

いつかパラソルの下で
直木賞で話題の森絵都さんの大人向け長編小説。
大胆な性描写もあって「わ~、森絵都さんもこういう小説書くようになったんだな」と思ったけど、最後はやっぱり森絵都ワールドでした。

« July 30, 2006 - August 5, 2006 | Main | August 13, 2006 - August 19, 2006 »

お気に入り











April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

スローな株投資